落花生の脱穀

よく乾燥してきた落花生を脱穀している。
その作業を見ていたひとが、手ではずすのは大変・・・・
戦後、農業としてはボッチに積んでお米の脱穀機の大きくしたような
機械で一気に脱穀するとの話をしていた。

我が家の手作業はかなり効率の悪いやり方と言うことになる。
先日木更津方面で落花生のボッチにワラで雨よけをつけている作業をしている方が
いたので、車を止めて話を聞いた。ワラのほうが蒸れないので仕上がりが良いとのこと。

畑一面には取り残した殻が落ちているのでこれは拾わないのですかと聞くと
中がかびているのが混じっているので拾わないと言っていた。
かなり落ちているので小動物はボッチを狙う前に落ちた殻を食べるだろう、
カラスにしても食べ放題の状況だ。

我が家の落花生つくりは手間をかけすぎている。
オーガニックの落花生をボッチで作れる規模は現実的でない。
そして機械化は無駄もたくさん出る。そのあたりをどうしたものか?
[PR]
by dug-wara | 2012-11-13 18:01 | Comments(0)
<< はてしない・・・ 音楽のちから >>