にんにくとたまねぎの畝つくり

ミニトマトの畝をかたづけて、トラクターで耕して

翌日に畝つくり

ちょっと急いで耕して畝つくり

にんにくとたまねぎは畝の作り方はほぼ一緒。

半日で2畝を仕上げてしばらくは他の作業が待っているので

畑仕事はひと段落

来週にかけての雨しだいで少しは作業できるか?

いよいよ、来週からはみどりもちの収穫、脱穀、乾燥の作業を始める。

ハーベスタとバインダーによる30年位前の農機を使った作業で、

現在の稲作の機械と効率では比較にならない。

しかし手作業よりは効率的に作業できる。

問題は機械が古くなって故障しやすいのと修理できるエンジニアが高齢化していること

いつまでも今のやり方で作業できるわけでもないので、よくある話が

機械の寿命で仕事も引退する人がいる。

個人で設備産業としての農業を維持するのは現実的でない。

具体的な解決策のないまま日本の農業の集約化は進んでいる。



[PR]
by dug-wara | 2017-10-11 11:27 | Comments(0)
<< ジャンボにんにく、にんにく 白菜 >>