不耕作地が増えている。

田んぼを休む休耕田が増えているらしい。

近所にたくさん稲作をしている人がいなくなるとその周辺は一気に不耕作地になってしまう。

昨日もそんな話がいくつか出ていたが、すでに機械の更新も終わっている農家が

新しい田んぼをやる余裕はない。

古い大型の機械を持っている方は年齢的に限界がある。

日本の農業はそろそろ限界を感じ始めている。

農地転用のための仕組みだけが徐々に動き始めている。

将来は田んぼは大手企業の所有物になってしまうのかなぁ?

とちょっと不安なこの頃、現在の農業のあり方が変わってしまうと

田んぼも借りられなくなってしまう可能性もある。

自前で確保しても周りの環境はどうなることやら

[PR]
by dug-wara | 2017-12-10 19:29 | Comments(0)
<< 黒豆の脱穀 黒豆を天日干し >>