黒豆の脱穀

今日は天気もよいので、テントを張って周りをネットで囲って

風が強いのでテントを固定して黒豆の脱穀だ。

3年前に近所の農協の脱穀機と選別機が使えなくなって

たくさん作るのをあきらめた大豆栽培も少量なら手作業で脱穀できる。

今日はまた乾燥していない分を除いて60%くらいを2時間で脱穀

その後1時間ほどでごみ取りと篩をかけて米袋に10キロくらいを2つに分けて

作業終了、しばらく放置してある程度乾燥したら選別をする。

明日から日中も寒くなるとの予報で風も強いけどやってよかった。

風が強いので埃も風で飛んでいくので作業がしやすかった。

いつものマスクとサングラス(豆の防御用)と手ぬぐいをかぶって

ズボンを長靴の外にかぶせての作業、途中配達に来た郵便局の人はその格好に

びっくりしていた。

[PR]
by dug-wara | 2017-12-11 22:31 | Comments(0)
<< 黒豆の畑の片付け 不耕作地が増えている。 >>