餅つき

年末のお土産用の餅つき

先日玄米の餅を搗いたので、今回は古代米を精白した餅で

鏡餅と伸し餅を作った。

脱穀の機会でまざってしまった小麦を一粒ずつ手作業で選別するのを

子供と作業した。子供の手は小さいので麦の粒をつかみやすいようだ。

年末を迎えての作業は続く・・・・。

蒸篭で一時間ほど蒸して保存用にいつものジップロックに分けて

手で丸々とこねて鏡餅をつくって、おいしいおしることしょうゆ餅でお昼ご飯



[PR]
by dug-wara | 2017-12-24 09:42 | Comments(0)
<< 黒豆の選別 ひたすら選別 >>