洗濯機のベルト交換の修理方法

我が家の洗濯機の一号機のベルトの磨耗で脱水ができない。

ベルトを交換すれば復活する。この洗濯機は今までに3本のベルトを交換している。

大体3年に一度くらいと思われる。

子供ができて使用頻度が増えて、四人家族には少し小さいので、

もう一台、大き目のを使っているが、2度洗濯するには時間も倍以上かかるので

2台で分けて洗うほうが、効率もよいのだ。(田舎はおき場所に困らない)

洗濯機自体は壊れることはまずないので、ベルトの交換方法を覚えると永く使える。

電源を切って、水道の元栓を締めてホースをはずして、底の部分が見えるように横にして

ベルトの場所を確認、モーター側を回してベルトが緩んでいることを確認したら

ベルトの交換の要領は、無理やりベルトをプーリーからずらしてモーター側を回転させてはずす。

ベルトの型式を調べて同じものをネットで注文する。(強化タイプのほうが長持ちします)

新しいベルトをモーター側に廻して、プーリーの正しい位置にはめてモーター側を無理やり廻して

プーリーにしっかり収まるまで廻してかける。

ベルトの材質はゴムなので多少伸びるので無理やりの程度はその程度だと理解してください。

あくまで以上の作業は自己責任でお願いします。

長袖のシャツと滑り止めつきの軍手を使用してください。

洗濯機の裏側は金属の部分がきりっぱなしで手が触れたりすると怪我します!!



[PR]
by dug-wara | 2018-02-05 12:18 | Comments(0)
<< セグロ ブロッコリーもそろそろ終了か? >>