<   2007年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

さといも

去年大好評だった里芋です。たくさん種を植えました。今年はやつがしらにも挑戦中です。去年はさぼった土寄せも今年はすでに2回行いました。結果はどうなりますか?
d0092245_14415037.jpg
d0092245_144239.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-30 14:42 | Comments(0)

たんぼ

田んぼを初めて4年目、毎年課題を抱えながら何とかお米を収穫しています。あいがもさんを外敵から守るためにテグスを張って、横にはキュウリネットを張り巡らしています。お米の種類は、古代米の餅米、「ミドリモチ」、黒米の餅米、「朝紫」、主食のうるち米は台風に強い、「イセヒカリ」の3種を作っています。合鴨君たちが除草と虫を食べてくれるので稲は元気に育っています。
d0092245_1438196.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-30 14:38 | Comments(0)

れんこん

畑の山側が湿地で、いつも水がたまっているので今年レンコンを植えてみました。一時期は虫にやられてどうかと思ったのですが無事克服して今は元気に成長しています。秋口から収穫して良いらしいのですが、収穫方法をしらないので、修行に出かける予定。
d0092245_1426175.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-30 14:26 | Comments(0)

あいがも

田んぼで除草を担当してもらっているあいがもさんたちです。だいぶ大きくなって大きな声で食事を要求します。しかし、お仕事が済んでいないあいがもさんたちは、すこししかえさがもらえません。もう少しで除草も終了なので、がんばってください。稲穂が出る8月半ばにはお仕事終了で、畑で自由にえさを探してもらうまで我慢してね。
d0092245_141929100.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-30 14:19 | Comments(0)

小麦

千葉県で主に栽培されている青葉小麦だ。醤油の材料として、自家製の天然酵母パンの材料として、自家製クッキーにも使っている。収穫してから乾燥させて籾摺りをして洗って、乾燥させて、粉に挽いて小麦粉にして、来年まで保存して醤油に使ったりと我が家の大切な穀物の一つです。
d0092245_15552668.jpg
d0092245_15553884.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-22 15:55 | Comments(0)

落花生

大多喜に引っ越して最初の年に落花生の種をいただきました。最初の年はおいしくできて去年は畑も大きくして作ったのですが味がいまいちでした。今年こそと畑の畝作りから慎重にやったのですが、いのししがなんと落花生の芽が出る前の双葉を食べてしまって、半分以上まき直しました。周りを網で囲って今は順調に育っています。去年、秋に落花生の実が地中に出来た頃多少いのししが遊びに来ましたが、地中のどこにあるのか?よくわからないようで少しの被害で済みました。
d0092245_15323323.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-22 03:04 | Comments(0)

さつまいも

友人の農園に手伝いに行ったとき、大きなサツマイモを薪ストーブで焼き芋にして食べさせていただきました。表面がカリッと飴色で中はジューシーなねっとりしたおいしさです。そしてサツマイモの作り方をおしえていただいて3年目です。畑を拡張して苗で250本以上を作付けして、今年は3月で食べきってしまったので、何とか今年は5月ころまで食べられたらいいなぁと思っています。
d0092245_15414223.jpg
d0092245_15494494.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-22 02:57 | Comments(0)

柿酢

自然農園「ダグとワラ」では、移住したときにお隣の友人から柿酢の作り方を教えて頂き、自家製の柿酢で1年間お酢の需要を満たしています。酢酸菌の力で柿を自然とお酢にするすばらしい醸造の世界です。本来はこの季節に梅干しの製造でも瓶を使うので絞るのですが、今年は梅干しがあまりないのでまだゆっくり醸造中です。柿酢の醸造中にできる、酢酸菌の膜がナタデココの親戚であると最近知りました。ナタデカキといったところでしょうか?
d0092245_15344244.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-22 02:45 | Comments(0)

うめぼし

今年は不作といわれる梅も自家用分くらいをなんとか確保して、つゆが明けるのを待っています。去年は豊作で、自然農園「ダグとワラ」でも作れる容器の限り大量に作りました。塩分10%のすっぱさの方が強い塩分少なめの梅と梅酢がいっぱい出来ました。地元の方に以前自家用の物は2年分以上保存した方がいいよと教えて頂いたおかげで今年も安心しています。おかげさまで熟成も進んでさらにひと味おいしくなりました。
d0092245_15354941.jpg
d0092245_15361129.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-22 02:42 | Comments(0)

おもち

自然農園「ダグとワラ」のお餅は、田んぼで作った古代米のみどりもちという種類の餅米と朝紫という黒米の餅米で作っている。うすときねを使って自家製造したお餅はほんとにおいしい。前日に餅米を水に浸して、竈を用意して薪で蒸し器の餅米を蒸かして、たっぷりのお湯で臼と杵を洗って、合いの手で使う冷水をボールに用意してぺったん、ぺったんと搗いていきます。できあがったら冷水に餅をあげて伸し餅はジップロックの袋に入れて棒でのして平らに仕上げます。その場で食べる分はしょうゆ、黒ごま、きなこ、あずき、大根おろし(すべて自家製!)をまぶして、いや、まぶしながらすぐに食べてしまいます。
d0092245_15371162.jpg
d0092245_15375217.jpg
d0092245_15381853.jpg

[PR]
by dug-wara | 2007-07-22 02:30 | Comments(0)