<   2009年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧

野良仕事

快晴だった。気持ちよく畑仕事をした。タマネギの草取り終了!畑に残っている黒マルチを子供達がスコップで掘ってはがしてくれた。予想以上にがんばってくれた。我が家の畑はかなり水分の多い場所があるので、里芋の畝を作って残りを何にしようか?どちらにしても高畝で作りやすい物と言うことで、みんな作りたがらないゴボウにした。掘るのが大変なのであらかじめかなり高い畝を作った。高い畝は広い面積を使う事も判明。明日の雨で水はけを確認して水路を作って、種蒔きだ!
[PR]
by dug-wara | 2009-03-31 18:44 | Comments(0)

タマネギ

今日はひたすらタマネギの草取り。タマネギは間隔が狭いので大きい鎌では苗を切ってしまうので、100円ショップの小さな鎌がちょうどいい。マルチをしてあった畝のマルチをはずして草を取る。草取りが終わってからぼかし肥料をぱらぱらとその上に燻炭を蒔いてマルチする。あさってが雨なのでそれまでに5本の畝を完了させたい。他にもやっておきたいことはリストアップすればたくさんあるけど、できることをやるというポリシーでその日の計画を立てて途中でも満足するまでやったらおしまいにする。こどもが春休みなので出かける用事が多くて快晴なのに作業が出来ないともったいないなぁと思う。入学式が終わるまではこんな調子か?更新が少ないのはこの理由か?
[PR]
by dug-wara | 2009-03-30 18:50 | Comments(0)

しいたけ

春になって椎茸がたくさん出てきた。2年前のほだ木にも小さな椎茸が顔を覗かせている。今日の話題はしいたけぼっかを立てかけている杉の木に椎茸が生えてきた。すでに2本収穫している。以前友人が余った椎茸のコマを杉の木に植菌したら出てきたという話を聞いた。常識では杉の木には出てこないらしい。杉の林も殺菌作用が強いので椎茸栽培には合わないときいたけど?
[PR]
by dug-wara | 2009-03-26 23:34 | Comments(0)

種籾

稲作の準備を始めた。慣行農法では、3月半ばにはすでに温室で苗を作り始めて田んぼの準備も出来ているようだが、温室を使わないので毎年2週間遅れぐらいで準備する。今年は黒米の在庫が無くなったので、イセヒカリとミドリモチと黒米の3種を作る。黒米は2年前に作った種を手選別で脱穀してさらに水で選別した。半分くらいしか残らないので、育苗パレットを使わないで手蒔きして手植えする。ミドリモチも発芽率が悪いので、こちらは半分手植え半分は育苗パレット。イセヒカリは機械を前提に育苗パレットで作る。
[PR]
by dug-wara | 2009-03-26 01:09 | Comments(0)

竿立て

サヤエンドウに竿立てをした。とりあえずの孟宗竹の枝を株のわきに立てた。春風もおさまりだいぶ暖かくなってきたので成長が早まりそうだ。毎年5月の連休あたりから収穫が始まり1ヶ月ほどで終わってしまう。そろそろ夏野菜の種蒔きを準備する。
[PR]
by dug-wara | 2009-03-26 00:55 | Comments(0)

しいたけ

一番古い4年前のしいたけぼっか椎茸がたくさん出てきた。1日にざるに一杯穫れる日がある。2年前のしいたけぼっかも菌がすこし芽を出し始めた。去年の秋はほとんど収穫できなかった。その分がいっせいに出てきたようだ。我が家の薪ストーブで2日乾燥させると保存しやすい干し椎茸が作れる。昆布と一緒に煮て作った佃煮がおいしい。取れたては日に当ててからみそ汁や天ぷらや炒め物に使う。
[PR]
by dug-wara | 2009-03-24 22:05 | Comments(0)

移住希望者

経済の混乱の影響もあると思うが、移住希望者が増えているらしい。我が家にフラリと訪ねてきたり町の企画課が公用車で移住可能な家を紹介したりと立て続けに3家族と出会った。移住して畑を耕して子供を自由に遊ばせてと希望は広がるけど、現実は賃貸で不動産屋さんに物件はほとんど無いし、畑で作物を作っても猿が出没して食べてしまうし、子供は自由に遊ばせても大丈夫だけどお友達はテレビで都会と同じ感覚だったりする。我が家では最初の1年はご近所さんとのおつきあい、ご挨拶、と家の改装、2年目から田んぼや畑で家庭菜園の学習、そして6年目でお福分けが出来る程度に自給率を高めることができた。さて我が家はこれからどの様に変化してゆくのだろうか?移住希望者は同じような道を模索するのだろう。協力できることは田舎暮らしを始めてからのいろんな知恵だ。移住できるかはタイミングとご縁で決まる。
[PR]
by dug-wara | 2009-03-24 21:49 | Comments(0)

特別栽培

ごじゃ箱の特別栽培グループの圃場確認が行われた。こだわりの栽培をしている2組の方が圃場に来て出荷予定の作物をチェックする。といってもお互いの作り方を語り合って、実際に作物を見て小麦はよく育っているとか、タマネギの色が薄いとか肥料の話とかでいろいろ参考になった。今年は野菜を出荷してみるのが目標かな?
[PR]
by dug-wara | 2009-03-23 19:43 | Comments(0)

除草他作業始め

冬の間静かにしていた雑草が、暖かくなって急に大きくなり始めた。マルチをしてあるニンニクや豆の穴やタマネギはマルチをはがして、ニンジンはトンネルを取って草取りをした。数日かかりそうなこの作業も収穫量に影響があるのでこの時期に取っておく。取った後には燻炭をまいてマルチする。追肥もついでにする。暖かくなった日中に作業して寒くなったら水路掘りで暖まってまた除草に励む。体も動かしてちょうどいい。そろそろニンジンの2回目の種蒔きだ。今回は穴あきマルチを活用して除草を楽にする。そしてそろそろサツマイモや落花生の畑に肥料を入れて畝作り。
[PR]
by dug-wara | 2009-03-23 16:09 | Comments(0)

わけぎ

20日早朝から長野県の北アルプス、小谷村の友人宅に遊びに行ってきた。今年は三十数年ぶりの暖冬とのことで道路に雪はないし、ふきのとうも一杯出ている。ご近所さんにポップコーンの種を分けてもらった。そのお宅にワケギを洗って天日に干しているのを見て、1株さがして掘ってきた。なるべく土をたくさん一緒に掘って千葉県に運んできて移植してみる。来年はワケギをたくさん食べられるだろうか?で、雪がない小谷村の暖冬とのことだが、早朝に外の温度計を見たらマイナス11度で温かいそうだ????
[PR]
by dug-wara | 2009-03-22 01:06 | Comments(0)