<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

大掃除

何とか年末に大掃除を始めることができた。そう、はじめることができたので
家のなかは荷物が整理されて広がっている。
10年間のパソコン環境の変化でゴミになったバックアップのパソコンを
片付け、その他いらなくなった周辺機器を処分、ずっと行方不明だった
オーディオインターフェースを発見したのでちょっとうれしい。

寝る場所とご飯を食べる場所は確保、ネットは無線LANを数年ぶりに復活して
正月は出歩くのでそのまま掃除の続きができるという作戦だ!

そしてこれからそば打ち、今年はみのしまさんのそば粉の生粉打ちそばだ!
そろそろ掃除もひと段落で、そばうちの準備をしよう。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-31 16:20 | Comments(0)

年末のご挨拶

餅も搗き終わって、今日は地元でお世話になっている方たちに
年末のご挨拶をした。餅ときなこをお土産にぐるっとまわって
みなさんお元気でなにより。
最後にお宮にお飾りをつけて年末のお仕事も終わった。

餅も搗いた。
甘酒も仕込んだ。
みりん風調味料も仕込んだ。

年内の行事はそば打ちと鴨シーのみか?
いや大掃除が・・・・
これはなかったことに・・・・
年明けにでも・・・・

ということで今年もおしまい。

子供たちも昨日の忘年会でほぼ満足
明日の鴨シーで仕上げ
初日の出は晴れを信じて、いつものところへ

三が日の宴会が終われば普通の我が家

皆さんに感謝!
[PR]
by dug-wara | 2011-12-29 17:59 | Comments(0)

年末!

年末だ。地元のお店からおせちの材料として、八つ頭やくろまめ、ごぼうなどの
注文をいただいて先ほど納品。黒豆は特によく選別した。
神社の境内と階段の落ち葉を子供たちで掃除してきたらしい。
明日は忘年会のお誘い、家族で参加することにして、その近所の用事も一緒に
片付ける計画、師走がこんなに忙しくなったのはいつのころからだろうか?
今年は余裕で4日間は予定を入れてなかったのにすでに2日間は予定がある。

正月の3日間も予定は決まった。
出かけたいところもあるし、すぐに味噌作りの季節もやってくる。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-27 16:11 | Comments(0)

餅つき

収穫のお手伝いをしている友人たちと餅つきをした。
今年収穫した緑もちの玄米もちを蒸してうすと杵で搗いたもちは
おいしい!自家製のあずき(大納言)、大根おろし、黒豆きなこ、
をほおばって予測どおり食べすぎた。

今年も自家製のお餅を作れることに感謝!
[PR]
by dug-wara | 2011-12-26 18:53 | Comments(1)

awanova

awanovaのことを書いたら何人かの友人たちがやってきた。
こんな遠いところまでありがとう。
小さな地域のイベントで、地元の友人たちとおしゃべりしてバウムクーヘンを
子供が作って、いろんな先人たちの話を聞いてすごすたのしい1日で、
お昼過ぎころと2時過ぎのピークを過ぎて帰路についた。
なにがよいのかうまく説明できないけど、みんな長い時間を楽しんでおしゃべりをして
おいしいものを食べて日常のお買い物をしてゆく。話題は房総のいろいろな出来事、
房総から移住していった友人のはなし、自給生活のいろいろな話などなど・・・

来月は23日月曜日だそうです。旧暦で開催するこの市は神様も遊びに来ているのかも?
[PR]
by dug-wara | 2011-12-26 12:49 | Comments(0)

麹つくり

麹を作って、お米を炊いて混ぜて甘酒の仕込み完了。
目標は自家製マイグルト。
発酵を途中で止めるのがもったいないけど、子供がおいしく飲めるように・・・・
大人のマイグルトもできるかな?

という年末のドタバタした一瞬のお休みを使って仕込みました。
結構体力仕事でした。

明日は休養をかねたawanovaで鴨川へ!
いろいろ年末の用事はすべて来週にシフトしています。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-24 17:56 | Comments(0)

大豆の脱穀

今年、最終回の大豆脱穀をした。
からだはもう限界まで酷使した状況だ。
なぜ、後から疲れが来るのかを考えた。
脱穀機に枝を入れるのに引き込まれそうになるのを、右手でしっかり持って
引き出すのだがそのときのドラムの振動が体全体に響くのだ。
翌日は体ががたがたして眠気に襲われて寝てしまう。
来年からは2人体制で交代しながら休息を入れたい。
4時間ぶっ通しはたぶん来年は無理だ。

脱穀のゴミのほうに豆がたくさんこぼれるのも網を置いて防ぐ方法を考えた。
いろいろ工夫が必要な機械だ。
去年までの手作業でやっていたら1ヶ月くらいかかる作業だし、
畑を増やすには選別方法も考えなきゃと課題は山積みだ。

広い田畑を借りて耕作するのを1年間経験して学んだことは
収穫物の収納スペースの問題、農機具の必要性、作物を多品種から
絞り込んで米、小麦、大豆、イモ類に限定すること。
そして加工品として販売するための各種準備作業をすることか。

1年を通じて農家に一歩近づけたと思うがまだまだ序の口、
来年で経験2年目だ。今年並みを目標に作業クオリティと
作物の品質を安定させることに経験を生かしたい。

今まで、自家用の畑でやってきたことが生かされて
次世代の人たちにつないで、持続可能になるには数年かかると思われる。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-23 18:32 | Comments(0)

小麦播種

先日、収穫した大豆の畑をトラクターでガーっと耕して小麦を蒔いた。
こんなに遅くて大丈夫?といった実験のような作付けだ。
前回蒔いた小麦は一部遅れているが、芽が出ている。すずめに食べられた分が
多かったように思ったが発芽している様子をみて安心した。

トラクターで2時間、播種に2時間で小麦畑の出来上がり。
播種機もどのようなタイプが必要か理解できた。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-22 01:22 | Comments(0)

あわのば

今月25日は鴨川のあわのばに出店する。年内最後のイベント出店だ。
たぶん規模的には小さいほうなんだけど、震災のあと久しぶりに出店したときは、
思わずスタッフやなじみの出店者たちと抱き合ってしまうほど、いつもいい感じに
楽しませてもらっている。

鴨川にただようゆったりとした雰囲気は去年出店したころはそのゆるさに
大多喜での生活とのギャップを感じることがあった。アーティスティックな一面が
より強い土地柄と、新住民を受け入れる懐の深さに文化と歴史を感じている。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-21 00:30 | Comments(0)

黒豆の選別

黒豆の選別をせっせと続けている。今夜は黒豆の小粒を惜しげもなくきなこにするために
2時間ほどフライパンで焙煎した。きなこはそのまま食べてもあまさがわかるほどのうまさ!
中島デコさんも気に入って、愛用してもらっている。海辺の地域は暖かいので、虫に食べられて
なかなか無農薬で作るのは難しいらしい。大多喜は夜の温度が低めなのがよいのか?
千葉県ではよくできるようだ。

収穫した黒豆はくずをはねるのだが手作業は確実にクオリティをあげられるが手間がかかる。
今までの手作業を少し大きな道具にしてみようといろいろ思案している。

そろそろ年末、お正月用に出荷する時期なので空いた時間は作業が続く。
23日からは子供が休みになるのでその前に年内のお仕事のめどをつけたいのだが・・・
いくつかの作業が残っている。しかし日程はほぼ埋まっている。
雨が降るとスケジュールがずれていく。

正月を過ぎると味噌の仕込みが始まる。
こちらも豆の選別とリンクしているなぁ。
[PR]
by dug-wara | 2011-12-21 00:14 | Comments(0)