<   2013年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

鴨川シーワールド

家族4人で出かけることができる少ない機会。
鴨川シーワールドに出かける。
仲良くしてもらっているシャチのお姉さんのショーを見るのが目的だったが、
今日はシャチのご機嫌がよくないので午前と昼間のショーはほとんど
動きのない状況、10年くらい見ているが初めてのこと。

15時からのショーで初めてなんとか形になったけど
長年見ている人には物足りなかったかも。

いろいろ考えさせられることがあったのだ。
長年シャチの飼育にチカラを注いできた鴨川シーワールドで
赤ちゃんが順調に育つにつれて、近親相姦になってしまう事態を防ぐことが難しい頭数なので
長い目で考えるとシャチの飼育に限界が来ているようにも思えるのだ。

ショーをする動物にとって子供が育つ環境なのはまだよいことだったはずなのに
頭数を増やさないと血統が維持できない状況は自然界でない環境の限界ということだ。

自分たちの環境に置き換えてみると深く考えさせられた一日でした。
この先は長く広いテーマになるので省略、みんな正面から考えてくれ!といった心境・・・・
[PR]
by dug-wara | 2013-06-30 20:11 | Comments(0)

発芽

今年播種したオクラの種は2010年に自家採取した種だ。
ネットで調べると5年は発芽すると書いてあったので播種したら
ちゃんと発芽した。恐るべし・・・・
にんじんは2年ほどしか持たないらしい。
ごぼうも同じくらいかな・

種の保存方法は乾燥させてから冷蔵か冷凍保存をすると
長期保存が可能らしい。

毎年、種を自家採取して保存しても管理の仕方やその年の
ミツバチなどの昆虫の活動に左右されるのでなかなか安定した収穫には
自家採取だけでは難しいと思うこのごろ。

今年は大根を自家採取してみた。
小松菜はこぼれるままに畑に落ちているのでそのまま発芽してくれないかな?

すべて放置して発芽してくれれば一番楽な畑の出来上がりなのだけど・・・・

7月にはいってからは大豆の播種から畑の管理などそして暑さとともに
草刈りの季節がやってくる。
[PR]
by dug-wara | 2013-06-29 20:37 | Comments(0)

じゃがいも

ジャガイモの小いものさらに小さい芋を洗って煮っころがしにした。
おいしい!

ジャガイモの一番小さいのは毎年食べる順番として痛みやすい
大きい芋から食べているのでどうしても一番小さい芋は
痛んだり、芽が出て食べられなくて種芋にするにも小さすぎて
今年は一番最初に食べることにしてみたらこれがおいしい!
1ヶ月前に収穫した芋と同じようなまだでんぷん化していない
ねっとりしたおいしさだ。

虫食いの芋と小いもが当分の主役でLLサイズからLサイズ
Mサイズ、小芋の順番に消費していく計画だ。
虫食いはフライドポテトの主役、ジャガイモもちも作れる
ダッチオーブンや煮っ転がしで今年は小芋も早めの消費になりそう・・・
[PR]
by dug-wara | 2013-06-29 20:09 | Comments(0)

ひまわり

ジャガイモの収穫をしていると畝に2年前に植えたひまわりの子孫が
元気に育っていた。
数日後には耕してしまうので4株ほど自宅に持ってきた。
しおれかけていた株も水をあげると復活して新しく定植する場所を探している。
元の種は5年前に子供がもらってきたらしい。

お日様がたくさんあたる場所がいい。
[PR]
by dug-wara | 2013-06-28 18:53 | Comments(0)

じゃがいも収穫

豆を播種予定の場所に栽培していたジャガイモを一気に収穫。
コンテナ5杯分だ。重い・・・

大きさと痛み具合をチェックして土を払って乾燥させる。
その後にダンボールや米袋で冷暗所保管。

今年の冬まで何とか食べ続けられそうだ。
サツマイモやサトイモが収穫できる時期までは大丈夫。

今年は2本程度の芽を残したので巨大な芋はあまりないので
保存性はよいはずだ。ただ小いももいっぱいなので
皮が柔らかいうちに食べてしまおう。

我が家のお勧めはジャガイモもち
ジャガイモをフードプロセッサーで細かくしてフライパンに油を少しづつ足しながら
カリカリに両面焼いて、チーズをかけて出来上がり。
にらやにんじんなどを混ぜてもおいしい。

個人的にすきなのはポテトサラダ、ソースをかけていくらでも食べられる。
フライドポテトも好きだ!
蒸かしただけでもおいしい。

5月の下旬に食べた若いジャガイモの甘みはでんぷん化してホクホクになっている。
[PR]
by dug-wara | 2013-06-28 15:24 | Comments(0)

ひたすらにんにく醤油つくり

どう考えても今年のにんにくは消費しきれない可能性が高いので、
小さいにんにくをしょうゆ漬けにしている。
にんにくの皮をむく作業を続けていると指にエキスがしみて痛くなることがあった。
一回の作業量を決めて終わってから石鹸でよく指を洗うようにすると痛みはない。

しょうゆ漬けは新鮮なにんにくで作ると醤油がよくしみておいしい。
保存性を考えて焼酎を少し入れてみた。
[PR]
by dug-wara | 2013-06-27 18:58 | Comments(0)

大雨そしてズッキーニ、オクラ、モロヘイヤ、バジル

大雨のときは山の田んぼが増水するので堰に積んだ土嚢を撤去する。
撤去しないと土嚢は流されてしまうのだ。

田んぼの水口もふさいで置かないと増水した雨水が流れ込んで
水口の近くは砂が積もってしまったりする。
どちらにしても雨が止むまでは危険なので山の田んぼには行かないようにしている。
以前は土砂崩れのときに田んぼ方面は冠水して道路も判別できない状況になった。

自然のチカラは強力で人知を超えていることを学んだ。

大雨になる前に土嚢をはずしに行ったとき、畑のズッキーニの初物を収穫
オクラもモロヘイヤもバジルも元気に芽を出している。
オクラの種は2010年の自家採取の種だが5年くらい保存した種でも発芽すると
野口種苗のHPに記載してあったので播種してみた。
今年は種を新しくする時期だ。

モロヘイヤは暖かい場所でしか自家採取できないらしく毎年購入している。
バジルも種は新しく購入したものだ。

自家製バジルペーストはカシューナッツの代わりに自家製ピーナッツを使っている。
冷凍保存したバジルペーストは1年間パスタのときに活躍している。
[PR]
by dug-wara | 2013-06-26 20:54 | Comments(0)

たまねぎ炒め

花芽が出始めたたまねぎを選別しておいたのがあったので、
少し硬くなった花芽の元は除いていためてたまねぎ炒めを作った。

ちょっと濃い目の味付けでご飯の進むおかずの出来上がり。

水分が充分抜けるまで強火で焦げないように油を足しながら
30分ほどはいためるとあまくておいしくなる。
ポイントは強火!
[PR]
by dug-wara | 2013-06-26 13:09 | Comments(0)

安息日

昨日までの作業で消耗した身体をいたわって今日はゆっくりすることにした。
といっても夏の週末は予定が次々に決まっていて、その準備とかをする。

一年に何回かゆっくりとした休みが必要だと思うことがある。
本当は毎日がゆっくりとしていればそれもよい。
わが子の環境や我が家の生活が、地域とのかかわりとかで
密度の濃い時間が経過してゆく。

農作業もやることは次々にある。常にいくつかのやりたいことは抱えて
そのときの畑や田んぼの様子を見ながら先の予定を考える。
その日のお天気の具合と明日以降のお天気の動きを予測して
田畑とシンクロして作業をするのは自然と一体化できる楽しみだ。

機械を使うことで収穫は増えた、同時に作業量も増える。
自分の時間は少なくなってしまうジレンマを抱えながら
収穫を増やすという欲と体力とのバランスを考えてしまう。

農機具を使って作業するときにその日の作業量を予測するのは
経験を積み重ねてできることだと思うこのごろ。
[PR]
by dug-wara | 2013-06-26 08:48 | Comments(0)

竿たて

夏野菜も定植してそのままになっていたが大きくなったトマトが地面を這うように
倒れて花も咲いている。午後は小麦の脱穀の片付けのあとに
夏野菜に緊急竿たてをした。
なすとピーマンにも立てたので結構な作業量・・・・
おいしい夏野菜のために
梅雨明けには収穫の時期が来るか?
[PR]
by dug-wara | 2013-06-25 22:55 | Comments(0)