<   2013年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

稲刈り

町の田んぼの稲刈りを急遽行った。

台風が接近している。温帯低気圧に変わっても雨はたくさん降るらしい。
飴がたくさん降るとせっかく乾きかけていた田んぼがぬかるんで
コンバインがどろどろに汚れる以上に機械の間に泥が入って故障する。

という状況なので収穫に少し早いが作業性を考えて一気にコンバインで収穫、
軽トラで乾燥機に搬送、乾燥機で低温乾燥という去年同様の手順で半日で
乾燥機に入れるまでを終了した。

機械のサポートで四隅を刈り取ったりコンバインの収穫漏れを手刈りしたりと
半日カマで作業をして疲労困憊、午後から寝込んでしまった。
夜になると奥歯のあたりがはれてきてきょうは、近くの歯医者で治療を受けた。

稲刈りの様子では去年並みの収穫を期待させるがこればかりはもみすりをして
袋につめるまではなんとも予想できない。

どちらにしても台風が来るということでどこの田んぼも機械はフル回転
一部では故障して動かなくなっている状況のなか無事作業は終了したので
心配することもなく安心だ。

我が家の作り方は収穫量よりおいしさ重視で肥料を入れてないにも関わらず
今年はほんの一部だが、倒伏した。
ほかの畑では水が少なかったせいか、雑草が繁茂していたり全面倒伏している
田んぼも去年より多いように思う。

暑さと水の管理がむずかしい米つくりの年だったようだ。
毎年作っている農家の間ではここ数年で一番収穫が少なかったといっている。

今年はお米の価格も少し上がるのかもと予測。

我が家の脱酸素のお米は古米になっても食味が落ちないので今年は保存庫を新しく
追加することを検討している。

農家は2年分のお米を備蓄するのが当たり前と以前教えてもらった。
昔の飢饉のときでも備蓄したお米でしのいできた知恵とのこと。
穀物の保存方法も進歩しているのに合わせて、備えあらば憂いなしということで
保存しておくことにする。
冷蔵庫保存もよいと思うのだが、停電や節電を考えると脱酸素のほうを選択する。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-31 21:22 | Comments(0)

ポップコーン収穫2回目

50日ぶりの雨が降ったので夕方乾いたころにポップコーンの収穫に出かけた。
前回の収穫から小さいのはそこそこにして大きいのを中心に一輪車を使って
効率よく作業した。

収穫した後はさらに皮をむいて束ねて乾燥させている。
新まで乾燥したら脱穀の作業を試行錯誤することになる。
いまのところビニールのコーティングをしてある軍手を使って手作業で
脱穀予定・・・・
[PR]
by dug-wara | 2013-08-26 20:50 | Comments(0)

稲刈り

我が家の初めての稲刈りは
注連縄を作るためのわらを収穫して乾燥させている。
しめなわのワラは稲穂が出る前に刈り取るとのことだが
今年は2日ほど出かけていて時期を逃してしまった。

去年はずいぶん早い時期に刈り取ったので色はよかったが
長さが短かったのと乾燥保存に失敗してかびてしまった。
今年は穂が出てしまった。

注連縄様にうまく作れるのはまだまだこれからだ。
後2年は必要だと思われる。

収穫時期はお盆の終わりころがよいと思われる。
大きく育てるには肥料を調整したほうがよさそうだ。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-26 20:45 | Comments(0)

さわごさ2013

さわごさ2013という長野県飯山市のイベントに出かけてきた。

28年ぶりの友人と再会した。
35年前に一緒にやった戸隠高原の鏡池のオールナイト野外コンサートの話
から始まって丸一日、音響のお仕事を一緒にしながら昔話をした。ズクナシのほかに
カセットコンロス、ROCK’N'ROLL GYPSIESもミックスして楽しんできました。

今回のイベントは町ぐるみの市民イベントの前夜祭でコンサートをやったようなイメージ
ズクナシのステージはアンコール3回、そのころまで観客が増えていくという
会場全体を包み込んだ盛り上がりだった。

その日は会場のキャンプサイトで家族で宿泊、翌日もいろんな出店のお店を味わいながら
お昼過ぎまで遊んで。近所のまだらおの湯という温泉でゆっくりした。
大きな畳敷きの部屋で疲れを癒して夕方長野を出発、その日のうちに大多喜に帰宅。
充実した2日間でした。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-26 08:26 | Comments(0)

耕耘機のタイヤ

我が家の耕耘機のタイヤの空気が抜けているので、
タイヤのチューブを交換した。
チューブは以前パンクしたときに予備で購入しておいたもの。
ホームセンターに持ち込もうと思っていたが、ホームセンターの修理担当の
人がねじをはずせば簡単だよと教えてくれたので自分で挑戦してみる。
ところが以前修理に出した農機具屋さんのねじ絞めがきつかったのか
ねじをはずせばの段階で一苦労した。

ねじをなめてしまったので、近所の金物屋でナットを捜してもらうと同じ部品はないという。
農機具屋さんのパーツは特殊に加工した部品が多くて
金物屋さんでもなかなか手に入らず純正の部品をメーカーから
取り寄せて使うことになる場合が多いとのこと。

農家の人は修理はすべて農機具屋に任せる人が多いので自分で修理するのは
かなりハードルが高い。
我が家でも工具が特殊な場合はすべて農機具屋さんにお願いする。
工具を買うとそのほうが高くつくからだ。

チューブをはずしてみるとパンクはしていないようだ。一応二度手間にならないように
新しいチューブと交換空気圧はタイヤをたたいていい感じに2本がそろったところで
よしとする。

結局ホームセンターに出かけて半日かけたほうが安上がりだったかも(部品代だけで修理可能)
と思いつつも自転車や自動車のタイヤのようにタイヤをリムからはずしてという作業が必要ない
硬いタイヤの仕組みがわかったのでよかったかなぁ??

ホームセンターで農機具を購入するメリットは部品代で修理をしてくれるので、
エンジニアが信頼できれば農機具屋さんより安上がりだ。
コツとしては長く使う道具はそこそこの価格のものを選ぶことだと思う。
安い機種は修理しても耐久性に難ありだ。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-22 21:37 | Comments(0)

水汲み

我が家の調理、飲料水は山の絞り水を汲んできて使っている。

水道もあるのだが、子供たちも絞り水のほうがおいしいと
わかるレベルの違いがあるのだ。
水道水には殺菌用に多少でも塩素が入っていて梅雨時や
9月の雨の時期などは少し量も増やしているようだ。

その湧き水も雨が降らないので量が少し減ってきている。
ずっと涸れたことはないと地元の人は言う。
去年一度水が出なくなったときはパイプに周辺の木の根っこが
詰まっていたとのこと。

毎月2回ほどは汲みにに出かける。この時期は虫が多いのでワラを持っていって
煙を出しておくとよってこない。風向きが変わっても大丈夫なのだが
日が消えた直後にはやってくる。

今日も家族で出かけてタンク5つほどを汲んできた。

イチジクに散水する水は畑の脇の小川の水
こちらも2日に一度大きなタンクに汲んでくる。
本日イチジク1個収穫、家族で食べた。
来週からはたくさんたべられそうだ。

先日遊びに来た同じ町の人が、イチジクはハクビシンに全部食べられてしまう
といっていた。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-22 21:18 | Comments(0)

ポップコーン

ポップコーンの収穫を2畝ほど
収穫かごに1つと半分位になった。
一部もう少し枯れたほうがいい場所もあることが判明
収穫してからもさらに乾燥させて11月くらいに脱穀して大きさで選別
来年の播種を考えて大粒は残して小粒ははじいてみる。

輸入物のオーガニックと比べて味はどうか?
今年は播種量が多かったのでもう少し粗く蒔いたほうが収量は増えると思われる。

国産で年間をまかなうのは面積的にさらに脱穀の手間も考えると難しい。
自家製の豆ではじいたポップコーンはまた格別おいしいと思うのだが・・・・
[PR]
by dug-wara | 2013-08-21 18:07 | Comments(0)

いちじく

イチジクの木に水やりをした。
2回で400リットル
周りの雑草も伸びたけどイチジクは水が好きで田んぼのあぜに植えている人もいる。

水をあげた翌日から見も大きくなり始めて、葉っぱもさらに高く大きく育っている。
ほかの作物にも水をあげたい、黒豆などはすでに紫色の花が付いている。
雨がほんとにほしい時期だ。
水やりの限界を感じるこのごろ・・・・
黒豆畑全体に水を撒くのはむずかしい。

そして雑草が繁茂したかぼちゃ畑は保水効果か?順調にかぼちゃが育っている。
雑草にもできることがあるというかこの水分不足の畑でもどんどん大きくなる力がある。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-21 13:30 | Comments(0)

28年ぶりの出会い

今週末に長野県に出かける。
スキー場でのお祭りのコンサートに音響エンジニアとして出かけるのだが、
先方の担当者が気になってメールアドレスを検索すると・・・
なんと35年前に屋外のオールナイトコンサートを主催した友人だった。
その音響をやったのを覚えているがその当時1500人ほどのコンサートを
少ない人数で運営した。

その後いろいろな場面で一緒に仕事をしたが28年前くらいからはお互いに
仕事が変わっていったので連絡を取ることもなかったのだが、
昨日久しぶりに話して今回のいきさつを話していると、
そのころはまったくつながりのなかった
かみさんと田舎が同じというか数軒となりで、いとこの名前も知っている
なんと親戚らしいとわかってびっくりした。

こんなことが起きるって偶然にしてもなかなかないことだ。

夜は興奮して遅くまで起きてしまった。
お互い28年間にはいろいろあったと思うし、新しい接点ができて
今週末にその友人と会うのがとても楽しみだ。
[PR]
by dug-wara | 2013-08-19 18:20 | Comments(0)

ポップコーン

畑で乾燥するのを待つポップコーンも収穫の時期だ。

多少まだ水分が残っているようにも感じるが、田んぼの稲刈りに影響のない時期に
収穫を済ませておく予定を組む。

さらに乾燥させてから脱穀、選別をしてから保存する。
冬には自家製の豆を使ったポップコーンが登場する。

来年も播種するかは今回の収量を量ってからと思う。
小麦程度の収穫があるならいいのだけど・・・
[PR]
by dug-wara | 2013-08-18 20:48 | Comments(0)