<   2013年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ネットワークで繋がるということ

我が家ではフェースブックを使わない。
必要以上に人間関係がほかの人に見られてしまうのが得意でないから

別の言い方をすれば一期一会で直接お会いした人との時間を一番大切にする。
ツイッターでもフェースブックでもすべてのデータは記録されている。
どんな人たちとネットワークしているか一目瞭然だ。

ネットワーク機器メーカーのシスコの宣伝でまだ世の中の99%はつながっていない。
つながったほうがいいといいたいのだろう。

もしすべてがつながったとき、すべての情報を監視することが可能になって
ネットワークした人の情報がコントロールされていても気がつかないとしたら・・・
今現在のネットワークの情報もすべて把握されているとしたら

確かに携帯電話は便利だし緊急の情報入手でトラブルを避けることや
急いで連絡を取る必要のある場合は必要だ。
しかし、いま世の中のものの値段が下がってきているのも、
時間を効率的に使うのに一日が多忙になっているのも、
社会が壊れ始めているのももしかしたらネットワークのせいかもしれない。

海外の安い製品を購入することで、町の工場がつぶれて生活できない人が
結果的にもっと安いものを買うようになって日本の社会が破壊されている現実
さらに安いものが良いということを前提に、質や安全や味覚までを犠牲にしている。

社会の経済活動が質を求めずに安さを求めている。
心のゆとりや自分の時間を大切にできると、大多喜町に引っ越してきたころから
我が家独自の価値観が生まれつつある。
そして
田舎に生活をする現実からそろそろネットワークでも・・・・




[PR]
by dug-wara | 2013-11-29 09:53 | Comments(0)

しこしこつるん

我が家のうどんのしこしこつるんにあわせて現在つゆを研究中というか
プロの職人さんにお願いして作ってもらっている。

職人さんいわく個人的にはしょうゆのぶっかけまたはオリーブオイルと塩
がおいしいと思うという意見だが、うどんらしい普通のつゆをつくってみて!
とお願いしている。

さてどうなることか?

[PR]
by dug-wara | 2013-11-28 17:38 | Comments(0)

大豆の収穫ひと段落

先週から続いていた大豆の収穫がひと段落、といっても小糸在来種がすべて収穫が終わっただけ。
黒豆の収穫はこれからだ。
黒豆の播種面積は2反弱予想では1週間ほどかかる計算だ。
寒くなってきて大豆も枯れているので根っこが抜きやすく人数でかかれば
意外と早く終わると思われる。

しかし今週末からはほかの予定もいろいろあってまだ時間はかかりそうだ。
そろそろ脱穀機も借りてこないと・・・・
今年の収穫は去年よりも日照りが続いた影響も少なくたぶん2割くらい増収というか
一昨年並みの収穫が期待される。

さて脱穀した豆の保管場所をどうするか?


[PR]
by dug-wara | 2013-11-28 17:35 | Comments(0)

小麦播種

今日も大豆の収穫と小麦の播種
昨日トラクターで耕した畑に小麦を播種した。
これで2反3畝ほどか?
残り2反ほど大豆の収穫と播種、
最終的には12月の前半に終わる予定。
遅くなるほど発芽率も落ちるし成長も遅くなる。

おいしいうどんを楽しみに・・・

[PR]
by dug-wara | 2013-11-27 16:19 | Comments(0)

黒にんにく完成!

11月13日から保温ジャーで熟成していた黒にんにくが完成した。
ジャーから出してさらに常温で熟成して3~4日で長期保存も可能な
黒にんにくの出来上がり。

甘酸っぱくてにおいもほとんど無く、おいしく食べられる。
効能ははっきり明記した資料がない、しかしにんにくで元気になるのが
さらに効果的だとしたらそれで十分だとおもう。
しばらく食べてみて実感したら効果を報告する。


[PR]
by dug-wara | 2013-11-26 19:55 | Comments(0)

発芽

畑で明日の小麦播種の準備。
トラクターで耕した。

大豆をすべて収穫して隣のサツマイモのあとも一緒に耕した。
小麦は時期も遅いので播種量を増やして蒔く。

そして最初に蒔いた小麦は発芽していた。数ミリの芽がツンと出ている。
にんにくを見るとこちらもいくつか発芽していた。
ソラマメとエンドウの畑は山の畑なので未確認。

来年の準備が整いつつある。

去年播種した大根の畑の跡に大根がたくさん育っている。
こりゃ種も蒔かずにうれしいことだ。

[PR]
by dug-wara | 2013-11-26 17:18 | Comments(0)

注連縄用の玄米を食べてみた。

注連縄用の玄米を籾摺りをしたので食べてみた。

稲わらの長さが1mもあるので収穫のときも
バインダーに絡まったり、ハーベスタで脱穀するときも
長いので取り回しがいつもと違うとか機械のなじまない
古代米だと実感した。

手で刈り取って、わらで束ねて、足踏み脱穀機で脱穀して、
とうみで選別するのにはまったく問題ないのに・・・・
文明の機械は規格外をうまく活用できないのだ。

いろいろあって食べてみると古代米はもち米の系統の遺伝子だと
教えてもらったがうるちには無い多少のもちっとしている。
食べた後も満腹感が持続して、味もおいしい。

古代の人たちはこんなお米をたべていたのかなぁと想像しつつ
神社のお祭りのときにでも、食べてみてもらいたいと思う。

歴史を感じさせるごはん!


[PR]
by dug-wara | 2013-11-26 10:01 | Comments(0)

注連縄用の種籾

来年の注連縄用の種籾を脱穀した。
以前友人から譲り受けた足踏み脱穀機を使って脱穀、
ふるいである程度のゴミを取ってから、とうみをかけて
選別してきれいになった種籾を袋に入れて保存する。

来年も播種する予定だが、同時に籾摺りをした米を食べてから
播種する量を決めることにした。
玄米にした分は春の祭祀にお供えする。



[PR]
by dug-wara | 2013-11-25 16:20 | Comments(0)

大豆搬出

土曜日に子供たちにも手伝ってもらって、一反分の大豆を運搬車で搬出
軽トラでハウスに運び込んだ。乾燥したら脱穀機で種を取り出す。

豆がらには栄養がたっぷりあることが今年のジャンボかぼちゃで判明したので
今年はどこかの畑か田んぼに入れることにする。

午後は久しぶりのフォレストジャム、満員のお客さんでスタッフもニコニコ
いい雰囲気でした。まかないで食べたカレーはいつものように絶品のおいしさ!

しばらくは小さくフォレストジャムを続けていくらしい。
できる限り音響エンジニアとしてお手伝いする。


[PR]
by dug-wara | 2013-11-25 16:12 | Comments(0)

運搬車

農作業で大変なのは広い畑の収穫物をトラックに積み込む場所まで移動する作業がある。

我が家では数年前に脱穀機の移動用に使用されていたキャタピラーの動力部を
脱穀機をはずして、台を作りつけて自作した運搬車を使用している。
軽トラにのせて移動可能、一回で軽トラ半分ほどを積載して畑の凸凹な地面を
キャタピラーでいどうする優れもの。去年は薪用の大きな杉の木を運搬したり
活躍している。今年の初めにメンテナンスしてエアフィルターも取り付けて
エンジンも快調だ。

一輪車で運ぶのも良いのだが、広い畑の収穫は家族だけでは無理だ。
農機具にはたくさんのエンジンが使用されている。

我が家だけでも草刈機3台、ハーベスタ、運搬車、バインダー、エンジンポンプ、チェーンソー2台
田植え機、耕耘機2台、トラクターなどなど動くもので13台もある。使用目的もそれぞれ違う。
農作業をしてみるとエンジンを使うと作業が楽になるように思えるが、
実際はその分作業量が増えるので体力的には・・・効率のための機械だ。
そしてすべてのエンジンを搭載した機械は作業手順をしっかり見極めないとキケン。





[PR]
by dug-wara | 2013-11-23 03:16 | Comments(0)