<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あらためてムヒカ大統領の話

消費社会で世界の環境はよくならない。

たとえばドイツ人同様の生活をインドの人全員がすることは資源的に不可能


そんな社会でよいのか?彼は政治問題だと話している。
久しぶりにほかの人のツイートをみて読んでみた。
本当に地球で暮らしていくためのバイブル

[PR]
by dug-wara | 2014-02-28 12:20 | Comments(0)

ビニールハウス倒壊

先日の雪もそろそろ解け始めて、たまっている用事を片付けに
走っていると雪の重みに耐えかねて倒壊したビニールハウスがたくさんある。
よく見ると、同じ地区でも倒れていないハウスもある。
南に長く立てたハウスは比較的被害が少ないような気もするのだが・・・・

内房でも外房でも被害はあったようだがやはり山に近い場所の被害が大きいようで
鉄骨を使った、大きなきのこの建物も倒れている。
ハウスの倒壊で栃木のイチゴや山梨の果物のハウスは全壊に近い状態とのこと

近所の農家の方はハウスを守るために20センチくらい積もると
熊手でハウスの内側から雪を落としていたとのこと。
ハウスは倒れると片付けと建て直しはものすごい手間だといっていた。

ハウスは南北に長く建てましょう!





[PR]
by dug-wara | 2014-02-26 16:21 | Comments(0)

集落孤立

山梨県や長野県の集落孤立の情報は3日目あたりから徐々にテレビのニュースになった。
千葉県の大多喜で集落孤立があったことは特に報道されていない。

以下災害対応の備忘録

我が家のある伊藤地区は去年の台風で土砂崩れが起きて道路が杉の木20本以上が
土砂とともに道路をふさいで孤立した。
このときは電気には特に問題なく外部との連絡も取れたが、
今回は2週続けての土砂崩れで停電と光ファイバーの分断で
集落の孤立は5日間に及んだ。
我が家はたまたま外出中の出来事だったので、帰宅困難な難民状態となり
子供の学校のことを考えて子供の友人宅の空き家に宿泊して
月曜日から外部との連絡などで対応した。
特に水道の水のくみ上げが停電でできないということで
町にお願いして4日目に道路の除雪が終わった段階でペットボトルで
24Lの水の配布ができた。
結果的に東電の仮設撤収、新規架設工事と
手際よく復旧工事をしてくれたおかげで5日目の夜に停電は解消した。

4日間の閉ざされた集落では徐々に孤立感が募った住民からの困窮した状況が
我が家の携帯に伝わってきたので、町のサポートが必要と判断して
状況を説明して対策をお願いした。

特に暖房について、灯油の不足、発電機のガソリン不足、薪ストーブの煙突が雪で倒壊と
一番の頼りは灯油ストーブ(ファンヒーターなど100Vを使用しないもの)と備蓄

食料が不足した状況だがプロパンガスは使用できたので各自ぎりぎりの対応
我が家では穀物調味料などほぼストックしてあるので問題はなかったのだが、
消費生活の家庭ではぎりぎりだった模様
電気が必要な電話機では送受信ができない状態で一部の家庭では受信のみ可能

光ファイバーの分断で神社前のNTTのアンテナが使用できず、携帯電話も屋内では電波が使えない
屋外でポイントを探して送受信といった状況や携帯のバッテリー不足に悩むことになった。

前回の停電の教訓として発電機はそれなりに有効だがバッテリーからインバーターで100Vを
取り出すことが急務であること、車のシガーソケットからUSB給電でも充電できるように考えると
最近の禁煙車でもシガーソケットは必需品だと思う。

一番大切なのは復旧情報や近所の人との会話が重要で集落の情報収集が大切だと思った。

我が家の家屋も雪で外に張り出した下屋が倒壊寸前で雪下ろし、
小屋のガラスが割れそうな状況など多少の被害があった。
今でも電話線には木々が寄りかかっており、心配は尽きない状況だ。

とても災害のさなかにはかけなかったのだが今後のために記録する。

さて、日も高くなったので雪かきに出る。





[PR]
by dug-wara | 2014-02-20 10:46 | Comments(0)

停電

今回の大雪で8日の20時ころに停電になった。

原因は山に登る途中の電信柱にがけの上から木がかぶさって電柱が途中から折れて電線を
押し切った模様。

それから昨日の深夜までこの部落全体で停電、48時間以上の停電に冷蔵庫はストップ
ファンヒーターは動かず、勿論保温ジャーのご飯は冷たくなっていた。
給湯器も風呂も使えない。電気は便利だけど・・・
電気がない生活も始めての経験だったが、薪ストーブとガスが使えたので
生活には支障はない様子だった。

道路の雪かきが遅れたため車の走行はかなりきびしい状況だったが、
なんとか家にたどり着けた。

電気も使わずに生活できるチカラが必要と再確認。
特に風呂と暖房は電気がなくても稼動できるようにしたい。

都会で2月9日の仕事をこなすために単独行動で前日に実家に移動
当日も実家で宿泊、翌日帰宅ということで仕事は無事に終了
しかし、帰宅時に高速が使えないので下道が大渋滞だった。

今回発電機を借りてきて夜間運転したが、省エネをした範囲では
十分な電力が片手で、移動できるほどの大きさの発電機でまかなえる。

いろいろな経験をすることができた今回は基本キャンプ生活で必要な
装備がそのまま役にたつのがよく体験できた。

今日も雪、今週末も・・・ということで少しレベルアップして、
車にチェーン、灯油の購入、ガソリンも補充といろいろ準備を始める。
サバイバルゲームのような状態になってきた。

今回の災害では東電の深夜にわたる作業に感謝。
電気工事は下請けの業者と作業したようだが、除雪作業は
東電の社員が行っていた様子、東電も現場スタッフはがんばっている。

今回発電機を動かして思ったのはLED照明とパソコン関係を動作させるくらいなら
バッテリーで十分だし、充電は車からコードを引っ張ってくれば
発電機より静かでインバーターさえあれば100Vを使えるようになる。
もっと極端に考えれば車からの電気を100Vに変換すれば足りる?
ということで、バッテリーとインバーターが必要なことが判明。

さらに今回軽トラが四駆なので前輪にチェーンを取り付けると
積雪が車の車軸より低ければどこでも走れる最強の機動力であることを
確認した。





[PR]
by dug-wara | 2014-02-11 16:45 | Comments(0)

大豆の選別

小糸在来の青豆の選別が終了した。

我が家の分を含めて110kg以上を選別した。
そのうち来年の種が7kg我が家の味噌用の豆が15kg(一斗)
残りは味噌用に販売した。ひと段落かな・・・・
販売用に選別していると播種から土寄せ、収穫脱穀、選別と考えると
いくらもらっても採算的には厳しい状況だ。

味噌の出来加減が麹の仕上がりとあわせてどの程度か?
毎年作り方が変化し続けている我が家の味噌仕込み
豆の炊き方にこだわり始めた去年、今年は豆の選別方法かな?

毎年時間がなくて収穫した豆をそのまま蒔いていたので
今年播種する種の選別も同時に進行して、気に入った豆を保存した。



[PR]
by dug-wara | 2014-02-03 20:10 | Comments(0)

ポップコーンの旅

我が家のポップコーンは食べた方の口コミで日本を旅しています。
鴨川から旅に出たポップコーンは岐阜の宿に気に入ってもらって
宿の方がイベント出店したときに岐阜のやながせ商店街のお店にたどり着き
そこの方がお土産で京都まで旅をしています。

また、都内の自然食品店からフランスを経由して郡山のワインショップのオーナーさんが
気に入って販売していただいています。

徐々に広がるポップコーンのつながりが面白くてなぜか我が家の看板として活躍しています。

消費税のこともあるし、仕入れも一律値上がりかと思うと我が家はどんな対応をするべきか?
実際、仕入原価が高いので影響は大きいと思うのです。

どうしたらよいか、思案中・・・

[PR]
by dug-wara | 2014-02-02 21:37 | Comments(0)

2月9日は・・・

東京都知事選ということで代官山のイベントに出向く予定
ツイッターでの話題はなぜかほとんどこの話題だ。
フォローしている人も読みきれないほど
わが家では容赦なくフォローの解除。
余計な情報はこちらで選ぶスタンスだ。

2月9日は都知事選の前から東京でお仕事の予定だったが、
なぜか選挙に巻き込まれたが、投票券もなくどうしたものか?




[PR]
by dug-wara | 2014-02-01 21:54 | Comments(0)