<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

断食

先週から5日間断食をした。
7月くらいからの体調のよくないときに断食をしたいと時期を待った。

8月のお盆で動きがスローになっているのときにスタート
体の掃除がほぼ終了して体全体のだるい重い感じがなくなったので
回復食を始めた翌日、宿便が排出されて一気に楽になった。
直前の頭痛はすぐにおさまって、翌日からは感覚も敏感になったのを
実感できるほど爽快な気分だ。

右足の痛みや張りはなくなって食事の量も減らせて
持久力も少し戻ってきた。

断食は胃腸を休ませて体の免疫を高めて老廃物を排出する大切な儀式だ。
普段から厳格な食事と規則正しい生活を送れば必要のないことなのだが
断食は正しい知識で行う必要がある。

前回より体調が整うまでに時間がかかったのが反省点。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-22 00:30 | Comments(0)

注連縄の稲その後

田んぼに残った注連縄様の稲も赤い穂が出てきた。
コシヒカリより20センチは高く育った稲は
元気いっぱいに成長している。

来年の田植えの分を残して神事に使いたいとコシヒカリとは別に収穫する。
ひとつの田んぼに2種類の稲を植えたのは後の収穫でどうしたものか?

先日干したわらは味噌蔵の高い場所に収めた。

よく見ると味噌蔵の中も処分するものがたくさんある。
来週からひと段落していた家の中の片付けが始まる。
年内、できれば11月までにと願う気持ちとできないこととのバランスを
時間をかけて見極める時期なのだ。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-22 00:10 | Comments(0)

稲刈り

我が家の田んぼは今日も水を足しているのに
隣の田んぼはもう稲刈りが始まっている。

昨日は初日といった状況でみんな手探りで収穫していたが、
今日は田んぼの2割以上が刈り取られた。
明日から3日ほどで早めに田植えした慣行栽培のほとんどが
収穫される予想。

残るのは
我が家と大きく田んぼをやっていて時期をずらして田植えしている人と
稲が倒れて、大型のコンバインの順番待ちをしている人だけになる模様。

我が家は2週間遅れで9月上旬の予想。
それまで暑い日が続きますように!
[PR]
by dug-wara | 2014-08-21 21:48 | Comments(0)

かぼちゃ

今年のかぼちゃは大成功

ジャンボかぼちゃで学んだことを生かして栽培したかぼちゃは
4つの苗からすでに19個を収穫、まだいくつか隠れているので
最終的には25個くらい取れると思う。

大豆の豆ガラを肥料にすきこんでおいた土がよかったようで、
田んぼの隣の低い場所なので水は常にしみてくるので水やりの心配もなく
広がった。

隣の梅の木にもからみついて空飛ぶかぼちゃも2個ほど・・・
さらに味もとてもおいしいかぼちゃです。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-20 23:07 | Comments(0)

注連縄の稲

今年の注連縄に使う稲の刈り取り

町の田んぼに6列ほど田植えした稲を刈り取りした。
去年は穂が出てきてからの刈り取りになったので、
今年は穂が出る直前まで見極めて2回に分けて手刈りした。

10月にはこのわらを使って神社の注連縄をなうのだ。
ある程度乾かしたら色が抜けないように日陰で保存する。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-16 19:02 | Comments(0)

稲 倒伏その後

昨日は特注のケーキを受け取りに遠出した。
その途中の田んぼの半分くらいは一部倒伏
一割ほどは完全に倒伏している。
ここ数日、台風の後の雨が影響していると思う。

豊作の年は倒れた稲の米も混じっていることになる。
収穫時期も様々、なんだかなぁ・・・
[PR]
by dug-wara | 2014-08-13 16:52 | Comments(0)

漆塗りの座卓

祖父の家から我が家に来た漆塗りの座卓
その模様から津軽塗りの唐塗りという技法の模様らしい。
痛んだところはないし、昔は普段使いで客間で接客や
大勢の食事のサイドテーブルといった使い方をしていたように記憶している。

紫外線を避ける、適度な湿気、熱い茶碗を直接置かないなど
かなりデリケートな扱いが必要とWEBには書いてあるが、
そのような扱いをした記憶はない。

我が家で座卓を使う機会はないが、祖父の遺品として邪魔にならない場所で
使うときにはすぐに出せるところに棚を作って置いてみた。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-12 23:32 | Comments(0)

夏の模様替えひと段落

我が家の子供部屋に祖父の机が納まって、
新しく作りつけたハンガーパイプ2本とその下に和ダンス、
布団を入れてあった納戸の扉の向きが使いにくいので撤去と
いくつかの作業が終了した。

10年の歴史から次の10年に必要なものを見極めて部屋の整理整頓に
どのくらい時間がかるのか?今年中?

最後の課題は、漆塗りの座卓の手入れを調べて、どうするか思案中・・
[PR]
by dug-wara | 2014-08-12 00:23 | Comments(0)

黒豆、小糸在来

台風の跡を点検しに畑に出かける。

大豆は土寄せをしたので倒れることもなく一気に大きく成長している。
雑草の多かった黒豆の畑は、大豆の葉っぱが広がって徐々に雑草を
押さえ込んでいる。

遅れて播種した小糸在来の畑も順調に成長している。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-11 11:34 | Comments(0)

稲 倒伏

我が家の田んぼのお隣の農家さんが言っていたように、
今回の台風でいくつかの田んぼで倒伏している。
まだ緑色の葉の稲も倒伏している。

ほかの農家の人からの話では
一発肥料という田植え時に一回の施肥で収穫までの肥料を
入れる場合は今年のような天候だと倒れやすいとのこと。

我が家の田んぼは、ぬかを入れただけなので倒れることはない。
その分収穫量もほかの農家の5割から6割くらいだけど・・・・

日本の農業政策がお米で農家の収入を確保して成り立つように
していた時代に農家は収穫量がそのまま生活に響くため
田んぼに肥料をたくさん入れてできるだけ多くの米を取るという
考え方で栽培してきていて、なかなか考え方は変えられない。

我が家の田んぼの持ち主(地主)さんはほかにもたくさんの田んぼを
貸していて年貢にお米をもらっているようだが、我が家の米がおいしいと
話してくれる。
収穫量とおいしさは比例しないのは、たくさんの要素があると思うが
肥料を入れすぎないのも稲のチカラを生かすひとつの要素だと思う。
[PR]
by dug-wara | 2014-08-11 11:22 | Comments(0)