<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

小麦

天日干し2日間、乾燥機で1日十分に乾燥した小麦をうどんに製麺してもらうために発送した。

今年の小麦は暖かくなってこれから成長が始まる段階。

初めての試みとして一部有機肥料を入れて比較してみる計画。

雨が上がって2日くらい待たないと土が重くて散布するのが大変だ。

[PR]
by dug-wara | 2016-02-29 20:51 | Comments(0)

こめあめ

結局こめ飴を作ってきなこ棒を作るところまでやってみないとね。
ということで麦芽を調べ始めて、麦芽といえばビール!なんて方向に寄り道して
そうか麦芽でダークビールとかピルスナーとかの種類に分かれていくと
さらに大麦でなくても小麦でも麦芽は作れるとか・・・・・

しばらくは次回試作までの道のりは長い・・・・

[PR]
by dug-wara | 2016-02-28 18:42 | Comments(0)

くろまめきなこ、くろごま、くろさとう

くろまめきなこのきなこ棒の試作2回目は米飴に黒砂糖を加えてコクを出してみる。

前回作ったきなこ棒は翌日になると少し硬くなっておいしくなった。

荒挽きのコーヒーを入れてからきなこ棒とあわせてあさのひとやすみ

小分けパックにしないとつい食べ過ぎてしまう。



[PR]
by dug-wara | 2016-02-28 08:55 | Comments(0)

うどん

小麦を栽培してそろそろ10年

ユキチカラに品種を変えて強力粉を作り始めて8年くらいか?
去年の少ない小麦をいよいよ製麺して乾麺にして保存する時期が来た。

今年の小麦まで何とか今の在庫と今回の製麺で間に合わせたいのだが。

穀物の中では格別の人気のうどんなのだ。

[PR]
by dug-wara | 2016-02-26 18:12 | Comments(0)

くろまめきなこで、きなこ棒を作った。

我が家の黒豆のきなこ100%、米飴、などを混ぜてきなこ棒を作った。

先日たくさん作ったきなこを贅沢に使っての試作がうまくできたので、
ほかのアイデアも入れて試作2回目を計画中。




[PR]
by dug-wara | 2016-02-25 13:25 | Comments(0)

雨対策

大雨の予報なので家の周りを一部撤収

先日のトイレ小屋の周りからそこいらじゅうで工事途中の部材や道具を一時避難で
片付ける。

排水関係の工事の必要な場所も今回の雨で浸水した場所の周り
土木工事が必要な箇所もはっきりした。

トイレ周りのポンプとホースも新しくしたので、水路を砂利と雨どいで作る。
移住したころの工事と考え方が変わって10年間はメンテナンスフリーで維持できるように
今までの10年を基準に改装計画を進めている。

そして10年後はどのような生活なのか?



[PR]
by dug-wara | 2016-02-20 20:17 | Comments(0)

棚を作った。

ポップコーンの小屋に棚を作った。

材料は厚さ35mmの針葉樹のストック

表面をきれいにサンダーで磨いて、木目を活かして塗装もなしで取り付けた。
この家の倉庫に数十年保存されていた木材で小口をきれいにしたら木のよい香りがした。

時間を経ても痛むことなく、生きていると感じさせてくれるあったかさ!



[PR]
by dug-wara | 2016-02-18 09:43 | Comments(0)

トラクター復活!

1月のはじめから動かなかったトラクターがセルモーターの修理、取り付けで
元気にエンジンがかかるようになった。

トラクターが動かないと田んぼの作業もできないと思って友人に相談して無事に復活できてよかった。
これで今年のお米もなんとか栽培できそうだ。畑作業も自家用なので、できる範囲で予定を組む。
今年のジャガイモはどのくらいにするか?場所は?またそんな季節がやってきた。





[PR]
by dug-wara | 2016-02-12 12:04 | Comments(0)

音響機材の収納

庭の道具小屋をトラックと同じくらいの高さに床を作って機材を収納した。

金曜日から音響の仕事に出かけたので帰宅して車から降ろすときに、
新しい小屋に機材を移動した。
縁側においてあった音響機材が収まって、縁側に余裕が出来そうだ。
機材をしまいながら、ミキサーに木製のハンドレストを作って、
ミキサーを収納しているポップコーン小屋に換気用の空気の入り口と排水ドレンを
作って本格的な改装工事も同時進行。
さらに同じ場所に作る棚に合わせて壁を工作してと、完成した小屋の修復に時間がかかった。

本来は小屋を作るときにすべて作業しておけば楽なのに・・・
小屋の中の配置から作業スペースの棚の作る場所や大きさまで予測するのは不可能
結果、高機能な配置と作業しやすい環境は、後から手直しするしかないのだ。

厨房設備などを設計する人は、経験で設計できるところがすばらしい。




[PR]
by dug-wara | 2016-02-07 23:37 | Comments(0)

屋根の修理と内装工事

この家に引っ越してきたときから補修対象ではあったが、それなりにハードルが高いので
放置していたトイレと洗濯機の小屋の屋根が、逆勾配でうまく機能していなかったのを
小屋の柱を短くして屋根と同じ方向に勾配を修正してとたんを張り替えた。
あわせて内装がぼろぼろだったので構造合板で張りなおした。

トイレの機能を改修するのは次回としてトイレ、流し場はきれいな状態になった。
棚を作りつけて今回の補修はおしまい。

後からの補修は正確な寸法どおりにできないので最後の仕上げを後日する。

補修したい箇所がたくさんあって順番にできることを絞って対応中。



[PR]
by dug-wara | 2016-02-04 20:57 | Comments(0)