<   2016年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

黒豆きなこ

黒豆きなこをずっと使ってもらっているお菓子職人の友人がパートナーと
我が家にきてくれた。

イベント出店を始めたころ、いろいろなご縁でつながった友人の作るお菓子は
独創性のあるオーガニックなおやつで、何度も送ってもらっては一瞬のうちに
食べてしまうほどのおいしさで、千葉から横浜に場所を移してからは、
なかなか会うこともできなかった。

パートナーは農業を仕事にするために奮闘中、若さで広大な田んぼと畑を
栽培している。我が家と考え方がかなり近くて、規模も大きいので
自然農として活躍するだろう。

あっという間の3時間、様々な話で盛り上がった。

有機栽培やオーガニックという言葉が、当たり前になることが夢でなく
流通の世界ではまだコンマ18%といわれている有機栽培をどのように増やすことができるかを
チャレンジできることは何かを考える時期が来たと思うこのごろ。

[PR]
by dug-wara | 2016-08-31 12:39 | Comments(0)

台風が逸れた

台風が逸れて東北方面に進んでいる。
正直なところ我が家の田んぼは来月早々に稲刈りができそうだ。
東北方面はかなり勢力の強い台風の直撃で、農家の人たちは無事に過ぎ去ってほしいと祈っていると思う。
気持ちだけはそちらにも気を配りつつ、今日は眠れない夜になりそうだ。

今日の田んぼは稲刈りをするコンバインが数台、まだ乾燥機に余裕のある分を収穫している様子。



[PR]
by dug-wara | 2016-08-29 17:47 | Comments(0)

色あざやかなとうもろこし

多色の混ざったとうもろこしを栽培、収穫しているが
生物多様性的にはすばらしい。
乾燥してから眺めている段階。

いくつかの傾向があってグループ化して栽培するか、
交雑を目的に混ぜて播種するか?

来年以降楽しみなとうもろこし栽培


[PR]
by dug-wara | 2016-08-27 15:35 | Comments(0)

あと2日

27日まで晴れが続きそうだ。

我が家の田んぼは倒れ掛かっていた稲が少し立ち直ってきた。
水の多い場所はどうしても倒れるのであぜを切って稲の株を抜いて
水路を作って排水の筋を作る。

9月のはじめには収穫もしたいけどお天気次第・・・・

排水路を充実させて収穫時期を遅らしても大丈夫という作戦
思い通りにはならない天気

[PR]
by dug-wara | 2016-08-25 18:11 | Comments(0)

田んぼの点検

我が家の栽培しているお米はコシヒカリ
白米での味に定評がある。しかし、台風で倒れやすい。
毎日の雨で足元の根っこが緩んでいるので、
踏ん張った稲も柔らかく倒れやすくなっている様子。

あとは神頼み!
と、注連縄の藁も乾かない・・・・

そういえばまだ田んぼを始めたころ、イセヒカリという品種は
伊勢湾台風でも倒れなかったという伝説付きで確かに倒れにくかった。
茎が太くて収穫時期はコシヒカリより遅いので9月後半だと
やっぱり倒れるけどね。リスクオフの田んぼとしては有効か?


[PR]
by dug-wara | 2016-08-24 13:00 | Comments(0)

台風通過中

低気圧で、だるくて何をするわけでもなくゆっくりしている。

今が収穫時期のおとなりの田んぼは重なる大雨で土が緩んでいる、我が家の無肥料の田んぼでも
乾かないぬかるんだところから少しずつ倒れている。

これだけ広範囲に倒れるのは肥料の入れすぎや苗つくりの問題でなく明らかな水害
地元で昨日刈り込んだ田んぼは暗渠が良くできているのか、キャタピラーのあともないくらいだ。

倒れた稲はすでに水分を吸い上げるチカラも弱くなっているのでさらに乾かないという悪循環
去年は乾かないといいながら収穫できたが今年は収穫ができそうもない田んぼもあるようだ。

雨が上がってくれるのを祈る毎日、遅く田植えした我が家もタイムリミットが近づいている。




[PR]
by dug-wara | 2016-08-22 10:27 | Comments(0)

空芯菜

空芯菜を収穫した。

今年初めての収穫
新芽を摘んで全体の姿の成長を予測してトリミング

一食分を収穫して残りは明日以降に残しておく。
赤紫蘇もそろそろ2回目の収穫
紫蘇ジュースをストックする。

色鮮やかなポップコーンの豆も徐々に収穫中。
1本のとうもろこしに紫、青、緑、黄色、赤、オレンジ、白など
豆の色が一粒ずつ違うとうもろこしは観賞用にとてもたのしい

5月ころネットで20粒500円とかで販売していた。
こんな高いと大切に育てて、美味しいか確かめてみようと
栽培してみた。
驚いたことにひとつの種が成長すると分けつを始めて
1株あたり5本くらいの効率のよさ!
すでに20本くらい収穫
その中で2本がとてもきれいなサンプルのような美しさ
さて遺伝子をどのように寄せてみようか?


[PR]
by dug-wara | 2016-08-20 20:57 | Comments(0)

稲わら

雨で濡れていた注連縄の稲ワラをポップコーン小屋で強制乾燥した。

多少乾いた状態でハウスに移動して広げて乾燥している。
この天気でどこまで乾いてくれるか?

今日は茂原方面に出かけたが、雨の直後なのに
コンバインで稲刈りをした田んぼが10%くらい。
水路を作ったりしている田んぼが10%
残りの半分40%はほぼ倒れている。
半分の40%は倒れずにいる。

我が家の田んぼもほぼ無事
肥料は一部に実験的に菜種かすを散布している。
育ちは良いが出穂は遅くなる傾向

即効性があるので天気の具合での利用方法は有効だと思う。

今年の天気は雨がまとめて何回も降るので、半分以上は倒れている。
去年の秋が早まった印象

晴れが続いたら収穫を始める。
コンバインが良いのだけど今年はお願いできる農家は期待できないので
バインダーとハーベスタという古式収穫方法で天日干し、のんびりやるかな?




[PR]
by dug-wara | 2016-08-19 22:45 | Comments(0)

注連縄用の稲

大多喜の田んぼはどこでも台風と昨日からの雷の雨で倒壊直前

我が家はまだ実が入っていないのかほぼ無事
晴れて収穫したいけどまだ水が溜まっていてコンバインは入れない

我が家の注連縄用の稲が穂が膨らんできたので来年の種の分を残して収穫
今年は明日からの天気を見ながらポップコーンの部屋で強制乾燥

一晩乾燥させてから明日天日干し

今年も何とか注連縄をなうことができそうだ。


[PR]
by dug-wara | 2016-08-18 18:13 | Comments(0)

山下清

「みんなが爆弾なんかつくらないできれいな花火ばかりつくっていたらきっと戦争なんて起きなかったんだな」山下清
[PR]
by dug-wara | 2016-08-16 17:19 | Comments(0)