<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

年越しの準備

30日朝からいろいろ準備

お飾りを飾ってから

神社の掃除、境内を掃き清めて階段を掃除、鳥居の周りまで清掃

帰りにヤギのえさの菜の花を収穫して帰宅

姉が娘と孫二人を連れて来多喜、一日遊ぶ。

子供の成長を楽しみながら、外の陽だまりでみんなで注連縄を作ったり

縄跳びをしたりたのしい時間があっという間に過ぎてゆく。

焼き芋とうどんと焼餅、ご飯の後はケーキとプリンでおなかいっぱい。

家族がそろうよい晦日。



[PR]
by dug-wara | 2016-12-31 02:30 | Comments(0)

小落花

小落花とは小さな落花生で、千葉の名産半立てやおおまさりなどの品種とは
違って、小さな殻に入っている。
地元のおばあちゃんなどは味噌ピーにするにはこれがいいとか聞いていた。
今までは半立てを栽培して、食べていたが小落花の種を仕入れて育ててみた。
小さいからなので種を取り出すのに力も要らないし、収穫後の作業が楽にできた。

味噌ピーを作ってみようとまずは麴の仕込から・・・

[PR]
by dug-wara | 2016-12-20 01:24 | Comments(0)

甘酒

早朝から準備して甘酒の仕込み

14時までに作業を仕上げて、ポップコーンの配達とあつまんべ市に出店している
友人たちのお店でお買い物

パンとレバーの燻製を買ってきた。
レバーの燻製は癖になるおいしさ、燻製にしたときに元の大きさからだいぶ小さくなる分
濃厚な味わいだ。



[PR]
by dug-wara | 2016-12-18 18:46 | Comments(0)

焼き芋シルクスウィート

新しい品種の芋をもらったので早速焼き芋にした。
我が家の周辺の大きなスーパーでは、安納芋とシルクスウィートを焼いている。
初めてのシルクスウィートは懐かしいおいしさに焼きあがった。

来年の品種をどうするか悩むところだなぁ

一番の特徴は皮がとてもおいしかったことかな



[PR]
by dug-wara | 2016-12-18 18:42 | Comments(0)

黒豆の脱穀

縁側の軒下にぶら下がっていた黒豆を脱穀した。
今年は来年の種になればと消極的な栽培だったので数時間で終了。
大まかにゴミ取りをしてふるいにかけて袋にしまった。
冬の室内作業の選別で種と食用に選別する。

地域の人は、今年は雨でだめで、去年からだめという人も多いらしい。
栽培時期を前後にずらして来年以降の栽培を考えてみるが、
豆にするまでの手間がかかるので枝豆程度に栽培量を抑えて
さらにいくつか方法を考えてみる。
栽培品種の変更も・・・・




[PR]
by dug-wara | 2016-12-17 21:09 | Comments(0)

焼き芋

焼き芋が絶好調!

どんなスィーツよりも我が家の焼き芋はおいしいと思う。

ドラム缶で作った焼き芋製造機からかまどにダッチオーブンで作る焼き芋を経て
最終的に三河七輪にダッチオーブンで炭で火をおこしてじっくり作る。

芋もはじめは地元の定番べにあずまで作り始めたが、世間では安納芋と騒がれ
最終的にべにはるかという品種が出てきた。
紅はるかは育てやすくたくさん芋をつけて順番に大きくなる、さらに冬の寒さにも強く
1月くらいからさらにおいしくなり、ちゃんと保存すれば5月ころまで楽しめる。

ダッチオーブンで石焼芋にするとねっとり甘い焼き芋ができる。
蜜が芋から出てくるので、ぜひお皿で食べてほしい。

芋は我が家で育てた自然栽培ものだ。



[PR]
by dug-wara | 2016-12-11 16:14 | Comments(0)

ちょっと早めの農閑期

今年は大豆の播種も少なく、少しずつ収穫して天日干し
おかげで少しはやめの農閑期がやってきた。

農作業は終わりだが、10年経った家屋の修繕が始まった。
まずはブロックを購入して新しいポップコーン小屋と母屋と穀物倉庫の間の通路を
補修する。
ほかにも電気系統をオフグリッドで太陽光の導入などなど計画済みの作業を準備中

田舎暮らしは季節作業の組み立てからあらゆる作業を自給するので休みはない。
久しぶりに連絡した友人は今日は薪割りとのこと。
それぞれの冬支度が始まっている。



[PR]
by dug-wara | 2016-12-09 22:26 | Comments(0)

黒豆の収穫

あったかい天気でなかなか枯れない黒豆を無理やり収穫
これ以上遅くなると年末のスケジュールがたたない。

大豆を作る時期をこの気候変動でどうしたらよいのか?

テスト栽培でいろいろチャレンジしてみているが結果は出ないなぁ



[PR]
by dug-wara | 2016-12-07 23:01 | Comments(0)

畑の水路調整その2

水路の勾配を調整してきた明日には水が流れて乾き始めるか?

明日からは晴れが続くような予報なので乾いたら大麦をもう一度播種
畑の排水の大切さと田んぼからの転用の難しさを実感している。


[PR]
by dug-wara | 2016-12-03 18:09 | Comments(0)

砂岩

山道の途中にがけから崩れた砂岩がある。

先日は通行のじゃまにならないように避けるだけだった。
今日昔から我が家にあるくぎ抜き・・・・
でもすでに軸が曲がってしまって新しいのがあるので、
昔のくぎ抜きを大きなハンマーでたたいて割ることに成功

一人で持てる大きさに割って自宅の補修に使う分を車で運んだ。
砂岩は徐々に砂になるのでごつごつしなくて良いらしい。

確かに冬の寒さで凍結すると3年くらいで細かく割れて崩壊する。

重い作業もその後、役に立つならと重労働な一日、心地よい疲労感

[PR]
by dug-wara | 2016-12-02 16:54 | Comments(0)