<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雨どいの整備

この山の中では雨どいを付けない建物のほうがよいときもある。
枯葉や杉の枝が雨どいに詰まってしまうのだ。
対策をしたパイプがホームセンターに販売されていて、
網状のパイプで雨は通る、枯葉は落ちると見事な選別。

1年目で2回のメンテナンス。
枯葉がたまって春一番でたくさん枝が落ちた後、
杉の松ぼっくりの小さいような実が落ちる梅雨時あたり

雨どいが傷むことはなくなって雨水があふれることも少ない。

雨水の水路も有効だ。少し掘って砕石と雨どいを埋めて浸透と排水をする。
この時期に確認しながら今回はちょっと大工事。
まずは北側から・・・・

素人なので10年目標でメンテナンス。
10年経って2つの大きな修復をした。
ひとつは雪で勾配の取れなかった屋根に雪が積もって、木部が重さに割れたり、
母屋への接合部の強度不足で、コースレッドから6角ボルトに変更したり、
もうひとつはトイレの屋根を逆勾配だったのを普通に直した。

今回はポップコーン小屋を増築してからの改善点をいくつか工事する。
修繕としては13年目にして始めて春一番で台所前の拡張した屋根が浮いてしまった。
今年は風の強さと風向きが例年と少し違った。屋根の柱の固定を補強する。

そろそろあったかくなって作業もできそうだ。
目標は3月中かな?





[PR]
by dug-wara | 2017-02-28 16:37 | Comments(0)

じゃがいも

去年のジャガイモがもう少し残っている。

そろそろ今年の植え付けの準備をしようと思うのだが、
トラクターの整備が終わらないということで納品が遅れている。

中古でそんなに期待してないが耕す仕事はトラクターが一番かな
調子がよければ一日で仕事が終わる。
毎年同じように作業を進めるのはむずかしい
今年はそらまめをたくさん播種した。収穫時期をずらす方法を検討中。



[PR]
by dug-wara | 2017-02-27 17:05 | Comments(0)

ブラン(ふすま)

ブランの使い方を研究中

パンとお菓子とカレーの職人の友人に送ってレシピ開発中
ブランはカロリーが少ないのにおなかの満足感があってダイエットによいかも

ブランだけではまとまらないので蜂蜜とか粘度のあるものをつなぎにして
焼き固めればおいしい素材で、最終的にどのような姿になるか?
できれば甘くないお菓子のイメージで検討中

ブランのネーミングはほぼ決定!

[PR]
by dug-wara | 2017-02-25 19:29 | Comments(0)

鉄火味噌カレー味

鉄火味噌 好評につき大なべで2杯を2回

味噌を入れて水分が飛んだところで、2回目の半分にカレー粉と
しょうゆ、こしょう、さらに味噌を少し追加してカレー味の鉄火味噌

なかなか味にバランスが取れなくてどうなることかと思ったら
さめて瓶詰めして一日経ったらとてもおいしく出来上がりました。

最近の自然食教室はリマクッキングからの伝統の玄米とおいしい味噌汁と
根菜の煮物、たくあんなどのベーシックな大切な料理のことなど
鉄火味噌の大切さも大事にしたい。

ご飯がおいしい。



[PR]
by dug-wara | 2017-02-19 21:34 | Comments(0)

ふすまとうどん

去年栽培した小麦がうどんとふすまになって戻ってきた。

昼にぶっかけでうどんを食べた。うんおいしい!
小麦を食品倉庫にしまって、ふすまを小分け脱酸素と乾燥剤を入れて保存
袋に合わせて量を決めてダンボールに梱包

まずはレシピをいろいろ試してみる。
こめあめも作ってみようか・・・





[PR]
by dug-wara | 2017-02-18 16:06 | Comments(0)

もう春一番だそうです。

びゅーびゅーと吹き抜ける突風に築100年以上のコミンカは柱がぎしぎし鳴っている。

家中を風が吹いて通り抜けていくような隙間だらけの家なので・・・
山がごうごう音を立ててうなっている。
バケツやダンボールは飛びにくい場所に移動した。

まあ毎年一回はあるけど今年は時期が早くないか?

[PR]
by dug-wara | 2017-02-17 13:37 | Comments(0)

雪が降ってきた。
天気予報にない突然の雪
たぶん街中はまったく問題ないと思われる。
こんなときのためのスタッドレス
一台は去年のうちにタイヤ交換しておいた。

この前の大雪で懲りたのでいつでも移動できるように
一台はスタッドレス
軽トラは4輪駆動なので一応取り付けの簡単なチェーンを4本分

この2台があれば山の中でも安心。

[PR]
by dug-wara | 2017-02-10 15:12 | Comments(0)

データ整理その後

データ整理で使ったSCSI・ USBへの変換コードが
買ったころは定価5200円が今では17800円!
USB2.0対応で24800円!だそうで新しく購入は・・・・考えられないかな

リムーバルのZIPは動作不良で読み出しできず。昔からよく壊れたけど・・・
古いメディアは保存がよくなかったのか半分は使用できなかった。

さてこれからの難問は古いパソコンの内臓HDDのデータ、なかったことにするか?
外付けのケースを再利用して救出するか?
どこまでできるか根気との勝負になってきた。

思えばスティーブジョブスがOSXになったころこれからのパソコンの役目はデジタルハブと
言っていた。そのころはピンと来なかったが、あらゆる記録がデジタル化されたので
保存するデータの量は加速度的に増えている。
フロッピーディスクでやり取りしていた30年前がなつかしい。






[PR]
by dug-wara | 2017-02-03 10:14 | Comments(0)

データ整理

ハードディスクのデータ整理もいよいよ普通につなげるディスクはほぼ終了
昔使っていたZipとJazzというリムーバルディスクからのデータ救出

古いOS9の印刷用のマックにSCSIからUSBへの変換コードでつないで
あいだみつをさんの昔の円融だよりのデータをやっと救出した。
あわせて1999年ころの写真データもたくさん

問題はすべてのデータがphotoshopのデータで古いマックでは標準だったので
開けるけど最近のパソコンには入れてないので・・・・

そうかデータも将来開けるかわからないんだなぁ
何せ昔のデータを古いパソコンでコピーするのも大変な時間がかかるし
すべてが読み出せるとは限らないのでデータチェックしてディスクの壊れる前にと・・・

1Gバイトのデータを読み込むのには数時間かかるようだ。
まめにデータ整理するのがよいのだけどね・・・・

[PR]
by dug-wara | 2017-02-02 21:58 | Comments(0)