<   2017年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

天日干しと冬の畑しごと

除湿機で乾燥途中のみどりもちの籾を天日干しした。

お日様のチカラで一気に乾燥度を上げて一安心、多少は湿度が高くても冬の乾燥した日々で

湿度が下がったころ、脱酸素保存に切り替える。

残りの田んぼも徐々に乾いて11月に入ってから稲刈りをする。

バインダーを洗浄してタイヤの空気圧を調整してメンテナンス。

いよいよ来春収穫の畑仕事に取り掛かる。

まずは耕してある畑を一気にトラクターで芽が出始めた雑草をロータリーで押さえ込んで

麦とサヤエンドウ、スナップエンドウ、ソラマメを播種

残りはたまねぎの定植、結局2回の台風で半分生き残った苗と残りは購入予定で・・・

まだたまねぎはハードルが高いなぁ



[PR]
by dug-wara | 2017-10-31 17:37 | Comments(0)

台風も過ぎて手刈りで稲刈り

台風が過ぎて水没している一部の稲を手刈りで救出

軽トラに半分くらいあったのですぐに脱穀、除湿機の入った部屋で乾燥する。

明日は天日干しができそうだ。

この手順なら毎日少しずつできるので、徐々に刈りながら田んぼの乾くのを待つ。




[PR]
by dug-wara | 2017-10-30 17:14 | Comments(0)

台風22号

台風が今通過中

風もたいしたことないようなので、そのままの我が家

雨の過ぎ去るのをじっと待っている。

今日は山道で木更津まで出かけて帰宅して子供を近所まで送迎

大雨のなか普通に用事を済ませてきた。

3時ころがすごい雨だったが予報では8時過ぎがピークとのこと。

先日収穫した緑もちを天日干し死体のだが明日は晴れても湿気が高そう

明日は残り一枚の田んぼの稲で水没している分を救出する予定。

明日からは晴れが続く予定なので、収穫できる日を待って残りの稲刈り

そして小麦の播種を準備する。

いよいよ年末にかけてのスケジュールをこなす日々に突入!

[PR]
by dug-wara | 2017-10-29 19:27 | Comments(0)

えだまめ、白菜

枝豆が旬だ。

黒豆の枝豆がぷっくり膨れて、一瞬で終わってしまう旬なので楽しんでいる。

枝豆で食べる時期が過ぎると黒豆として収穫するまで待つことになる。

白菜もまだまきはじめの若い時期から食べ初めて、おいしさの変化を観察中

白菜の芯は水耕栽培で成長するエネルギーを感じながら観察中

ブロッコリーは確実に立ち直っている。



[PR]
by dug-wara | 2017-10-28 02:55 | Comments(0)

みどりもち稲刈りその1

やっと晴れた瞬間に稲刈りその1

栽培中は田んぼの水がすぐにもれてしまう田んぼも稲刈りの時は

すぐに水が引いてくれるので、2日間の晴れ間でそこそこバインダーも

稼動できる状態になった。

コンバインより軽いバインダーなのでどろどろになりながらも順調な動作

途中バインダーの紐が切れるのも一回だけで順調な稲刈り

自宅でハーベスタですぐに脱穀、だいぶ乾いている籾なので、乾燥室で

晴れの日まで保管して、晴れたら天日干し

今年はなぜか収量もそこそこで保管場所の片付けを本格的にすることになった。

来週、もう一枚の田んぼの稲刈りまで倒れてしまいそうな株だけ手刈り天日干し

地盤が乾きにくい場所に溝を作って排水とできることはこなした。

来週は晴れ間が続くらしいので残りの収穫もできそう。

稲刈りの合間に次の畑作業の準備もできるか?



[PR]
by dug-wara | 2017-10-28 02:43 | Comments(0)

稲刈りテスト

今日と明日は完璧な晴れ予報

ということで明日の稲刈り前のテスト。

田んぼの四隅を課まで刈り取ってバインダーで束ねて結ぶという作業を機械でこなしてゆく

問題ないことを確認して明日の作業の前に脱穀までハーベスタで脱穀のテスト

すべて順調に完了して本日の作業終了

明日は朝からバインダーで刈り取って軽トラで運んで脱穀という流れを2回に分けて完了する。

脱穀したもみはまだ水分が高いので晴れた日に天日干し

今回収穫するのはみどりもちの田んぼの半分残りは11月に入って田んぼが乾いてから

おいしいもち米がたくさん収穫できますように

[PR]
by dug-wara | 2017-10-26 19:24 | Comments(0)

台風、晴れ、雨、晴れ、晴れ・・・

いやぁ予測のつかない天気で稲刈りも仮のスケジュールで明日テスト、

あさって強行の予定がどうなるか?

台風の被害も場所が違えば様子もさまざまだ。

白菜も株ごと飛んで行ってしまったという話を聞いて

多少傾くぐらいはましなほうらしい。

キャベツも寒冷紗のおかげで葉っぱも元気

今年は黒豆の収穫が不作だと思うが枝豆の実は徐々に充実してきた。

4日でこうも変わるかと思うが、実の入り方がいつもと違うような・・・

しかし、実のつき方はよい感じだ。



[PR]
by dug-wara | 2017-10-25 15:16 | Comments(0)

台風の跡

台風が去って、雨が上がってからまずは道路の確認

小枝がたくさん落ちているが特に走行に支障なし

自宅に戻って風ではがれた雨よけのシートを確認、

しばらくお日様が乾かしてくれるのを待って養生する。

田んぼと畑の確認に出かける。

田んぼは一部傾いているが影響なし

畑のなすとオクラは葉っぱが切れたりで終了

黒豆は倒れてるけど水路があるので水没はしていない

白菜、だいこんは寒冷紗が飛んで斜めになっているがまぁ大丈夫か?

にんにくはこの雨模様で一週間無事発芽している

キャベツは被害なし

水路を掘って畑の水抜き

ブロッコリーは寝ているが根っこはしっかりしているので立ち上がると思う

にんじんほうれん草春菊小松菜からし菜はまだ小さいのでほぼ被害なし

といつもの台風が来て畑に行ってがっかりというほどの被害はなかった。

先週の元気な冬野菜たちがどこまで自分たちの力で立ち直るか?

水が引いたら来春収穫の野菜たちの種まきもできそうだ。

冬の来る前に畑仕事を当分楽しめそうだ。

今日は巻き始めた白菜と間引きした大根を食べてみる。



[PR]
by dug-wara | 2017-10-23 13:26 | Comments(0)

大多喜町がニュースに載るのは大雨の時

大多喜町を流れる夷隅川の水位が上がってくるころだ。

海のほうでは満潮が近づいて河川の水位が上がってくるころかな。

そして明け方の雨が無事すぎればと思いながら河川の推移を表示するWEBを

見つけてチェックしている。

大多喜病院の近くはまだぎりぎり大丈夫なようで、いつも気になる場所で

子供の通学路でもあるが明日はお休みだそうで総合的に大丈夫そうだ。

わが地区のがけが少し崩れるか?でもいつものこと、出歩かなければ大丈夫。

雨が止んでから軽トラで状況確認して問題がなければいつもの生活に戻る。

以前にがけ崩れが2回ほど道路をふさぐほどのことがあった。

河川を土砂でふさいで氾濫したこともあった。

自然には対策をしてもかなわないことを経験している。

ライフラインの水と電話と電気があればしばらくは大丈夫。

現状では停電すると電話や水道も問題はある。

電話は携帯を車か発電機で充電すれば何とか通じる。

さらに昔の黒電話ならそのまま使える。

水道は5日間は水道局のタンクで保てる。

冷凍庫の保存してある食料は早く処理しないととか

細かいことはいろいろ対策が必要になる。

前回の停電の経験で対策として車から100vの電気が取れるアダプターを購入した。

灯油も予備を用意してある。

明日になれば日常に戻っていると願っている。





[PR]
by dug-wara | 2017-10-22 17:11 | Comments(0)

台風が過ぎて明日から晴れ

土砂崩れがなければ明日からの晴れでやっともち米の収穫ができると思われる。

しばらくは田んぼが乾くように待ちながら、機材の整備エンジンの点検など

資材の確認と天日干しと準備をする倉庫は去年のお米はすでに移動してあるので

掃除して乾燥機で乾かしておく。

10月の晴れ間に予定していた来春の種まきも時間が空いたときに徐々に・・・

雨で待機している間のテンションからスタンバイモードへ

まずはTODOリストつくりから・・・・


[PR]
by dug-wara | 2017-10-22 13:22 | Comments(0)