あっという間に大晦日

クリスマスコンサートを楽しんで、実家の墓参りをして

年末の準備と思っていたら、インフルエンザがやってきた。

年末のお届けものを配る予定を、宅配便にお願いして、

神社の掃除を子供たちにお願いして、

大晦日がやってきた。

伊藤地区の正月ももう10年以上になる。餅つきやお飾り作り

正月の準備もしながら年末のあわただしさをやり過ごすのも

徐々に時間をゆっくりすごすことができるようになった。

今年もいいこと悪いことあわせてプラマイゼロといったところかな。

[PR]
# by dug-wara | 2017-12-31 17:33 | Comments(0)

黒豆の選別

年内に終わらせたい選別作業

黒豆を今までは選別作業をしてからふるいにかけて、大きい、中くらい、小粒

と分けていたのだが今年は小粒を先に分けてみた。分けた後の作業がしやすかったので

さらに大粒を篩で分けてから選別をすると作業がとても楽しい。

どちらにしても手作業で、大粒は全体の2割もない、さらに厳しい選別で残った豆は

きれいでとても美しい。

一粒づつ形や大きさは違う。その個性も大切と思う。

選別って微妙な作業でもあるなぁ。

我が家の場合は選別して残った豆はヤギさんがおいしいと食べてくれる。

さらにちょっと木になった豆は早めにおいしく食べてしまう。

ということで残すところなく消費できる。



[PR]
# by dug-wara | 2017-12-25 07:10 | Comments(0)

餅つき

年末のお土産用の餅つき

先日玄米の餅を搗いたので、今回は古代米を精白した餅で

鏡餅と伸し餅を作った。

脱穀の機会でまざってしまった小麦を一粒ずつ手作業で選別するのを

子供と作業した。子供の手は小さいので麦の粒をつかみやすいようだ。

年末を迎えての作業は続く・・・・。

蒸篭で一時間ほど蒸して保存用にいつものジップロックに分けて

手で丸々とこねて鏡餅をつくって、おいしいおしることしょうゆ餅でお昼ご飯



[PR]
# by dug-wara | 2017-12-24 09:42 | Comments(0)

ひたすら選別

小麦の選別から始まって、黒豆の脱穀、みどりもちの籾摺りまで重なって

小麦は混ざったからすのエンドウをふるいにかけてから手作業で選別

黒豆は板に叩いて脱穀してふるいにかけてからごみ取りと虫食いを選別

みどりもちは玄米もちを作るのにもみのままの米をはねてから、

脱穀のときに混ざった小麦を選別

無我の境地で時間との戦い、徐々に工夫して

小麦は道具の進化で、初期より数倍の速さで選別できるようになった。

玄米はゴザがポイントでハケも使って効率化

黒豆は篩の目を大きくして選別してから細かい目で小さいものを拾うようにした。

基本は振動と転がりで微妙な加減で出来高が大きく変わる。

篩も新しいものは精度がよく効率的だ。

刷毛はいろいろ試している。人の指にはできない均一な作業でスピードアップ

選別の基準を厳しくすると仕上がりはとてもきれいだが時間がかかるし、

歩留まりの効率も落ちる。手作業で時間の空いたときに少しずつ・・・











[PR]
# by dug-wara | 2017-12-17 20:22 | Comments(0)

餅つき

明日は今年初の餅つき

古代米の玄米もちと精白したもちを作る。

我が家のもちはみどりもちという古代米100%のきれのよさとお米の香りのよさが特徴

この時期のお土産やお世話になっている方へのお歳暮代わりに作っている。

一日に作れる量も限られているので年末までは何回かつくる。

搗いたときの余りを食べるのが特においしい!



[PR]
# by dug-wara | 2017-12-14 19:57 | Comments(0)

キャベツとブロッコリー

白菜と大根は毎日食べる定番になっている。

ブロッコリーがわき芽をつけ始めたので茎を長めにカットして初物を2本収穫

やわらかくておいしい

大きくなった順番に毎日収穫可能

キャベツと白菜もそろそろ大きくなってきたので、白菜は漬物にキャベツはいろいろな料理で

今年は冬野菜がたくさんで安心な食卓で満足!



[PR]
# by dug-wara | 2017-12-14 19:12 | Comments(0)

畑の片づけが終了

黒豆の畑の片付けと同じ畑の黒マルチの撤去が終わった。

トラクターで耕して来年の春に畝たてで栽培する作物を検討中

一年を通して田んぼからの水が流れてくるので水路を完備しておく必要がある。

水の好きな作物で放置しやすいのはサトイモやかぼちゃか?


[PR]
# by dug-wara | 2017-12-13 19:09 | Comments(0)

ノーベル平和賞のセレモニーで、ボブマーレイの曲が演奏された。

John Legend performs live "Redemption Song" by Bob Marley at 2017 Nobel Peace Prize award ceremony


[PR]
# by dug-wara | 2017-12-13 09:08 | Comments(0)

黒豆の畑の片付け

黒豆の脱穀も2割ほど、乾燥の具合を見ながら来週には何とか終わらせたい。

黒豆の畑の雑草を焼き払って、お隣にあったなすとオクラの黒マルチをはがしたら

トラクターで耕して来年の準備、来年もこの畑は畝たてをして使う。

オクラやナスの根っこはまだ元気で人力では抜けないくらいなので

草刈で刈り取ってトラクターでやっつける。

晴れが続くと畑の作業もはかどる。

来客があったりしながらも時間を見てできることから少しずつ・・・・

[PR]
# by dug-wara | 2017-12-12 20:09 | Comments(0)

黒豆の脱穀

今日は天気もよいので、テントを張って周りをネットで囲って

風が強いのでテントを固定して黒豆の脱穀だ。

3年前に近所の農協の脱穀機と選別機が使えなくなって

たくさん作るのをあきらめた大豆栽培も少量なら手作業で脱穀できる。

今日はまた乾燥していない分を除いて60%くらいを2時間で脱穀

その後1時間ほどでごみ取りと篩をかけて米袋に10キロくらいを2つに分けて

作業終了、しばらく放置してある程度乾燥したら選別をする。

明日から日中も寒くなるとの予報で風も強いけどやってよかった。

風が強いので埃も風で飛んでいくので作業がしやすかった。

いつものマスクとサングラス(豆の防御用)と手ぬぐいをかぶって

ズボンを長靴の外にかぶせての作業、途中配達に来た郵便局の人はその格好に

びっくりしていた。

[PR]
# by dug-wara | 2017-12-11 22:31 | Comments(0)

不耕作地が増えている。

田んぼを休む休耕田が増えているらしい。

近所にたくさん稲作をしている人がいなくなるとその周辺は一気に不耕作地になってしまう。

昨日もそんな話がいくつか出ていたが、すでに機械の更新も終わっている農家が

新しい田んぼをやる余裕はない。

古い大型の機械を持っている方は年齢的に限界がある。

日本の農業はそろそろ限界を感じ始めている。

農地転用のための仕組みだけが徐々に動き始めている。

将来は田んぼは大手企業の所有物になってしまうのかなぁ?

とちょっと不安なこの頃、現在の農業のあり方が変わってしまうと

田んぼも借りられなくなってしまう可能性もある。

自前で確保しても周りの環境はどうなることやら

[PR]
# by dug-wara | 2017-12-10 19:29 | Comments(0)

黒豆を天日干し

田んぼのおだがけのように種竿を組んで黒豆を干している。

昨日は大雨と零下の気温で倒壊したので畑で竿たてで使うアンカーで

両端を固定して手で押すくらいならびくともしないように補強した。

この方法は田んぼでも使えるかも・・・・

さらにブルーシートで養生してあともう少し干したら脱穀ができる。



[PR]
# by dug-wara | 2017-12-10 19:21 | Comments(0)

黒豆収穫完了!

今年播種した黒豆をすべて収穫終わった。

明日は雨なので過保護なブルーシート養生をして、

翌日から乾燥した順にぼちぼち手作業で脱穀を始める。

今年は水の多い場所に畝たてをして播種して夏の開花時期には

田んぼに入れる用水から畝間にたっぷり流し込んでみた。

結果として用水が十分届いた場所は充実した株に成長した。

さて脱穀後の収量は?



[PR]
# by dug-wara | 2017-12-07 19:10 | Comments(0)

黒豆の収穫

黒豆を徐々に収穫中

今年は畝を立てて蒔いたのがよかったのかそこそこの収穫量

畑で束ねて自宅におだがけの用に作った竹竿にぶら下げて乾燥中

夜露を避けるように夜間はブルーシートで覆っている。

あと半分くらい

[PR]
# by dug-wara | 2017-12-06 08:31 | Comments(0)

小麦がやっと発芽

大雨で発芽がそろわなかった小麦がやっと発芽している。

まだ土が湿っていて発芽しない場所もあるので、

管理機で畝間をV字に掘って乾燥させてみる。

今年は畝間を3倍の90センチにして種の量を3倍にして

管理機で作業できるようにという作戦。

種まきも刈り取りも3分の1の労力で収穫量が同じなら大成功となるはずが

大雨で最初から3週間の遅れ・・・・どうなることやら・・・

[PR]
# by dug-wara | 2017-12-02 18:58 | Comments(0)

紅葉

我が家の周りの山は、紅葉が見ごろになって真っ赤な紅葉から、

少し黄色が混じったのまでカラフルに深い色合いでとてもきれいだ。

もうすぐ葉が散ると春の芽吹きの時期まで冬景色になる。


[PR]
# by dug-wara | 2017-12-01 11:55 | Comments(0)

レーザープリンターその後

レーザープリンターのトナーとドラムの交換部品をリサイクルもので頼んでみた。

きれいに印刷できなかったので注文した会社に連絡をしたところ丁寧な対応で

交換を申し出てくれた。が、結果的にキャンセルした。

しかし、トナーの発注から2週間が経つころでも印刷ができないストレスで

純正品が安くなっていることも発見して、純正品に切り替えて使用することにした。

業務にも使用するのでプリンターが使えないストレスに耐えられなかった。

純正品ならちゃんと動くことが保証されている。業務に使用するのに

確かに数年前は半額以下で純正に勝るような対応や品質だったが

今はリサイクル品を扱うWEBの会社が乱立していて選択できない。

大手通販の会社とかほかの実績と信用で選ぶしかない。

結果メーカーレベルの信用は純正品という結論だ。

使い始めてすでに20年近いがまったく問題のないプリンターを作ったブラザーは

すばらしい。





[PR]
# by dug-wara | 2017-11-19 22:34 | Comments(0)

水道の漏水

先日、実家の水道メーターを点検した方から漏水しているとのこと。

対応するにも過去のデータは残っていないしといろいろ調べて県水道の

工事業者を調べてお願いした。

今日の朝から漏水箇所を調べて2時間ほどで修理完了

ドイツ製の漏水検査の機械がポイントだったかな?

我が家の水道工事からすでに40年以上経っているので、これでしばらくは大丈夫!







[PR]
# by dug-wara | 2017-11-16 13:01 | Comments(0)

かぼちゃのオーブン焼き(おすすめ)

かぼちゃがほぼ完熟の時期になった。

おいしい料理は手間いらず、素材の味をしっかり味わいましょう。

かぼちゃはへたの方に包丁を指して反対のへその方にてこの原理で

かぼちゃをしっかり抑えて切れば力もかけずに、葉の部分はかぼちゃの中なので

無理せずにサクッと切れます。半分からは裏返して入れます。

ポイントはかぼちゃはへた側が厚みがあっておへそのほうが薄い。

半分に切ったら、スプーンで種を取り出す。

まな板に切った面を下にして置いて、厚さ1.5センチから2.5センチでそろえて

トレイにおいしい油を少したらし、焼く上面にかける。

塩を少々、好みで胡椒やガラムマサラなどもふりかけてオーブンやトースターで

15分から20分トレイが少し焦げるくらいまで焼く。

時間が過ぎてもさめるまで少し放置

おいしさの秘密はかぼちゃのうまみが焼くことで水分が飛んで凝縮することだと思う。

そのままでたべたり野菜にはさんで食べたりで、とてもおいしく食べられる。

[PR]
# by dug-wara | 2017-11-14 11:57 | Comments(0)

小麦の播種まで終わった。

今年の農作業の播種は今回の小麦で終了。

播種方法をさらに変更して収穫までの作業を簡素化

空いている畑にすべて播種した。

昨日と前日にトラクターで耕しておいたので播種機ごんべえも快調な動きで

最初の2反は2時間ほどで終わった、しかし残りの畑の分の種が不足したので

家に戻って小麦の餞別作業をしてから午後に残りの畑の約1反ほどに播種した。

お天気の都合で、晴れの続く日を選んで丁寧に耕したのでとてもスムーズな作業

トラクターも今年から新しくなった(といっても中古)ので平らな仕上がりで

管理機での仕上げも必要なしの手間いらず。

そして夜半からの雨が、予定通り降ってこれで一気に発芽する見込み

天気と相談しながらの畑作業は予定通り進むと、とてもスムーズ

残る作業は黒豆の収穫、しばらくは作業もお休み。



[PR]
# by dug-wara | 2017-11-13 22:29 | Comments(0)

かぼちゃ

かぼちゃの収穫からそろそろ3ヶ月が過ぎて、そろそろ保存期間も過ぎて

いたみ始めるのも出てきた。3日ごとにチェックしていたみ始めたかぼちゃから順番に

食べている。サツマイモと同じでいたみ始めたころが一番おいしい。

一番のメニューはオーブン焼きでトレイに並べたかぼちゃが60%くらいに濃縮されて

かぼちゃのうまみが凝縮されて味わえる。

水分の多少多いロロンという品種はいたみにくいと思われる。

かぼちゃも種類によって保存期間も異なるようだ。

[PR]
# by dug-wara | 2017-11-11 19:39 | Comments(0)

さやえんどう、スナップエンドウ、ソラマメ

さやえんどうとスナップエンドウで1畝、

ソラマメを選別して道路沿いの畑に一列と一番奥の三角の畑に播種した。

ソラマメは厳しく選別して大きくて形のよいものを2つずつ播種

さやえんどうとスナップエンドウは交互に混ぜて播種した。

夕方までトラクターで小麦の播種予定の畑を耕して乾燥させて準備

明日は時間が取れないので土曜日にもう一回耕して準備完了。

残るのは小麦だけ!

来年へ持ち越しの課題は春キャベツだなぁ

[PR]
# by dug-wara | 2017-11-09 19:17 | Comments(0)

小麦の選別

小麦の選別とりあえず播種する分を二つの道具、

ふるいとばんじゅうを使って種になる分を選別

選別が実際どのような味に進化できるか?

今年は播種方法も新しい方法に切り替えて、

いろいろ実験をしてみる。



[PR]
# by dug-wara | 2017-11-08 14:48 | Comments(0)

たまねぎの自家苗を定植

たまねぎの自家苗を定植した。

販売している苗も定植して比較するつもりだが、

まだ苗があまり販売されていない。

我が家の苗がどの程度のたまねぎになるのか?

初めてなのでまったく検討もつかない。

苗を探しつつ、春以降収穫の種まきを準備する。



[PR]
# by dug-wara | 2017-11-07 19:01 | Comments(0)

稲刈りが終わった!

10月の長雨と台風で少しずつ刈っていた稲刈りの最後、

バインダーに湿田用の6角タイヤを装てんしてスムーズに残り3畝ほどを

刈り取って、軽トラに満載して自宅に運んではーベスタで脱穀

まだお昼前だったのでそのまま天日干し、明日まで晴れの天気予報を信じて

今日は屋外でシートにくるんで保管する。

明日、一日天日干ししてから保管倉庫に収納する。



[PR]
# by dug-wara | 2017-11-06 14:26 | Comments(0)

レーザープリンター

モノクロのレーザープリンターを使い始めて、そろそろ15年は過ぎていると思われるが

いまだに現役、トナーも徐々に安くなって、感光ドラムも交換式なので部品劣化がないので

モノクロ印刷はずっとこの機械で済ませている。

今ではネットワーク対応とかファックス機能とか複合機が多いけど、パソコンも印刷用に使っているのは

いまだにMACのOS9のパソコンを使っている。

デスクトップのパソコンで液晶もその時代のもの、プリンターもまったく問題なく稼動する。

パソコンの電源部だけ予備の同じモデルと交換したがHDDも80Gbyteで十分稼動している。

ひとつ問題なのはこの機種以前のデータがこの機械でしか読めなくなっていることか。

ラベル印刷でバーコードが必要になって一部ウィンドウズも使っているがまだまだ現役だ。

トナーが少なくなったのでドラムとトナーをリサイクル品で注文して交換する。



[PR]
# by dug-wara | 2017-11-05 20:50 | Comments(0)

枝豆

我が家の枝豆も徐々に畑が枯れ初めてまめの鞘はきいろくなって鞘の中の豆も黒くなってきた。それでもまだ青々とした株を選んで食べている。豆が黒くなり始めると枝豆の甘いおいしさが、黒豆の味に変化し始めてゆでるだけでは食感がもくもくしていて豆になりつつある。枝豆ディップとして豆腐やおいしいオイルとあわせてフードプロセッサーでまぜるとまだまだおいしいのだが手間もかかるしそろそろ枯れるのを待つ段階だ。さて収穫して乾燥させる方法を考えると収穫時期は遅いほうがよいと思われる。今年は水路をあらかじめ畝を立てて作っておいたのがよかったようで豆のできもそこそこと思われる。
[PR]
# by dug-wara | 2017-11-05 20:38 | Comments(0)

家族で稲刈り

みどりもちの田んぼの稲刈りを家族4人で午前中作業

水の多いところを手刈りで、麻紐で縛って軽トラに載せて自宅ではーベスタで脱穀して天日干し

田んぼのあぜを切って水が流れるようにして田んぼを乾かす緊急事態

あぜの補修はあとで考えるとして枯れ始めそうなみどりもちを乾燥した田んぼで

バインダーで刈り取ってしまうことが最優先

明日一日乾かして月曜日に脱穀できればよいなぁと期待しつつ残り3畝

気分はだいぶ楽になった。

なるようにと、少しずつと刈り取って脱穀して天日乾燥して、

収納場所を確保してと、10月半ばに終わるはずの作業が続いている。

予測のつかない天気、家族の日程などの予定も天気で変更になって

まあそれでもなるようになるさ!と気楽に構えていざ手刈りのときは

気合を入れて・・・作業の後の疲れは葛根湯が自分にはとてもよく回復してくれる。

[PR]
# by dug-wara | 2017-11-04 21:10 | Comments(0)

ジャンボにんにくのむかご

9月に播種したむかごから目が出始めた。

今年はこのまま栽培して来年の種になるように育ててみる。

発芽率50%くらいか?

もう少し早く播種するとか方法がありそうだ。

一ヶ月以上発芽に時間がかかったのは発芽するような生命体になるまでに時間がかかったのか?

まったく知識もなくむかごの殻を剥いてポット植えの種から発芽したのもどうなっているのか?

とりあえず去年、殻のまま播種して発芽したのが11月後半に1つだけよりは格段の進歩

しかしジャンボなにんにくを収穫するには後1年か2年かかるらしい・・・・

畑のにんにくはほぼ発芽している

多少反応のない場所があるのでこちらも掘り返してみるかもう少し待つか???・

[PR]
# by dug-wara | 2017-11-03 22:24 | Comments(0)

さつまいも

今年はいのししに早いうちに食害されていたが、いくつかの株が残っていたので

収穫してみた。収穫かごに半分くらいなんとか・・・・

いやいや投資した分をなんとかとりもどした?

雨の多い天気でも成長していた様子で、こんな年もあるんだなぁ

と明日は少し早めて稲刈りを強行する予定!


[PR]
# by dug-wara | 2017-11-01 19:44 | Comments(0)