畑の準備その2

今日は昨日の畑に1畝と別の畑にも2畝合計3畝

時間的にもう少しできたかもと思うが無理をせずに

明日の午前中に、もう少しできると期待して早めに切り上げた。

やりすぎは翌日に疲れが残る。

台風の前の乾いた畑にマルチを張っておけば、いつでも移植は可能だ。



[PR]
# by dug-wara | 2017-09-15 17:29 | Comments(0)

マコモダケ

今年の春に株を分けてもらったマコモダケがいよいよ根元が膨らんできて

自然放任で育つ生命力に感心しつつ来年は少し栽培してみてもよいかと

収穫時期を見極めている。



[PR]
# by dug-wara | 2017-09-14 17:31 | Comments(0)

かぼちゃの収穫・・・おまけ

一番遠い場所に播種したかぼちゃの片付けをしたら、

さらにかぼちゃがたくさん収穫できた。

結果、今年のかぼちゃは130個以上、大豊作だ。

数年前にジャンボかぼちゃに挑戦したときから栽培方法を習得して

苗で30株くらいを栽培しての大当たり!

食べきれない・・・・

[PR]
# by dug-wara | 2017-09-14 17:28 | Comments(0)

たまねぎを播種

たまねぎの種を購入して、種まきポットトレイを用意して

一粒ずつ播種した。種は2袋購入したが、ホームセンターの種はよく見ないと

中身が半分しか入っていないので、結構高いものがあることを発見

一粒ずつ播種したら800株で、種の残りがたくさん

苗箱に培土を入れて条蒔き、それでも余ったので育苗用の鉢植えポットに播種してみた。

3種類の方法でどのような成長が見られるか比較が楽しみ。

苗を大量にもらって育てたり、数百株の苗を購入して育てたりして栽培はできるけど

苗つくりは今回がはじめての経験だ。結果は?



[PR]
# by dug-wara | 2017-09-14 17:21 | Comments(0)

畑の準備

晴れの日にしかできない畑の準備。

マルチを張って畝を2つ作った。明日も2畝位を作る予定。

マルチを張って雑草対策と冬の寒さ対策をする。

長さは約30mを2本、白菜の苗と大根と春菊を交互に播種して寒冷紗をかけて防虫対策の予定

白菜の苗は今が定植のベストタイミングなのだが、台風の様子を見てから

いつでも作業できるように準備した。

同じようにブロッコリーとキャベツの苗はもう少し時間がかかるけど

晴れが続く時のタイミング待ち

早めに準備をした苗が徐々に育つので毎日天気予報と相談しながら

畑の片付けや準備をしている。


[PR]
# by dug-wara | 2017-09-14 17:09 | Comments(0)

稲刈り脱穀終了

田んぼの乾き具合の状態を確認してコンバインが作業しやすい環境で

無事稲刈り終了。

乾燥、脱穀を済ませたお米を穀物倉庫に脱酸素保存

先日残っていた2014のお米を精米して食べてみたが保存状態はとてもよかった。

重たいお米を倉庫に収納するまで、なんとか無事に作業することができた。

10月にもう一度、もち米の古代米の収穫がある。

こちらは一世代前のバインダー、ハーベスタを使った作業の予定

田んぼに残っている稲は我が家だけなのですずめ対策が大事!

テグス大作戦で対策する!


[PR]
# by dug-wara | 2017-09-11 17:18 | Comments(0)

かぼちゃの収穫最終回

かぼちゃのつるに出来た実の収穫を待っていた。

かぼちゃのへたの部分もコルク状になってきたので

最終回の収穫、確認しているのが10個くらいある。

収穫時に若いかぼちゃはヤギのご馳走にする。

かぼちゃの畑もトラクターで耕して冬野菜の植え付けを始める。

秋の農作業がこなせる天気が続きますように!

[PR]
# by dug-wara | 2017-09-08 21:49 | Comments(0)

畑の準備の続き

直播の野菜を含めた畑の準備をしている。

雨が降って土もやわらかくなって雑草をトラクターでやっつけるチャンスと

ロータリーに絡まる雑草を取りながら午前午後と耕した。

仕上げに耕運機で畝たてをして。マルチ養生で直播野菜を播種したいが、

明日からは稲刈りモード、穀物倉庫の片付けと準備が続くのでしばらくお休み

田んぼは十分乾いている。

今年はどこの農家も順調な様子で穏やかな雰囲気

我が家も冬野菜に9月はシフトできそうだ。

稲刈りのメドがついて作業にも流れが出来てきたかな。



[PR]
# by dug-wara | 2017-09-03 19:48 | Comments(0)

雨が続く

台風停滞で雨が続く

稲刈りの予定は雨が上がってからという予定で、田んぼの点検

バリバリにひび割れた田んぼは2日間の雨を受けてもまだ十分歩けるほどで

中干しの後も田んぼに水を入れるのに2日間かかったことを思えば8月中旬から

干したのがよかったか?

これなら2日ほど天気が続けばコンバインも走れると思う。ちょっと一安心

お隣のみどりもちや大豆の畑はちょうどよい位に湿っている。

夏の大雨のおかげで9月は雨が少な目で作業ができることを期待している。

お米が終わったら、秋の収穫と冬野菜の準備が待っている。





[PR]
# by dug-wara | 2017-09-01 21:09 | Comments(0)

自家採種

種の保存をしている。

食べておいしかったかぼちゃの種はこれから4つ分くらい

種をたべるぺポカボチャの種の水に沈む充実した種を4つ分くらい

ゴーヤの種も充実している赤くなった種を数本分

以前自家採種で種取りをするときは数個の果実から種を取るようにしている。

きゅうりの種もこれから

にんにくとジャンボにんにくは保存してあるものから

ソラマメは冷蔵庫にしまってある。

などなどいっぱい保存するとその種を食べてしまう小動物対策も大切だ。

[PR]
# by dug-wara | 2017-09-01 15:19 | Comments(0)

雨だ

雨だ

台風の影響か?

黒豆にとっては花が咲き始めたのでちょうどいい雨

みどりもち(古代米)も出穂で黒い穂が出始めて花が咲くときなのでよい雨

問題はコシヒカリの収穫が、この雨で一週間遅れでできるかどうか?

コンバインをお願いしている農家さんにとっては乾いた田んぼで済ませたいだろう

どれだけ振ってどこまで乾いてくれるか?

どちらにしてもお天道様のご都合に合わせるしかないな

[PR]
# by dug-wara | 2017-08-31 09:53 | Comments(0)

畑を耕した

トラクターで夏まで雑草を抑えていた畑が暑さで怠けている間に雑草畑に・・・

久しぶりにトラクターで薄くロータリーで雑草をなぎ倒して枯れるのを待ってから

畑にすきこむつもり。

明日からは雨が・・・田んぼがせっかく乾いているのに収穫は来週だなぁ

[PR]
# by dug-wara | 2017-08-30 15:26 | Comments(0)

はくさい発芽

白菜が播種して2日目に発芽

3日目にははっきりと双葉が開いてとても小さい、

これがあの大きな白菜になるのかというお得感、

菜種類は一ミリにも満たない小さな種から育つのが不思議

3日目にしてブロッコリーとキャベツも発芽した。

種からの栽培はたのしい。

[PR]
# by dug-wara | 2017-08-30 15:21 | Comments(0)

空芯菜

空芯菜はこの時期の青菜としてモロヘイヤとともに貴重な存在

今年は収穫方法を根元近くでばっさり切ってしまう方法にしたのでいつでもざっくり収穫ができる

大きく成長した分は切り落としてヤギのえさに、

そしてしばらく待っているとまたやわらかい茎と葉っぱが成長してくるので一畝を3回に分けて

順番に収穫、10月ころまで食べることができるのがうれしい。

[PR]
# by dug-wara | 2017-08-28 18:21 | Comments(0)

ゴーヤのカーテン

今年は日よけにゴーヤのカーテンを栽培した。

今までは栽培しなくてもたくさんもらえるからと思っていた。

去年はモロッコインゲンときゅうりで日よけにしてみたが思うような結果にならなかったので

やはりゴーヤかな?と栽培してみた。種一袋から6株しか育たないので最初はまだらなカーテンだったが

いつのまにか成長してジャングル状態に、ちょうど食べごろのゴーヤが順番にできていろんな料理に活躍している。

ジャングルのカーテンは涼しく来年もまた栽培しようと思って種取中

さらに受粉のためによってくる虫のほか葉っぱや果実には害がないという優れもの

ゴーヤ一本から10粒くらいしか種取ができないので3本分くらい確保しておく。

雄花も雌花もとてもユニークな形でたのしい。ジャングルの上部に育ったゴーヤを発見するのも難しくなってきた。





[PR]
# by dug-wara | 2017-08-28 18:16 | Comments(0)

はくさい、キャベツ、ブロッコリー

冬野菜の定番をセルポットで育苗中

どう考えても食べ切れない数を育てている。

どれだけ育つかわからないので多めに・・・

今年の冬はどんな天気なのか?



[PR]
# by dug-wara | 2017-08-28 16:56 | Comments(0)

かぼちゃ畑

畑に出かけると、収穫の終わったはずのかぼちゃ畑を点検

今日も若いかぼちゃ意外に収穫時に取り残したかぼちゃを6個ほど発見

まだまだ潜んでいると思うと草刈もできないでいる。

現在成長中の若いかぼちゃはもう大きくなることはあまり期待できないが、

収穫時期を過ぎたかぼちゃはほくほくのおいしいかぼちゃに成長している。

畑に出かけると毎日点検、必ず3つくらい発見救出!

そんな毎日・・・

[PR]
# by dug-wara | 2017-08-28 16:52 | Comments(0)

冬野菜の準備

冬野菜の準備を始めた。

白菜、キャベツ、ブロッコリーなど苗を育てる準備
直播きはもう少し後として、たまねぎも苗から作ってみる余裕があるか?

たくさん仕込むと畑の準備が大変、そこそこにして苗の数をそろえてみるかな



[PR]
# by dug-wara | 2017-08-25 17:29 | Comments(0)

かぼちゃ収穫

かぼちゃを収穫した。

今回までの収穫が約70個
畑にまだ若いので放置した分が20個くらい

最終的に100個!
苗の数で30くらいだったと記憶しているが・・・・
収穫量は面積で決まる
意外と軽トラの荷台にひと並べくらいの量
これからの保存を考えていろいろ試行錯誤とネットで検索中

キーワードはキュアリングと低温保存(13度くらい)の組み合わせらしい



[PR]
# by dug-wara | 2017-08-23 18:13 | Comments(0)

長い雨

今年は早めに収穫をする農家の人もいたが、お盆明けは雨で収穫は始まらない。
田んぼもぬかるむほどではないがコンバインは入れない場所が多いと思われて
点検する人たちもあちこちで立ち話をしている。

このまま収穫が遅れると倒伏の可能性もある。
来週からの晴れる時期はいっせいに稲刈りが始まる。
我が家は雨の時期の前に出穂はしたけどその後の日照が不足している。

毎年悩む米つくりは小規模の我が家はともかく広く田んぼをやっている農家にとっては
悩みも絶えないだろう。自然に逆らわずに農作業ができておいしく食べられれば
よいのだけどね。



[PR]
# by dug-wara | 2017-08-16 20:55 | Comments(0)

夏野菜

夏野菜の第2陣の畑の整備

なすの苗もやっと収穫できるようになって、はじめの8本からあとに定植した
20本ほどがはじめての収穫、オクラ、モロヘイヤも準備ができて
いよいよ野菜の食べ放題の季節。

かぼちゃも順番にたくさん成長している。

今年は冬野菜の苗つくりにチャレンジ


[PR]
# by dug-wara | 2017-08-11 17:32 | Comments(0)

ペポかぼちゃ収穫

種を食べるペポかぼちゃを収穫。

軽トラ一杯分も収穫して、いくつか疑問もあったので
筋のないタイプを2つほど試験的に種取りしてみた。
置く場所も確保してなかったので屋根のある作業場に山済み。

元の種がF-1ということだったので、いくつかのタイプが存在する。
我が家のヤギのごはんとしても活用できる。

普通のかぼちゃのほうが収穫量としてはよいと思う。
もう少ししたらこちらも収穫の時期がやってくる。



[PR]
# by dug-wara | 2017-08-07 16:43 | Comments(0)

昨日我が家の車2台を洗車した。

当然のような今日の雨・・・・・

なぜか必ず降るのだ。

予想以上の雨で多少は畑も潤ったと思われる。

しばらく曇り模様でチャンスを見て夏から秋に向けた畝つくり

今日は子供のコンクールの演奏会、演奏はずいぶん良くなったようだが結果は?

夏休みの我が家のイベントを徐々に消化中。


[PR]
# by dug-wara | 2017-07-26 18:14 | Comments(0)

出穂(しゅっすい)

我が家の田んぼの稲が出穂し始めた。

今年は分けつする間もなくの進行状況で収量は期待できないが、

稲穂の時期に合わせて何とか涸れそうな川からの水を揚水して3日かけて

株元までひたひたになる程度に水遣りすることができた。

明日からも時間をかけて揚水しての水遣りでなんとか穂が出揃うまで

川の水が保てればよいのだが・・・すでにパイプの先が見えている。

個々まで雨が降らないようになると畑の水路に流す水も無くなるかも???

水の大切さが直接感じられる。

そして苗の時期に手間をかけたかぼちゃはどこの水を吸い上げているのか?

まったく問題なく元気に成長中。かぼちゃは日照りに強いかも。

[PR]
# by dug-wara | 2017-07-24 23:01 | Comments(0)

夏休み

子供が明日から夏休み

部活やプール開放ということで普段より時間がアバウトな送り迎えが始まる。

毎日の行動範囲も広がってサポートする親の立場から思うのは
田舎暮らしと都会生活的な子供の活動とのギャップ

田舎の文化と都会の幻想のバランスで今月もずっと予定が詰まっている。

時間が貴重に思える年頃か・・・・

[PR]
# by dug-wara | 2017-07-20 21:54 | Comments(0)

空中散布の現状2017年度)大多喜町

空中散布の旗が立ち始めた。

大多喜町は20,21日の2日の午前中

今年は我が家の田んぼ周辺でもやめる人が多くて旗の数がだいぶ少なくなってきた。

原因は世代交代と色選別機の低価格化、世代交代で跡継ぎが減った結果として

元気な農家や営農組合に委託することである程度集約している。

集約すると高価なヘリコプターを使用しなくても(結構事故で落ちる)色選別で

十分な等級が確保できるのが理由だ。色選別の機械も安くなって農機具メーカーの

ターゲットも中規模農家になってきた。性能も上がっているようで

実際使われている部品は特に特殊なものはないようだ。

この問題も来年はテーマがシフトするかもしれない。

昔の米つくりが伝承されてきたよき時代が大きく変わるのかもしれない。

[PR]
# by dug-wara | 2017-07-14 08:34 | Comments(0)

水路の効果

水路で水を流して潅水してみたら、

ピーマン、ナス、きゅうりが大きくなってピーマンの花がたくさん咲いて

トマトも生長している。小豆の畝も発芽できるくらいに湿っていい感じ。

中干しをしていた田んぼも徐々に水を入れた場所から分けつが一気に始まったようで

明日からも徐々に水を入れてみる。

しかしかぼちゃやぺポカボチャの場所には一切水遣りをしていないのに

勢いがついたのか元気いっぱいに成長している。

今年はかぼちゃは大当たりかも?

[PR]
# by dug-wara | 2017-07-12 20:31 | Comments(0)

畑の水路

畑が乾いてきたので、水路を耕運機で、掘り起こしてV字に畝間を作って

田んぼ用の用水を流した。田んぼのほうも中干しを終わりにして少し水を入れながらの作業

畑と田んぼに水を入れて管理するのは今年が初めてで、今まで乾きすぎて豆の収穫が安定しなかったのを

解決できるか?の実験が主目的、さらに水路を張り巡らして天候不順のここ数年の畑を管理できるか?

雨の少ない環境でも、作物の収穫ができるか?

あくまでも実験。




[PR]
# by dug-wara | 2017-07-11 17:07 | Comments(0)

トマト管理

トマトの畝が成長期なのか?大きく育っている。

一列に並んだ苗を管理するにはわき芽を摘んでまっすぐ一本仕立て仕立てに

そうなると苗ごとに支柱が必要、でも支柱を立てるにはさらに支える方法が・・・

といろいろ検討して一本の支柱を農業用の紐で固定してゆく方法。

きゅうりネットでうまくいったのでその応用編。

ホームセンターで支柱の資材を調達したほうが簡単で手間いらずと思ったが

ここは、近くの真竹を活用して1800mmくらいで電気のこぎりを持ち出して

切りそろえて調達、エコであとで土に返る素材を使うことも大切だなぁ

石油由来の資材をなるべく減らしての栽培は時間があるときの手間でしかできないかな。

除草マルチ、寒冷紗、支柱アーチ、収穫かごなど農業資材の多くが・・・・

そして軽トラや農業機械の燃料も・・・・

ほかにもたくさんの資材が石油由来なのが実情だ。



[PR]
# by dug-wara | 2017-07-03 23:48 | Comments(0)

夏越しのお祭り

今日は地元の神社でお祭り、

ほぼ全員参加で神社の階段や境内の掃除、

集会所も掃除して祭祀のあと、みんなでお弁当をいただく

ご近所つきあいの大切な一日



[PR]
# by dug-wara | 2017-07-02 09:51 | Comments(0)