サファリパーク

我が家の周りはサファリパークのようだ。

今日見かけたのは、キョンのメスとオス別行動で・・・

キジのオス、鹿オス立派な角、などなど

サルはみかんを食べつくしてから、我が家周辺では見かけない

山を降りたあたりにはタヌキが出没しているらしい。

イタチ、ハクビシン、アナグマなども生息している。

鳥で珍しいのは山鳥、全身赤い羽で美しいのだが移住したころに聞いた話では

おいしいらしくほとんど見かけなくなったとのこと。

コジュケイ(ウズラの原種らしい)は季節になると子供をつれて出てくる。

ウグイス、ホオジロ、トンビやフクロウなどもたくさん

ウサギもよく道路で出会う。

先日お会いした方がここはサファリパークのようだ。まさにそのとおり

いのししもいつもは出没するのだが猟期が2月までなのでそれまでは退散中か?



# by dug-wara | 2019-01-19 18:05 | Comments(0)

さる

サルが出没

我が家の屋根を歩き回る。大きな足音で外に出るとすぐに逃げるので、

久しぶりに屋根の落ち葉を熊手ではき落とす作業をした。

熊手に竹の棒をくくりつけて長くして、屋根の奥まで掃除した。

しばらく作業をすると、さるは近寄らない様子

ながい棒を振り回して右肩が筋肉痛

近日魚網を使って対策を考える。



# by dug-wara | 2019-01-16 09:35 | Comments(0)

超音波温熱吸入器UN-135(ホットシャワー5)

15年以上前にパナソニックの超音波吸入器で帰宅後の花の掃除をしていた。

さすがに寿命で去年

超音波温熱吸入器UN-135(ホットシャワー5)を購入して家族で使っていた。

今年はシャープの空気清浄機とアイリスオーヤマの加湿器で室内は快適だが、
外出先から帰宅したときにうがいとあわせて吸入器で掃除している。

今年初めて使ったが使い方をすっかり忘れていて説明書を読んで、
最後は娘に準備してもらって始動できた。





# by dug-wara | 2019-01-14 16:44 | Comments(0)

ポップコーン

年が明けてたくさんの注文をいただいたポップコーン、

一週間かけて何とか発送完了したので、今日はゆっくり一休み。

手作業で作るこだわりポップコーンなので一週間も作業を続けていると

細かい工程の進化につながるアイデアがいくつかでてきた。

しばらくするとアイデアが進化して道具を試作してみる。

100円ショップの資材とコメリで購入したパーツを組み合わせて

合計500円もかからないで新しい道具の原型ができた。

しばらく試用してみて結果がよければ丈夫で長く使える道具として仕上げる。

今年はこんなスタートです。







# by dug-wara | 2019-01-13 11:19 | Comments(0)

キングストン

新年も10日たって、普通の生活に戻りつつある我が家、

二人ほど指摘されたのがキングストンに行ってきたのか?

という質問、我が家の夏の長野への旅行のときにとまったホテルが

キングストンというジャマイカテイストのホテルで写真を撮ってもらった。

年賀状にその写真を使ったのでそのような誤解が生まれている模様

説明もしなかったので誤解されてもしょうがないかな。




# by dug-wara | 2019-01-10 17:54 | Comments(0)

さる

いのししがいなくなったら今度はサルがやってきた。

ふくれみかんという七味に入っている陳皮というみかんの皮に使うみかんを

サルは皮を剥いて中身だけ食べている。

この時期にはすべて食べつくすまで毎日やってくる。

いのししでもサルでもこちらが対策をすると別の行動でくるので対策は

なかなか難しい。



# by dug-wara | 2019-01-06 20:42 | Comments(0)

ぼたん鍋

いのししが近所を荒らして困っていたが、新年会に猟師さんが

最高級のいのしし肉を提供してくれたので、牡丹鍋をみんなでいただいた。

しょうゆベースでみりんで少し甘口のたれを白菜としらたきと煮込んで

脂身のような部分はゼラチン質でまったく脂はなくさっぱりとして

おいしくいただいた。

いのししに荒らされても牡丹鍋が食べられれば相殺で実被害がなければいいかな・・・




# by dug-wara | 2019-01-06 20:19 | Comments(0)

アルベルト・アインシュタインから娘への手紙

アルベルト・アインシュタインから娘への手紙


ズクナシのまりこさんのブログから知った。

アインシュタインはやっぱりすごい!宇宙人かも・・・

ズクナシ 残念だけど解散するらしい。

3人とも次のステップへのよい結果につながることを確信した。



# by dug-wara | 2019-01-04 10:20 | Comments(0)

初日の出

2019の初日の出
d0092245_11555109.jpg


# by dug-wara | 2019-01-01 11:57 | Comments(0)

大晦日

今年は静かな年末になった。

昨日は子供たちの買い物を午前中に終えて、

食材を仕入れて細かい用事を済ませた。

大晦日に食材を買い足して、キャベツブ、ロッコリー、ほうれん草、小松菜、にんじんを

収穫して、明日は早朝から初詣に出かける。といういつもの年始が始まる。

中旬から早めに餅つきをして我が家の分を配り終わったころに、のし餅を作って納品したり

黒豆きなこを作ったりして日常がそのまま仕事になったりとたのしい日々がすごせた。

今年は大豆がほとんど収穫できず、いつものところで調達しようと思ったらそちらも不作で

販売しないといわれて、取り急ぎ市原のあずの里でなんとか必要量を確保した。

やはり夏の猛暑の天気の時点で、今年の不作は決まっていたらしい。

来年以降の大豆つくりはどうなることか?



# by dug-wara | 2018-12-31 17:03 | Comments(0)

いのしし

先日まで出没していた、いのししが数日間来ない。

猟師さんに聞いたところ別の場所で2頭ほど捕獲したということで、

しばらくは我が家の周辺には現れないことを祈る。

いたるところを掘り返してぼこぼこの状態だ。



# by dug-wara | 2018-12-27 07:29 | Comments(0)

吹奏楽

千葉大学の吹奏楽部の定期演奏会が先日開催された。

知人がスマホで撮影した画像をネットに載せていた。

我が家の子供たちの中学高校でも毎年レベルアップして楽しんでいるが

大学の吹奏学部の演奏を聴いて、演奏もすばらしくその指揮者が

大学3年生で、圧倒的な存在感のある指揮の姿を拝見して大学生の知識と技量と

演奏をひとつにまとめて表現した指揮者の存在に、若い吹奏楽の将来が楽しみだ。

あたらしい時代のうねりを感じた。


# by dug-wara | 2018-12-26 15:51 | Comments(0)

地鳴り

地鳴りが続く

かなり低い音でほとんど空気振動でしか感じられないような地鳴りが

今日の午後から頻繁に続いている。

とりあえず備忘記録

# by dug-wara | 2018-12-20 19:44 | Comments(0)

きなこ作り

今年は豆が不作

このあたり全体で豆ができないという、夏の暑さの後、花が咲くまでは順調だったのに

枝豆のできるころになってもなかなか実が入らないで、いつまでたっても枯れない

先日、見切りをつけて草刈で刈ってハウスに運び込んで乾燥させている。

しかし餅つきをして、きなこがほしい。脱酸素して保存してある黒豆を

焙煎して乾燥させてから製粉してさらに小分けして脱酸素して保存する。

豆を蒔いてからきなこが出来上がるまで

すべて我が家で作業して出来上がった黒豆きなこができた!




# by dug-wara | 2018-12-18 17:31 | Comments(0)

餅つき

年末恒例の餅つき一回目終了、

このあと3回くらい搗く予定

我が家の玄米餅に、去年から白いお餅もついて鏡餅を作ってみた。

かまどに火を熾して蒸篭2枚で蒸してその後は保存を考えて機械で搗く

すべて古代米のみどり米を使うのが我が家のお餅

古代米の香ばしさ!

我が家ではフライパンになたね油で焼いてしょうゆをつけてのりを巻くのが定番

もちろん雑煮、きなこ餅、なども食べつくす年末、とお正月



# by dug-wara | 2018-12-18 17:13 | Comments(0)

ロロン

かぼちゃの種類でロロン、紡錘形でかぼちゃとしてはめずらしい形

いろいろなかぼちゃに交雑させて、種から同じ種類を作らないようにするのに

活用されているようだ。果実は大きく2キロ以上のものがひょっこり出現する。

多くのかぼちゃを栽培して種取りして、栽培したかぼちゃに偶然できる。

このかぼちゃの形はかぼちゃらしくないのだが保存性もよいほうだし

何よりもおいしい、交雑しても味がよいので生存確率が高い。

かぼちゃの栽培をして、遺伝子の多様性を楽しんでいる。

残り少ない我が家のかぼちゃコレクションのひとつ。






# by dug-wara | 2018-12-08 00:33 | Comments(0)

キャベツ、ほうれん草、にんじん

晴れ間が出たら、畑に出かけてにんじんの間引きとほうれん草の間引き

そしてキャベツを1個か2個収穫して、畑の様子を眺めてくる。

冬の間は時間があれば出かけて収穫キャベツの外側の葉はヤギの大好物



# by dug-wara | 2018-12-08 00:19 | Comments(0)

ほうれん草、にんじん、キャベツ

冬野菜の収穫

ほうれん草は間引きをかねて、こみあったところを

数本まとめて引き抜いてくる。

まだ、背丈が10cmくらいだが肉厚でおいしい。

にんじんは一時期雑草に埋もれていたが、寒くなって雑草が枯れると

元気に復活してきた。こちらも間引きをかねて数センチごとになるように

抜いて生で食べるとこれが甘い。葉っぱはてんぷらにして味噌汁に入れたり

細かく刻んでふりかけにする。

キャベツは巻き始めてそこそこになったので外側の葉はヤギのえさに

巻いたところは春キャベツのような柔らかさ、甘い!

当分の間、冬野菜はいろいろ楽しめる。



# by dug-wara | 2018-12-02 16:28 | Comments(0)

いのしし

いのししが庭をかき回している。

ご近所さんもほぼ同様でぼこぼこにされた庭もいつまた来るかわからないので

放置している。

家の周りに電気柵でも仕掛けるか?



# by dug-wara | 2018-12-01 11:11 | Comments(0)

薪割り

かまどを久しぶりに使うので、薪割りをした。

斧をサンダーでさびを落としてから杉の玉切りしてあるのを3つほどで

十分な運動量、汗たっぷりかいて収穫かごに入れて終了。

ちょっと前までは玉切りした20個くらいを薪割してたなぁと

さらに杉ではなく硬い広葉樹を山から切り出して軽トラで運んでと

今では考えられない作業だ。

ほどほどにかまどに合わせて薪割りくらいがいいかな。

# by dug-wara | 2018-11-29 19:04 | Comments(0)

サル

サルが出没するようになって始めての被害

庭のみかんっは食べ放題、柿の木は我が家にはないので様子見をしていた。

来年の種用に選別した千葉半立ての落花生の袋を破って食害されていたのを発見

すぐに家の中に取り込んだが半分くらい食べられてしまった。

種まきした後に残った落花生を食べるのを楽しみにしていたのだが・・・・

やられてしまったので来年の種はちょっと少なめかなぁ?

# by dug-wara | 2018-11-29 15:07 | Comments(0)

管理機の整備

今年も大活躍のホンダの管理機のタイヤが空気漏れで空回りするようになった。

2年ぶりの管理機の手入れをした。使用して10年以上畝作りには欠かせない。

まっすぐに耕すには農業用のテープを張った脇を管理機で耕して、

V字型のパーツを取り付けて畝たてをして必要に応じて畝の形を整えてから

マルチをかけて土寄せしたりするなど、手作業では考えられない作業をやってくれる。

小麦を蒔くときは管理機で耕して雨で硬く大きな塊になった土を細かく砕いてくれる。

耕した幅に合わせて小麦の種を蒔くと播種機がスムーズに動く。

そして水路作りも管理機でV字に溝を作るだけで十分機能する。

タイヤを本体からはずしてメガネレンチでホイールをはずして

きれいに洗って組みなおしてからコンプレッサーでエアーを入れて

復活した。

タイヤの次はオイルの補充、カタログを確認して補充する。

次はトラクターの整備をする。



# by dug-wara | 2018-11-18 17:18 | Comments(0)

水路作り

麦を蒔いた畑は、もともと田んぼなので水はけが悪いので

管理機で水路を作る作業をした。

麦を播種した周りを管理機でぐるっと一回りして水はけをよくして、

雨の後に地面より低いところに水位が下がるようにする。

これだけで麦は元気になるのを去年確認した。

今年は雨が程よい感じと思っていたが水路を作ってみると

深いところは結構な水分量で明日も水路を作ることにした。

# by dug-wara | 2018-11-16 17:08 | Comments(0)

春キャベツを定植!

ついに春キャベツを定植した。

今年の冬の分のブロッコリーが、寒冷紗を持ち上げるほどに成長しているので、

アーチを一回り大きくして、春キャベツの畝にアーチを移動して寒冷紗をかけて

作業終了

まだモンシロチョウがとんでいるし春までには寒さも厳しい時期があるので

寒冷紗で少しはあったかくなることを期待して畝を作った。

これでハウスの中にはアボガドの気が3本パイナップルが1本という状況なので

ビニールを2重にして防寒ハウスに仕立てる。

# by dug-wara | 2018-11-16 14:38 | Comments(0)

春キャベツの定植は・・・

春キャベツの定植をそろそろと畑の点検をしていたら

この11月になってもモンシロチョウが飛んでいるのでアーチを用意して

寒冷紗をかけてと準備をする。

とにかく今年は暖かいのでどんな野菜が育つのか?


# by dug-wara | 2018-11-12 17:41 | Comments(0)

たまねぎ定植

たまねぎを定植した。

玉ねぎ定植用穴あけ機は大活躍、子供と二人で900の穴を楽に開けることができた。

作った苗はだいぶ余ってしまったが、予定通りの数で終わりにした。

今年は2種類、早生種と収穫後の保存性のよい種類と2種

苗つくりに疑問はあるがそのまま定植してみた。

結果は?

# by dug-wara | 2018-11-12 17:35 | Comments(0)

小麦発芽

小麦が発芽してすでに5センチくらいに生長している。

今年は雨がちょうどいい具合に降ったり天気が続いたりして畑の状態も

よい方向に維持できていたので、蒔いたすべての場所で申し分ない発芽状況になった。

晴れが続いて少し乾いたら耕運機で排水路を作る。

何箇所かに分けて播種して来年の春からの畑もそれぞれに準備できている。

サツマイモと落花生を早めに収穫したおかげでこの時期の作業に少し余裕ができた。







# by dug-wara | 2018-11-12 17:31 | Comments(0)

落花生の脱穀

落花生の脱穀は手作業

殻をラジオペンチで割って中身を取り出す。

ペンチで殻を割っていったんざるに貯めて、手で中身を取り出して殻や食べられないと思われる

変色したものなどを選別しながら皮付きの実だけを集める。

ボールを3つ用意して、大きい実、その次の大きさ、それ以外の3つに分別

さらにそれ以外をある程度の大きさの実としわしわの実に分ける

結果的に5種類に選別する。

慣れても手作業でひとつずつの殻を割って、5種類に分別するまでの手間は時間がかかる。

今年は種の分を残して、早めにすべての脱穀を終了できた。

千葉半立てと小落花の2種類で種を保存して残りは食べるときに焙煎する。

保存はいつもの脱酸素パック





# by dug-wara | 2018-11-10 16:39 | Comments(0)

春キャベツ

秋に定植してじっと冬を越した春キャベツを栽培している。

10月半ばに播種してやっと本葉3枚ほどに成長している。

本葉4枚目が出たら定植する予定でいる。



# by dug-wara | 2018-11-09 08:30 | Comments(0)

玉ねぎ定植用穴あけ機

たまねぎの定植の時期がそろそろなので、すでにマルチ張りは終わって、

定植のマルチの穴あけ作業に新しい道具を作ってみた。

玉ねぎ定植用穴あけ機としてアルミ製で販売されている。

我が家の規模30m一畝では、購入するのもどうかと思い

畝幅を計って15センチ間隔6本のパイプを固定して取っ手をつけた。

穴あけ作業は去年はパイプで1つずつ穴あけをしたが、

今年は苗の数も増えているのと、マルチを幅の広いタイプにしたので

作業がはかどるように作った。

計算上では30mのマルチに6列20センチ間隔で900本ほど

定植できる計算だ。

苗の数が特定できていないので、足りなければマルチを増設するかな。

今年は連日の猛暑でたまねぎが次々と傷んでしまったので今年は品種を2種類で

保存性のよいタイプを半分作る予定。

苗箱の本数確認をしてみるかな。


# by dug-wara | 2018-11-08 14:39 | Comments(0)