電気柵

電気柵を設置してイノシシさんもどこが危ないかわかってきたようで侵入することもなくなったようだ。迂回の獣道もできている。もう少し早く対策をすれば侵入回数もほぼゼロにできたと思われる。しかし油断大敵、これからえさになるものが少なくなると、無謀なイノシシが侵入する。そして11月15日の狩猟解禁後はしばらくイノシシは山の奥にじっとしているようで2月の狩猟期間が終わるまでは静かになることが多い。狩猟期間の問題は狩猟犬が電気柵を壊してしまうこと。イノシシさんなどの野生動物は電気柵の電磁波も感知して避けてくれるが、狩猟犬は発信機という電波を出す機械を背負っていたりするので、電磁波に気がつかないらしく侵入されるとずたずたにされる。自分も狩猟免許を取得した(わなのみ)が、結果的に電気柵で追っ払うことにしている。
[PR]
by dug-wara | 2010-10-01 13:46 | Comments(0)
<< 音響のお仕事 大納言(あずき) >>