山の田んぼの代掻き

みどりもちの準備を始める。
成長の遅い苗にあわせてゆっくり準備していた山の田んぼも
代掻きをして景色が変わってきた。

山は藤の花が満開になって、新緑の色も濃くなってきた。
いい風景なのだ。

猛禽類の子供が田んぼでえさを探している。
こちらに気がついても、上昇するのに時間がかかる。
毎年この時期に子供が居るが親はすでにどこかに移動したのか?
以前は子供にえさのとり方を教えているような姿も見たことがある。

猛禽類は目が良いので、合鴨農法でテグスを張ったとき防鳥用でない
太めのテグスは役に立たなかった。テグスの細さにも意味があった。

カラスもテグスは大嫌いで人の高さぐらいに張ると効果がある。
低い位置に張ると効果があまりないようだ。
[PR]
by dug-wara | 2013-05-07 20:45 | Comments(0)
<< 田植え2日目 落花生 >>