田植え2018

4月にパイプハウスの組み立てから始まって、

苗箱作りと育苗、田んぼの代掻きと作業をして、

5月5日子供の日に3反ほどの田植えを子供と二人で一気に仕上げた。

注連縄の苗が残っているのは、間隔をあけて手植えで植えてみるつもり。

とりあえず田んぼ作業は水位のチェックをしながら、苗が元気に育ち始めるまで

田んぼ作業は休憩モード・・・

パイプハウスの中では播種した種が徐々に発芽中

広くなったハウスの中に大量のポットを用意して順番に鉢上げ

播種したいものの種も増やしつつ、畑の畝つくりも始まる。

畝をどれだけ作るか?



[PR]
by dug-wara | 2018-05-05 17:33 | Comments(0)
<< 雨でもハウスの中で鉢上げ作業 焼きたけのこ >>