雨でもハウスの中で鉢上げ作業

ハウスを作った目的

ハウスの中の作業は天候にかかわらず作業ができること、雨の日の有効活用ができる。

自家採取した種を安全に天日干しで乾燥できる。鳥や小動物を防げる。

小麦やお米を収穫したときも、天候にかかわらず乾燥できる。

夏野菜のトマトの水分を極端に減らして栽培することができる。

苗栽培の天敵の虫たちから守ることが可能。

去年は地面にアーチでトンネルを作って防虫網で栽培したが、

バッタとかは平気で進入する。モンシロチョウもアーチの中で孵化していた。

ハウスだと昆虫たちは寒暖差で生存しにくい。

パイナップルも作ってみたい、しかしビニールに穴が開きそうなのでむりかなぁ

何より腰をまげて作業しないで作業台の高さで仕事ができるのがよい!

寒冷紗が不足しそうなので、苗を何回かに分けて作って定植することになりそう。



[PR]
by dug-wara | 2018-05-07 17:14 | Comments(0)
<< 雨の合間の鉢上げ作業 田植え2018 >>