ハウスをつかった苗つくり

植物の種から発芽して徐々に成長して苗になるまでハウスでじっくり観察していると

あるときに急に大きくなり始める。大きくなり始める勢いのあるうちに定植すると

畑にすぐに根が張って苗は自立する。

自立するまで畑の自然な環境で育てると強い株は育つけどハウスで勢いがつき始めてから

定植するほうが、根きり虫にやられたり、カラスに遊ばれたりしにくいようだ。

ハウスでの成長は場所が限られているので毎日数回観察できる。

小麦は乾燥が終わって、夏を越えるために脱酸素保存(虫除け)

そしてトマト11本を始めての温室栽培でそだててみる。





[PR]
by dug-wara | 2018-06-08 13:31 | Comments(0)
<< 籾摺り、小麦の選別 かぼちゃ定植完了 >>