放任栽培のとまと

今年は温室で栽培している11株ほどのポット栽培と

マルチした畝に広い間隔で定植した放任栽培の2パターンで

トマトを栽培している。

ハウスのトマトは1本仕立てできれいなトマトをつけている。

放任栽培のトマトは赤くなるといろいろな虫に食べられてしまうとか

カラスがいたずらするとかで最初は収穫できなかったが、

さらにそのままにしていると、繁茂したトマトの中ほどに赤く無傷で育った実が

収穫できるようになってきた。

この先の見通しはわからないがある程度の収穫のめどがついた。

去年より成績がよいのは水分の少ない場所に定植したからと思う。

ねぎとバジルの混植も効果があるようだ。


[PR]
by dug-wara | 2018-07-26 15:44 | Comments(0)
<< トマトソース スクナかぼちゃ >>