注連縄の稲を刈り取り

毎年、地区の注連縄をなうのに必要なワラを収穫してきた。

お飾り用として育てているが今年は45センチ間隔で分けつ重視で栽培した。

もう少しよい方法がありそうだとも思う。

神社に奉納する注連縄用として十分な量をパイプハウスで乾燥中。



[PR]
by dug-wara | 2018-08-13 12:38 | Comments(0)
<< 長野に旅行 暑さの影響でwifiルーターが不調 >>