管理機の整備

今年も大活躍のホンダの管理機のタイヤが空気漏れで空回りするようになった。

2年ぶりの管理機の手入れをした。使用して10年以上畝作りには欠かせない。

まっすぐに耕すには農業用のテープを張った脇を管理機で耕して、

V字型のパーツを取り付けて畝たてをして必要に応じて畝の形を整えてから

マルチをかけて土寄せしたりするなど、手作業では考えられない作業をやってくれる。

小麦を蒔くときは管理機で耕して雨で硬く大きな塊になった土を細かく砕いてくれる。

耕した幅に合わせて小麦の種を蒔くと播種機がスムーズに動く。

そして水路作りも管理機でV字に溝を作るだけで十分機能する。

タイヤを本体からはずしてメガネレンチでホイールをはずして

きれいに洗って組みなおしてからコンプレッサーでエアーを入れて

復活した。

タイヤの次はオイルの補充、カタログを確認して補充する。

次はトラクターの整備をする。



[PR]
by dug-wara | 2018-11-18 17:18 | Comments(0)
<< サル 水路作り >>