2018年 06月 08日 ( 3 )

籾摺り、小麦の選別

籾摺り機を使って

みどり米を籾摺りして、米飴の準備

同じ籾摺り機を使って先日収穫した小麦からごみや、麦わらの節の一部などを

取り除いて保存できる状態にして脱酸素で秋まで保存する。

今年は大粒の小麦が収穫できた。

[PR]
by dug-wara | 2018-06-08 18:05 | Comments(0)

ハウスをつかった苗つくり

植物の種から発芽して徐々に成長して苗になるまでハウスでじっくり観察していると

あるときに急に大きくなり始める。大きくなり始める勢いのあるうちに定植すると

畑にすぐに根が張って苗は自立する。

自立するまで畑の自然な環境で育てると強い株は育つけどハウスで勢いがつき始めてから

定植するほうが、根きり虫にやられたり、カラスに遊ばれたりしにくいようだ。

ハウスでの成長は場所が限られているので毎日数回観察できる。

小麦は乾燥が終わって、夏を越えるために脱酸素保存(虫除け)

そしてトマト11本を始めての温室栽培でそだててみる。





[PR]
by dug-wara | 2018-06-08 13:31 | Comments(0)

かぼちゃ定植完了

エビスかぼちゃの2回目の定植

1回目のかぼちゃはすでに大きく育って花もつけ始めている。

2回目のかぼちゃに寒冷紗を移動してこれからはミツバチたちに受粉をお願いして

つるが伸びすぎたら調整するくらいで収穫までしばらく放置

今日マルチをかけた畝にサンマルツァーノを明日定植して

コンパニオンプランツたちを配置して効果を確かめつつ秋蒔きの野菜たちの準備

季節と植物の流れるような成長の季節がやってきた。



[PR]
by dug-wara | 2018-06-08 13:20 | Comments(0)