人気ブログランキング |

2019年 04月 06日 ( 1 )

50年前のフルートその後

50年前のフルートは、状態も悪くなく使用できるが

いくつかの問題点がわかって、結局子供は別のフルートを使うことになった。

時空を超えられなかったのは、機械工作精度が格段によくなった現在の製品と

手作りの時代の工作精度の問題がひとつ。

そのころの音楽の流れと現在の音楽の傾向の差で、ピッチが違うという決定的な問題。

それでもソロとして使うのなら、また昔の楽器に合わせるようなアンサンブルならば

十分使用できると説明してもらったが、これから習う現在の音楽とのギャップはあることを確認

あらゆるものが時空を超えられなくなって、に将来を見通すことのできない現在にいろいろ思うことがある。

たとえば電気製品は修理して使うものから、消耗品としてごみになってしまう安い商品に移っている。

パソコンなどはソフトウエアが古くなると置く場所もなくデータだけ移行すれば必要なくなる。

車にしてももう少ししたらガソリンで走る車から、電気で動く自動運転に変わってしまうかもしれない。

あらゆることが変化してゆく世の中って居心地はどんな感じなのだろうか?



by dug-wara | 2019-04-06 10:55 | Comments(0)