人気ブログランキング |

2019年 08月 07日 ( 2 )

チェーンソーのメンテナンスを確認して

チェーンソーの修理で感じたのは自分でなるべくメンテナンスをすることがとても大事ということ。

当たり前のことだけどすでに実店舗では金物屋でもホームセンターでもパーツのことを相談できる

スタッフはいない。自分でメンテナンスパーツの型式を確認してストックする必要がある。

チェーンソーの心臓部のチェーンもいつの間にか互換性のある商品が安価に出回っている。

高いブランド品か安価な互換性のある商品か比べてテストをしてみることにした。

ブランド品でもネット販売の商品は店舗販売より格安で、これが地域の老舗を圧迫しているのはわかる。

となると老舗の実店舗も対策が必要と思われる。

あと10年したらと想像するのはかなり難しい。もう戻ることもできなくなるのか・・・


by dug-wara | 2019-08-07 19:59 | Comments(0)

草刈機とチェーンソー

常用の255mmの大きい草刈機が不調で、初めてコイルの交換をした。

今までどの草刈機でもコイルがだめになることはなかった。

町自慢の金物屋でのお勧めを購入したのにすでにこのメーカーの扱いはない。

このメーカー自体が買収されて会社の体質が変わってしまったのか?

それとも製造を海外に任せて品質が下がって事業売却したのか?

どちらにしても職人気質の金物屋では手に負えなかったと思われる。

チェーンソーはしばらく使っていなかったら、2台とも不調で

一台は草刈機のメーカーと一緒、しかしこちらはホームセンターで購入したので

メーカーとの関係がよいのか時間はかかったけどちゃんと修理された模様

もう一台は例の金物屋、品質で選んだメーカーと機種なのだが、こちらは修理技術が伝承されていないのか?

サービス対応の受け答えができないのか、顧客にちゃんとした修理方法や内容が伝えられない。

結果的に部品交換しかできないとのことなので、アッセンブリー一式の交換で高い修理についた。

こちらのメーカーも買収されたのか、合弁したのか会社名から単なるブランドになって

職人用の高級機からホームセンター向けのブランドまで、たくさんのラインで販売している。

以上まとめて3台の修理からいくつか思ったことがある。

エンジン類のメンテナンスの必要な機械は、自分で修理技術を持ってパーツの手に入りやすい

海外ブランドの商品を選択するか、ホームセンターで国産の大手資本のメーカー製の機種を購入するか

一番安価な海外製の商品を使い捨てで使うかの選択肢しかないように思う。

どちらにしても職人が高くても安心して修理を任せられる金物屋という選択肢はメーカーの崩壊で

ほぼ持続不可能な時代になっているということか。

同様のことはジャンルを問わず業務用の商品のメーカー全体の問題として、

職人が必要としている質の高い機械が、安価な耐久性のない、

長期メンテナンスができない商品しか選択できなくなっているのが現実。

ムーアの法則で始まった価格破壊は、デジタルの世界だけでなく商品流通構造とサービスを破壊している。






by dug-wara | 2019-08-07 19:43 | Comments(0)