<   2018年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

アボガド

去年の10月にハワイの友人からもらったアボガドの種を水耕栽培していたが

まったく反応がないまま台所に放置しておいたら・・・・根っこが出てきた。

暖かい季節まで時間を待って根っこが出てくるとは・・・

3つとも根っこが出たので水耕栽培とハウス栽培と直接庭に植えてみた。

これは今からの時期にアボガドを食べて栽培するのがよいのだろう。

ということでしばらく種探しをすることにした。

冬場をどう乗り切るか?



[PR]
by dug-wara | 2018-04-30 12:22 | Comments(0)

種まき

ハウスの稲の苗が今週には田んぼに移植するので、

その後の主役の種を種まきした。

すでになす・とまと・パプリカ(ピーマンの代役)は播種して徐々に発芽

今日はゴーヤ、モロッコインゲン、きゅうり、キャベツ、モロヘイヤ、オクラ、かぼちゃ2種、エンツァイ

などの夏野菜を中心に播種した。

ハウスがあると苗つくりも畑と別に管理して、定植まで考えながら畑の作業もできる。



[PR]
by dug-wara | 2018-04-30 11:18 | Comments(0)

プール育苗のシート補修

プール育苗で使用しているターポリン生地が漏水しているので、

苗箱を移動して生地を確認、わずかに切り傷を発見したので、

2種類のテープで裏表を補修、ネットで補修用のテープを注文する。

応急処置で苗箱をもどしてとりあえず無事に作業終了。

苗箱の位置も変えて成長がそろうかもと期待してみた。

苗もこれから一気に大きくなると、水の吸い上げ量も多くなるので

その前に補修できて一安心。

さてこれから田んぼで植え代掻き

田んぼの漏水も落ち着いた。

田植え機の始動も完了

もうすぐ田植えが始まる。



[PR]
by dug-wara | 2018-04-29 09:24 | Comments(0)

かぼちゃの苗

飛騨高山に来歴不詳で伝わる伝統カボチャ。

ヘチマのような長い形と灰緑色に薄い縦縞のある変わった外観が特徴。

スクナカボチャの苗を譲ってもらった。

以前から栽培したいと思っていた品種のたねはなかなか手に入らないでいて

いきなり苗で手に入った。

寒いところで栽培される品種なので、ハウスの暑い環境では葉がしおれているが

夕方涼しくなるころには元気になる。あすにはハウスから路地に出して育ててみる。

かぼちゃもこの時期から定植すればネットをかけなくてもウリバエの被害を避けられると

温室促成の利点を発見。

[PR]
by dug-wara | 2018-04-28 20:26 | Comments(0)

たけのこ

今年は早い出足で不作もあって高値のたけのこだったらしいが、

先日の暴風雨のおかげでたけのこもいのししが食べつくした跡の穴の近くに

新しい芽を出しているのを発見。二日続けて久しぶりのたけのこ掘り

やはり雨の後に新しいたけのこが出ていた。

まだいのししも出没しているようだが、人様の分も残っているので

竹林の入り口付近のを収穫した。

季節のたけのこは旬の味、真空パックで保存してしばらく楽しむ。

[PR]
by dug-wara | 2018-04-27 18:57 | Comments(0)

ロータリーの爪交換完了!!

トラクターのロータリーの爪を新品と交換

今回はこだわりのメーカー純正、作業もお願いして交換手順と道具を

使っての作業を見学した。

六角レンチとボックスレンチとトンカチと道具は特殊なものもなく

オイルスプレーが業務用で浸潤力が強いような気がする。

定期的な交換をすれば自分でもできるが、そのコツと抜けにくい

両サイドの偏芯した爪の部分が負担がかかるのかなかなか抜けないとか

ねじも砂が入り込んでるのか、なかなか抜けないとか

油圧ロックやロータリーカバーを持ち上げて固定するピンの使い方とかを

教えてもらった。

午後から早速、代掻き2回目





[PR]
by dug-wara | 2018-04-26 12:53 | Comments(0)

ロータリーの爪

トラクターのロータリーの爪が磨耗していて

そのままにしていると折れたり危険だという話も聞く

鋼でできた爪も土をかき回していれば砂で磨いているようなもの

実際に久しぶりに使うとさびていた爪がきれいに磨かれて

金属色に変化する。

畑と田んぼと一年を通して稼動している我が家のトラクターは磨耗が早いかもしれない。

かき混ぜる土壌によるらしいが、早いところでは1年で交換するそうだ。



[PR]
by dug-wara | 2018-04-24 08:14 | Comments(0)

荒代

田んぼを代掻き一回目、大まかに代掻きをして田んぼに水を入れて土を

やわらかくしておくと次の代掻きまでにはとろとろの泥の状態が出来上がる。

お隣はすでに田植えの真っ最中、最新の機械でスピードも速くあっという間に

田植えが終わって、その途中でこちらに一言、ロータリーのつめがもう寿命だよと・・

交換すると作業がはかどるよと教えてくれた。

明日早速業者に連絡して交換しよう。

[PR]
by dug-wara | 2018-04-22 21:23 | Comments(0)

さやえんどうとスナップエンドウ2018

ことしもやっと竿たてとネットを張って

さやえんどうの収穫に間に合うように準備した。

田んぼの給水をしながら、しょうがを播種して、竿たてをして、

あぜの草刈をしっかり2タンクこなして、だいぶ田畑らしくなってきた。

明日は水路つくりとさらに草刈、給水、畑の整備が遅れると雑草がはびこって作業が手間取る。



[PR]
by dug-wara | 2018-04-19 16:37 | Comments(0)

田んぼの給水

いよいよ田んぼに揚水する時が来た。

乾いていた田んぼは水をためるのに去年は2日かかった。

夜は状況が見えないので給水も止める。

去年より2週間遅れでスタートした稲作、ほかの田んぼは皆さん代掻きも終わって田植えもほぼ終わる時期

毎年のことで気持ちがせわしない時期だ。


[PR]
by dug-wara | 2018-04-18 12:37 | Comments(0)