<   2018年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ねぎとバジルが発芽

コンパニオンプランツとして播種したねぎとバジルが発芽した。

紫蘇とパセリはまだ・・・

バジルが一番早かった。

ねぎは2つに折った状態で発芽してから一本の針のような葉になる。

それぞれポットに播種した。そのままポットで育てて、直接移植する予定。

なすの苗もそろそろ移植時期、パプリカはもう少し成長してから、

今日急に大きくなったのはマクワウリだがまだ本葉が育っていない。

苗を見ていると隣の苗と触れ合う状態では大きくならない。

移植前と思われる苗は間隔をあけると成長する。

[PR]
by dug-wara | 2018-05-31 11:22 | Comments(0)

かぼちゃ二回目の播種から鉢上げ

今回は前回優秀だったエビスかぼちゃの種を2種類播種してほぼ双葉がそろったので

鉢上げした。

かぼちゃも長期保存より何回かに分けて栽培して旬の時期を長く楽しむ計画

長い実のすくなかぼちゃは順調に育っていて寒冷紗をはずして

いよいよ受粉体制作り

ミツバチが激減している田んぼ周辺でもウリバエはたくさん出てくるので受粉は

問題ないと思うが?

[PR]
by dug-wara | 2018-05-30 16:25 | Comments(0)

キャベツと白菜

今年のチャレンジは季節はずれの白菜とキャベツ

苗の生育は順調で大きくなり始めたので、防虫網とマルチで覆いをかけた畝に定植

無農薬でコンパニオンプランツと合わせて収穫までたどり着けるか?


[PR]
by dug-wara | 2018-05-30 16:19 | Comments(0)

トマト定植と新じゃがの収穫

トマトの苗を定植

一畝分を畑の乾いているところに、残りの数本をハウスでポット栽培してみる。

ジャガイモは去年の倍の量を間隔をつめて栽培した。

間隔をつめると結局一株にできる量が減るので悩ましいところだ。

結果的にはいつもの倍近く収穫はできると思うが時期は少し遅くなる。

新じゃがのねっとりしたおいしさのうちに3割位は収穫して楽しむ。



[PR]
by dug-wara | 2018-05-30 07:11 | Comments(0)

苗が大きくなってきた。

苗が突然大きくなる時がある。

急に成長するときが畑に移植する時期だと思うので、

先日はトマトときゅうりを移植して

今日はキャベツとほかいくつかの野菜用の畝を立ててきた。

次はなすが大きくなりそうで、その時期がいつなのか予測がつかない。

あらかじめいくつか畝たてはしてあるのだけど、

ジャンボにんにくとジャガイモがまだ時期には早いので収穫できないでいる。


[PR]
by dug-wara | 2018-05-29 19:59 | Comments(0)

バインダーの修理完了

餅屋は餅屋

農機具の修理はメーカーのプロに出すのが一番

同じ農機具でもメーカーが違うと修理できない。

バインダーはクボタ、修理はクボタの直営のお店で、年配の方が

懐かしそうに見ていたので安心してお願いしてきた。

麦刈りまであと数日

間に合ってよかった!



[PR]
by dug-wara | 2018-05-29 19:36 | Comments(0)

空芯菜とべにはるかとシルクスイート

雨の前に作った畝に空芯菜の苗を定植して防虫網のトンネルをかけた。

昨日苗を注文しておいた紅はるかとシルクスイートを定植

今年は海苔網の二次利用でいのしし対策

苗が次々に大きくなるのでせっせと定植。

マルチをかけた畝はできているので順番に定植する。







[PR]
by dug-wara | 2018-05-26 21:25 | Comments(0)

かぼちゃ定植

かぼちゃの苗の本葉の3枚目が出てきたので、休みの娘に手伝ってもらって

畑に定植した。

十分な間隔をあけて一株ずつ、アーチを立てて防虫用に寒冷紗をかけてをかけて

網を畑の土で固定してあっという間に20株の定植完了。

帰りにたまねぎの収穫をして帰宅。

たまねぎの葉が枯れ始めたのでそろそろ全量収穫して、次の作物の準備



[PR]
by dug-wara | 2018-05-21 00:21 | Comments(0)

苗作り

ビニールハウスでのなえつくりがピークになってきた。

順番に定植しないとハウスの中に収容しきれなくなりそうだ。

モロッコインゲン、トマト、かぼちゃはそろそろ定植時期で、

きゅうり、なす、キャベツと鉢から葉が重なるほど大きくなるのに合わせて、

間隔をあけて重ならないようにする。

初めてのハウス育苗体験はほぼ順調、定植する畝つくりを苗の成長に合わせて

準備している。



[PR]
by dug-wara | 2018-05-19 08:10 | Comments(0)

バインダーの修理

昨年の稲刈りの後にバインダーを掃除して、オイルスプレーで

メンテナンスをしていた時に、動作不良が発生した。

稲刈りモードでクラッチが入らない故障で、以前も同様の故障で修理した経緯が

あったので、修理をお願いすることにした。

稲を刈り取って麻紐で出束ねてくれる日本人しか考えない紐で結ぶ作業を

機械でやってくれるので畑の作業を効率化してくれるすばらしい機械なのだ。

予備をかねて2台保有しているがそろそろ2代目もメンテナンスする時期だ。

バインダーは精密機械のレベルでいまだに動作は理解できていない。

[PR]
by dug-wara | 2018-05-18 19:43 | Comments(0)