<   2018年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

さやえんどうとスナップエンドウ2018

さやえんどうとスナップエンドウが発芽した発芽した。

自家採種の春菊や小松菜、大根も発芽した。

大雨で困った畑と、その前に播種して発芽した種とどちらも大事だなぁ

ほうれん草もあとから蒔いたけど発芽した。

キャベツやたまねぎも定植待ち

まだやることはたくさんあるな。



[PR]
by dug-wara | 2018-10-31 15:41 | Comments(0)

畑の準備播種直前   

畑が27日の予想外の大雨でびしょびしょになってまだ乾かない。

トラクターで表面を耕して早く乾くようにしてみた。

11月雨の前に麦を播種できるように祈る・・・・

[PR]
by dug-wara | 2018-10-31 15:36 | Comments(0)

ホアジャオ

『花椒』は、カホクザンショウと呼ばれる木になる実の果皮を乾燥させたもののこと。

ということで我が家の山椒も粉にして油に浸してみたら、

しびれる味と山椒の香りで病みつき、一滴で十分な香辛料として使っている。

以前はホールのままラー油に入れていたが、フードプロセッサーで粉にしてから使うと

今年収穫した分はとても使い切れない量だ。



[PR]
by dug-wara | 2018-10-29 14:51 | Comments(0)

にんにくのむかご

ジャンボにんにくのむかご(木子)を水につけて柔らかくなった皮をむいた。

プランターに埋めて発芽試験からそのまま来年まで成長させて来年の種になる。

2年3年かけて成長させてジャンボにんにくまで大きくなれるのだろうか?

実験してみる。

[PR]
by dug-wara | 2018-10-28 17:08 | Comments(0)

晴れが続く

天気予報によると10日間晴れが続くらしい。

畑の作業はこの間に一気に進めておきたいところだ。

麦とソラマメの播種、春キャベツの定植、

畑の整備などでひと段落、来年のジャガイモの畝の場所を決めて

水路の掃除やトラクターの整備まで11月中にメドが立ちそうだ。

[PR]
by dug-wara | 2018-10-28 17:03 | Comments(0)

すくなかぼちゃ、エビスかぼちゃ

今年は2年前に播種したエビスかぼちゃの種から選別したものを播種してみた。

かぼちゃとしてはどれもおいしいのだが、2世代目の選別した雑種なので

来年遺伝子を寄せるとあまりいい個体ができない可能性もあるということで

来年は新しい種を購入することにした。

すくなかぼちゃは原種と掛け合わせたかぼちゃの2種から2年かけて

選別している途中の苗をもらって5株中4株はすくなかぼちゃの特徴があるが

残り1株は明らかに掛け合わせた品種の特徴が出たのですぐに抜いて処分した。

すくなかぼちゃはねっとりしたおいしさで保存性がよいという特徴で

抑制栽培に向いていると思われる。

かぼちゃは育ててみると徐々に栽培方法がわかってきたので、

来年は計画を立てて長く楽しめるように栽培できるように調整してみる。


[PR]
by dug-wara | 2018-10-25 20:51 | Comments(0)

ジャンボにんにく、さやえんどう、スナップエンドウ、大根、春菊、小松菜

ジャンボにんにく、さやえんどう、スナップエンドウ、大根、春菊、小松菜を播種した。

ジャンボにんにくはわがやで今年栽培した分が、夏の暑さでだめになったので長野で購入した分を播種、

さやえんどうとスナップエンドウは畑の利用状況から無理やり畝たてして播種、一部残った種は来年3月蒔きに挑戦

大根、春菊、小松菜は去年播種して自家採種した種をマルチの畝間に雑草対策で播種してみた。

今年の冬野菜の播種と来年収穫の播種作業は残り小麦とソラマメかな

残りの畑を耕して準備ができたところから順番に播種する。

10月の晴れを待つタイミングがこの時期になると一気に作業が進むので、

この時期収穫の落花生とサツマイモは栽培してもうまく収穫時期を調整できないのが今年の課題。





[PR]
by dug-wara | 2018-10-24 18:36 | Comments(0)

マコモダケ

2年前にマコモだけを栽培している方から分けていただいた株が

我が家の庭の瓶の中で分けつして、一株が10株くらいに分かれてそれぞれに

ぷっくりとふくらんで今が食べごろだ。

マコモに寄生した黒穂菌の影響で根元の部分の茎が横に肥大してくるころ、

急に太くなるので収穫時期の見極めが大事で旬が過ぎると割れて黒くなってしまう。

黒くなったのは黒穂菌が増えているということで体によい成分でもあると思う。

我が家ではてんぷらにして食べたり、乾燥させて保存して、食べたりしている。

からだの調子を整えてくれるのを実感して毎年観察しながら栽培方法を研究している。

もともと河川に普通にある植物らしいのでできれば手を加えずに栽培できないかと

観察している。

マコモは神聖な植物でもあるようで、注連縄をつくることもあるそうだ。

[PR]
by dug-wara | 2018-10-24 08:28 | Comments(0)

今日は雨

雨で畑仕事ができないので春まきキャベツの苗を鉢上げ、

種の整理をしながら自家採種した種を含めて畑のどこに蒔くかいろいろ考えてみる。

連作にならないように、畑の片付けの時期がそろうように、などなど検討しながら

スペース配分をしてみる。

残った場所には、小麦とソラマメを播種する。

雨では何もできないので今日は休養日。

[PR]
by dug-wara | 2018-10-23 14:54 | Comments(0)

みどりもち稲刈り終了脱穀まで

快晴の秋空の下で稲刈り

バインダーで刈り取って束ねて、自宅に運んでハーベスタで脱穀して

稲わらを畑に運んでハウスで自然乾燥する。

籾で脱酸素して保存、必要な量をもみすりして使う。

今年はもちがいっぱい作れる。

そしていよいよ米あめつくりを始めようかな。


[PR]
by dug-wara | 2018-10-22 17:38 | Comments(0)