人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

デロンギのオーブンの修理

デロンギ(イタリア製)のオーブンが動かないとのことで、分解して故障箇所の特定をしてみると

いままでタイマーをスイッチとして使っていたが、タイマーが壊れて

いよいよ動かないのでネットで汎用品を検索した。ほぼ同じ機能の製品がアリババにあった。

一ヶ月覚悟の注文、日本で購入するとすぐに届くが、商品も限られて結局中国の会社なのだ。

中国から直接購入すると、半分は運賃だが安い、スリルもあるので低価格のものに限る。

アマゾンが便利な日本市場向けの商品もあるが、パーツ単位での発注はアリババも活用

30日のタイムラグは商品が届くまでのお楽しみ。

海外の製品は海外のパーツを探すと必要なパーツが手に入る。

今まで、アメリカ製のオーディオ機器の電源部をアメリカから(アリババでも販売していたが高額な商品なので)

ノートパソコンのCPU用のファンをアリババから購入した。どちらも時間はかかったがちゃんと届いた。

あわせてほかのオーブンで壊れやすい整流ダイオードを検索、

こちらは日本のパーツの会社から購入、価格はちょっと高めだ。

2つのパーツを海外から待つには時間的にいつ修理できるか分からないので、こちらは日本にした。

いろいろほしいものを検索すると多くは中国製なので修理ができないものや、国産で高い品物が

修理代で購入できるなら海外製でよいという選択肢が必要になってきた。

by dug-wara | 2019-08-28 18:04 | Comments(0)

ゴーヤ

ゴーヤがやっと食べごろ

もう少し早く暑い時期に食べたかった。

去年の果実から種取りをしたらほとんど発芽せずで、種をまきなおしたので

成長もゆっくり、季節をはずした栽培は難しい。

我が家の定番は素上げしてそのまま食べるか、南蛮漬けにして冷たく食べる。

やはりゴーヤチャンプルーは欠かせない。



by dug-wara | 2019-08-28 16:46 | Comments(0)

じゃがいも

今年は長雨が続いて芋ほりができなかった。

雑草も覆い茂ってどうにも手をつけられなかったが、

涼しくなってきたので草刈をして畝をスコップで掘り返して収穫してみた。

雨で水没しているような状況で6月のころはほとんど芋がない状態だったが

夏の暑さと乾燥で生き残ったジャガイモが植えた量と同じくらいの収穫・・・・

まあ、今年はそんな年。

コロッケを作ったら格別のおいしさでした。

by dug-wara | 2019-08-28 01:45 | Comments(0)

大西つねき氏の講演会

昨日は成田まで出かけて、大西つねき氏の講演会に参加してきた。

主催は、風楽(ふら)を運営している川端さんたちのグループ

現在のお金の価値観から、人間の価値観創造へのシフトを提案する彼の話は

根源的なお金の仕組みを説明している。

お金が物々交換の手段だった昔からの価値観が、お金をマネーゲームにして

ものの生産に関わらずに、消費に結びつけるとお金に価値はなくなるというようなお話。

自分の生活は物々交換経済がベースで、畑を耕し穀物を収穫して、収穫物で味噌や保存食を作り

できるだけ安心安全な食生活をしたいと実行している。

講演会の内容は興味深い、農耕民族としては外側の経済と関わる課題だと思う。




by dug-wara | 2019-08-22 08:38 | Comments(0)

雑草

7月の長雨で雑草の勢いが止まらない。

7月中30日間連続で降り続いた雨は大地に深く大量の水分を含ませて、

夏に乾いて雑草の生育を抑えるはずが、7月中に根を張った雑草は

8月に天気が続いても地中の水分を吸い上げて大きく成長している。

田んぼの中干しを6月中に始めた田んぼは十分乾いてから雑草が出てきて

7月の長雨で稲と争うように雑草も生育している。

収穫時期に雑草が繁茂している田んぼは収穫も大変と思われる。

今年は長雨で収穫にはどの酔うな影響があるのか?

涼しくなってきたので、草刈をして耕して畑の景色をつくろうかな。



by dug-wara | 2019-08-22 07:37 | Comments(0)

チェーンソーのメンテナンスを確認して

チェーンソーの修理で感じたのは自分でなるべくメンテナンスをすることがとても大事ということ。

当たり前のことだけどすでに実店舗では金物屋でもホームセンターでもパーツのことを相談できる

スタッフはいない。自分でメンテナンスパーツの型式を確認してストックする必要がある。

チェーンソーの心臓部のチェーンもいつの間にか互換性のある商品が安価に出回っている。

高いブランド品か安価な互換性のある商品か比べてテストをしてみることにした。

ブランド品でもネット販売の商品は店舗販売より格安で、これが地域の老舗を圧迫しているのはわかる。

となると老舗の実店舗も対策が必要と思われる。

あと10年したらと想像するのはかなり難しい。もう戻ることもできなくなるのか・・・


by dug-wara | 2019-08-07 19:59 | Comments(0)

草刈機とチェーンソー

常用の255mmの大きい草刈機が不調で、初めてコイルの交換をした。

今までどの草刈機でもコイルがだめになることはなかった。

町自慢の金物屋でのお勧めを購入したのにすでにこのメーカーの扱いはない。

このメーカー自体が買収されて会社の体質が変わってしまったのか?

それとも製造を海外に任せて品質が下がって事業売却したのか?

どちらにしても職人気質の金物屋では手に負えなかったと思われる。

チェーンソーはしばらく使っていなかったら、2台とも不調で

一台は草刈機のメーカーと一緒、しかしこちらはホームセンターで購入したので

メーカーとの関係がよいのか時間はかかったけどちゃんと修理された模様

もう一台は例の金物屋、品質で選んだメーカーと機種なのだが、こちらは修理技術が伝承されていないのか?

サービス対応の受け答えができないのか、顧客にちゃんとした修理方法や内容が伝えられない。

結果的に部品交換しかできないとのことなので、アッセンブリー一式の交換で高い修理についた。

こちらのメーカーも買収されたのか、合弁したのか会社名から単なるブランドになって

職人用の高級機からホームセンター向けのブランドまで、たくさんのラインで販売している。

以上まとめて3台の修理からいくつか思ったことがある。

エンジン類のメンテナンスの必要な機械は、自分で修理技術を持ってパーツの手に入りやすい

海外ブランドの商品を選択するか、ホームセンターで国産の大手資本のメーカー製の機種を購入するか

一番安価な海外製の商品を使い捨てで使うかの選択肢しかないように思う。

どちらにしても職人が高くても安心して修理を任せられる金物屋という選択肢はメーカーの崩壊で

ほぼ持続不可能な時代になっているということか。

同様のことはジャンルを問わず業務用の商品のメーカー全体の問題として、

職人が必要としている質の高い機械が、安価な耐久性のない、

長期メンテナンスができない商品しか選択できなくなっているのが現実。

ムーアの法則で始まった価格破壊は、デジタルの世界だけでなく商品流通構造とサービスを破壊している。






by dug-wara | 2019-08-07 19:43 | Comments(0)