ポップコーン

日曜日にポップコーンを出品することにした。勝浦の友人が作っている無農薬無化学肥料のポップコーンを会場で煎って2年醸造の千葉県富津市の宮醤油を使って醤油味ポップコーンを実演販売する。カセットコンロと寸胴を使ってたのしく作ってみようかな?遺伝子組み換えでないポップコーンを作っている友人は勝浦でうし、やぎ、ビーグル犬、うずら、ニワトリ、烏骨鶏、あいがも、きじ、七面鳥などなどを研究飼育している友人だ。自家採種して育てているポップコーンは、安心安全だ。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-05 19:24 | Comments(0)

タマネギを収穫

梅雨の合間の晴天は今日しかない!と、本日午前中に収穫。午後半日天日干ししてからネットに大きさで小分けして軒下にぶら下げた。去年より若干収穫量は増えた。しかし、大きさは市販のタマネギより小さい。どうしたものか?
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-04 18:46 | Comments(0)

パソコンとインターネット

以前お手伝いしていたパソコン教室から、パソコンを譲り受けた。17インチの液晶モニターと2.2ギガのウィンドウズXPでまだ充分使えるマシンなのに、最近はノートタイプの方が人気らしく引き取り手がないとのこと。我が家ではMacがメインなのだが、WEBやメールはどちらでも受信して不自由なく使えている。さらに5歳の娘はOSにこだわりなくWEBや印刷を自在に使いこなしている。パソコンは3年で不要物になってしまう。今日パソコンのことでおもしろい話を聞いた。某、ヤマダ電機に壊れたブラウン管タイプのモニターとパソコンをリサイクル法で処分を依頼しようと電話したら、なんと100円で買い取ってくれるという。ゴミとして処分するには1台あたり7500円ほどかかるらしいのだが、下取りに出せば100円で買ってくれるという。理由は譲渡したパソコンはリサイクル法の範疇ではないということらしい。なんだかなぁ。早速3台ほど箱にいれて持って行きました。大多喜に移住するときに一番心配したのは自宅にADSLが届くかどうか?だったことを思い出す。農作業の疑問はほとんどWEBで解決している。情報発信もブログの投稿やプライベートな情報は自宅サーバーで管理して、WEBにも公開している。大多喜の山奥に住んでいても、情報には不自由しないありがたさを実感している。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 22:01 | Comments(0)

畑は水浸し

梅雨に入って毎日の用に雨が続いている。もともと我が家の畑はずっと使っていなかった田んぼなので、水はけが良くない。水路を造っても雨が降ると2日くらいは水が残るので梅雨時は水浸しになる。畝を作ってあるので何とか作物は生き延びているが成長は遅くなる。作物にがんばれーと声をかけるくらいしか出来ない。晴れても畑の作業は出来ない。水が引いたらタマネギの収穫が待ったなしだ。ニンニクももうすぐ収穫の時期。大豆の種蒔きの準備模しなきゃっ!っとまだ小麦が植えてある。こちらの収穫、天日干しも準備。6月は農作業のピークになりつつあるのだ。1日でも多く晴れてほしいと思う。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 21:45 | Comments(0)

空豆が旬だ

空豆の旬がきた!毎日収穫してすぐにたくさん食べられる幸せ!あと1週間くらいでピークが過ぎて、のこりは種用にさやが黒くなるまで待つ。大きいさやのは自家採種できないので1週間で食べきる!我が子の名前が付いた豆は子供達も大好きで、さや剥きも上手に出来るようになった。大きいさやの自家採種した豆があればなぁ~・・
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 21:35 | Comments(0)

ショウガ

ショウガの芽が出ました。4月の植え付けして1ヶ月近く黒マルチの中で温かくすごしていたショウガですが、先日ウコンの芽が出始めて一部カッターナイフで切れ目を入れて様子を見ていたら、発芽を確認しました。早速マルチをはがして翌日新芽がニョキニョキと出てきました。タイミング大成功でした。我が家では薄切りにしたショウガを柿酢に漬けて1年間楽しんだり、発泡スチロールの箱に空気穴を開けて籾殻に保存して1年分自給できるようになりました。しかし、まだ種は自家製が残らないので、某ホームセンターに出店している八百屋さんから購入していました。今年は大きく育てて自家用を、来年植え付けしたい。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 21:30 | Comments(0)

樽と瓶など

田舎暮らしで発酵食品を作り始めて、樽が増えてきた。味噌、醤油、柿酢、梅干し、などを食糧倉庫には収納できずに縁側などに放置されている。木の樽が4つ、ポリ容器の樽が12こ、10リットルの瓶が16こ、プラスチックの8リットルの容器が8つ、8リットルの梅酒用?のガラス瓶が8つくらい?と棚を作って立体的に保存しているのだが、離れを改造して発酵食品を保存できるようにすることにした。味噌の天地返しの時期から徐々に移動して1年がかりで収納する予定。今回絞った柿酢も容器が足りないので1升瓶に移して保存することにした。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 07:00 | Comments(0)

柿酢の火入れ

友人達にお分けするのに今年は火入れをしてみた。ステンレスの鍋に柿酢の上澄みを入れて温めて沸騰寸前に火を止めて、急冷して容器に詰めた。柿の甘みと酸っぱさがちょうど良くできた。火入れをしたのは今年初めて。たくさんできたので少し様子を見て保存用に火入れする。そのまま熟成させた柿酢もおいしいのでキープする。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 06:56 | Comments(0)

うめ

梅を収穫に出かけてきた。手が届く範囲をもぎ取ってから、枝を引っかけてたぐりよせてさらに木に登って木の上の方を取った。去年は不作だったので、ことしは良いのでは?と期待していたが2年前と比べると実が小粒だった。そこそこの収量だったので、帰宅してから塩水で洗ってゴミ取り。明日はざるにあげてから梅干し用に漬け込む。我が家のポイントは自然塩を10%で漬けた酸っぱい梅干し。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-03 06:49 | Comments(0)

ベジタブルガーデン

来週開催されるナチュラルライフマーケットの下見に会場のベジタブルガーデンに行ってきた。ガラス張りの大きな温室の中にレストラン、ショップ、苗販売などの施設を備えた観光施設で、某大手ピザ屋さんの野菜も作っているらしい。温室の中の野菜はのびのびと育っていて、遮光ネットなどで光量も調節している。ハウスの活用方法のアイデアがたくさん活かされていて我が家のハウスにも必要なことが学べる場所だ。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-02 00:27 | Comments(0)

燻炭マルチ

雨の翌日は除草作業で始まる。黒マルチをした畝も種を蒔くのに開けた穴にちゃんと雑草が生えてくる。除草をした後に、燻炭をその穴に敷き詰めて光を遮断して、少しでも雑草の生える時期を遅らす。そのほかイチゴの苗の下は燻炭を敷き詰めてイチゴの別途にしている。ネギを種から育てているのだがその除草のあとも燻炭で雑草を押さえている。
[PR]
# by dug-wara | 2008-06-02 00:12 | Comments(0)

自家採種

なのはな系の種を、自家採種した。こまつな、三浦大根、辛味大根、チンゲンサイ、かぶ、白菜など黄色くなった株を刈り取って、小屋の2階にそれぞれ袋を敷いて乾燥中。たくさんの種類を置いている。乾燥したらさやをたたいて種を少し蒔いて発芽確認をして冷蔵庫で保存する。にんじんはやっと花が咲いた。採種するまでもう少しかかりそうだ。今年はサヤエンドウとグリンピースも完熟させて種取りをする。空豆は発芽確認した種を保存する。そろそろ種用の冷蔵冷凍庫が必要になってきた。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 19:33 | Comments(0)

淡竹(はちく)

淡竹の旬が来ても良い時期なのだが今年はいつがピークなのか?よくわからない。毎年直径8センチくらいの太い淡竹がたくさん穫れていた。去年おくの杉林の間伐をするときに竹林の半分が搬出のために削られた。おかげで収穫が少なくなってちょっと残念。破竹の勢いは淡竹と字が違う。大多喜に住むまで食べたことがなかった。孟宗のタケノコより柔らかくてえぐみの少ない栗味のタケノコは煮てもおみそ汁でもおいしくいただける。間伐の片付けをして竹林の復活を願っている。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 19:16 | Comments(0)

きなこ

ナチュラルライフマーケットに出品する種用の大豆を選別して余った豆を我が家で煎ってから、きな粉にした。粉にする機械はいろいろあるらしい。はじめは機械に豆を入れすぎて温度が上がってしまったり、機械を詰まらせたりといろいろ失敗したが、豆をすこしずつ入れて低温で機械を動かすときめの細かいおいしいきな粉が出来る。コツを習得して使用前に充分メンテナンスして機械を使うのがポイントだ!
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 03:57 | Comments(0)

黒米

暖かくなってきたので、籾摺りと選別をして真空パック詰めをした。これで長期保存もOK!黒米を玄米ご飯に少し入れて炊くと鮮やかな紫色になっって、時間とともにさらに深みのある色に変化してゆく。餅米なので白米に少し入れて炊くときれいな紫色でご飯ももっちりおいしく感じる。アントシアニンの黒なので、体にも優しく良いらしい。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 03:49 | Comments(0)

グリンピース

グリンピースの栽培は今年初めてなので収穫時期がよくわからない。WEBで調べてみるとさやが色あせてきた頃らしいので少しずつ収穫して試している。調べていると完熟したのが、ウグイス豆だとの記述を発見。実はあんパンのウグイスパンが大好きだったので完熟豆も収穫したい!ということになった。最近のウグイスパンは何か違う製法になったのか昔の味はしない。うぐいすあんを自作して我が家でウグイスパンを作ってみたい!
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 03:34 | Comments(0)

そらまめ

空豆がそろそろ食べ頃だ。早生種のほうは小粒だが味の濃いおいしい豆で、大きい方はまだ若くて甘みがある。旬は一瞬で見極めが難しいが少し早めから徐々に食べておいしくなったら大量収穫でおいしくたべて、少し種取り用に残す。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 03:15 | Comments(0)

いちご

いちごがたべごろ。今年初めてなので赤くなってからつみ取ってその日に食べると酸味があっておいしい。少しピンク色の実も数時間で真っ赤になる。翌日収穫できないときはピンク色の実も摘んで夕方には真っ赤になっておいしく食べてしまうことにした。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 03:04 | Comments(0)

たまねぎ

タマネギがそろそろ収穫時期。葉っぱがくたんと横に倒れると収穫する。去年は8割くらい倒れたら全部収穫する方法だった。今年は倒れたタマネギを雨の前の日に徐々に収穫する方法にしてみた。去年より辛みの少ないタマネギが収穫できている。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 02:56 | Comments(0)

落花生の種蒔き

昨日の雨を期待して、その前日に落花生を種蒔きした。今年はマルチに穴を開けて植え付ける方法で去年の2倍ほどに拡張した。おかげで充分用意したはずの種が少ししか残らなかった。マルチの穴を開けた所は燻炭で覆って水分を逃さないようにした。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 02:52 | Comments(0)

柿酢

梅雨入りした。雨の多いこの季節は屋内で出来る作業をすることにした。まずは柿酢絞り。梅酒の瓶に仕込んでおいた去年と一昨年の分から絞る。よくかき混ぜてさらしで作った袋に流し込む。酢酸膜はフードプロセッサーで細かくしてから絞る。ある程度絞ってからはざるで少し時間をかけると元の量の3割くらいがスムーズに漉し取れる。そのあと我が家の縁側の柱に取り付けた長さ2メートルの漉し棒の下にボールを置いて檜の木っ端で挟んでプレスすると残りの3割くらいが搾り取れる。柿を瓶に詰めて6ヶ月くらいで中の柿はおいしいお酢に変わる。1年くらい寝かしておくとさらにまろやかなお酢になる。酢酸菌が活動を続けるので3年くらいで味が変化してくる。今年は湯煎で火入れをしてみて長期保存にチャレンジする予定。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-31 02:44 | Comments(0)

ナチュラルライフマーケット

大多喜にあるベジタブルガーデンで6月8日ナチュラルライフマーケットのイベントがあります。ダグとワラとしてははじめてこのイベントに出店します。当日の出品内容は、我が家で自家採種した大豆、黒豆、落花生などこれからで間に合う種と、農産物や加工品を予定しています。詳しくは  http://www.herbisland.co.jp/event/market/market.html
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-27 02:52 | Comments(0)

苗作り

苗も順調に育っている。やっとスイカとオクラの芽が出てきて今年の夏野菜はさらに、トウモロコシとモロヘイヤと大根、唐辛子を作りたいと計画している。タマネギやニンニク、そしてサヤエンドウ、スナップエンドウを収穫したらすぐに畑を準備して苗の植え付けだ。このタイミングが微妙で去年はオクラとモロヘイヤの移植が遅くなってジャガイモの収穫した後に植えた。結果的に良くできたのだがもう少し長く楽しみたいので今年は早めに芽出しをしている。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-23 20:43 | Comments(0)

しそ

去年は不作だった梅は今年はたくさん穫れる予定。赤じそも畑に自生しているのを集めて、畑の空いたところに移植してみた。十分な広さと日当たり条件で大きく梅の時期に合わせて育ってほしい。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-23 20:31 | Comments(0)

田植え完了と補植

田植えは家族で2時間もかからずに完了。1日おいてから補植をした。補植は3時間かけて気になるところを大きく育った苗を手植えした。手植えはなえの選別が出来るので茎の太い大きく育った苗を選んで1本ずつ植えることが出来る。改めて手植えの良さを確認した。水の加減も課題だ。暖かくなっている水をそのままキープできれば成育に良いとも思うのだが、モグラが道を造ったりすると水が抜けたり水路から冷たい水が入ってきたりとこれからの管理が大切。カモさんを話すために網を張って、テグスを張ってとまだまだやることはたくさんある。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-23 20:28 | Comments(0)

田植え

明日は田植えの予定。雨降りの後のお天気に併せて一気に植える予定。我が家は家族分の収穫が目標で収量より元気な稲穂が楽しみでもあるのだ。我が家の田植機は2台ある。機械は使用頻度は少ないので快調なのだが、すでに20年ほど昔の機械らしい。小さい田んぼには十分だしちょっと大きな農家でも1年に1週間も使わないので保存さえしっかりしていればまだまあ使える。その上、今は植え付けの間隔を狭くして分けつより株数で収量を確保するような植え方が、田植えの時期が早くなってからの主流らしい。我が家の田植機の1台は貴重な植え付けが可能なのだ!それは植え付け間隔を30センチに広げて植えることが可能なこと。3年前に田植機の使い方をHPの検索で勉強中に、走行モードで植えると昔のような感覚の広い田植えが可能だと記述してあった。我が家のISEKIのさなえという田植機はそれが可能だ。網一大にクボタの方は機種が新しいので走行モードでは田植えが出来ない。いつ動かなく鳴るかも解らないので2台ともメンテナンスしている。明日はミドリモチは走行モードで、イセヒカリは田植えモードで植えてみる予定。もっとおもしろいのが走行モードで植えても収量があまり変わらないのだ。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-20 16:29 | Comments(0)

大雨のあと

昨日からの大雨で畑の様子が全く変わってしまった。雨が降るので対策はすこししていたがその後の風で昨日まで空に向かって元気よく育っていたサヤインゲンなどの豆類は姿を変えてしまった。田んぼは大雨の予報で水切りをしておいたので被害なし。水路の土嚢も全部よけておいたのであふれずにすんだ。ジャガイモは強風で茎が折れてしまったのが数本、全体に風でやられて元気がない。小麦は風でなぎ倒されて斜めになっている。後、畑は冠水状態。とりあえず豆の茎を支柱に絡ませて多少被害修復。あとの作物は放置。しかし1週間もすると大雨の後もほとんど気にならないほど作物は自分で修復する。あめでたっぷりの水分のおかげで作物の生長は早まる。特に豆類は急いで実を付けようとするのか急に大きくなり始める。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-20 16:16 | Comments(0)

自家採種

自家採種の出来るたねが良いと家庭菜園を始めたときに、2年前の千葉のアースデーに出店していた「たねの森」のブースで教えてもらって何となく自家採種するイメージがあった。今年のジャガイモを見ても去年収穫した芋の子は成長が早い。さといもや落花生、お米は自然と自家用から採種しているが、お米はいろいろなお米が交雑していたので去年更新した。にんじんも去年の9月に蒔いた種取り用の10株くらいがそろそろ花を咲かせそうだ。いろいろな性格の野菜が出るので取った種は2代3代と選別してその土地に合う性格の種に育ててゆくらしい。今年の大豆は収穫の時点で種用を選んでみたのでどのような結果が出るか?
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-16 02:02 | Comments(0)

パセリ

パセリの苗をもらった。我が家ではなかなか旨く成長しないと思っていたのだが、原因は成長する前に食べてしまっていたからと先日判明した。本葉10枚くらいまで成長してから取るらしいのだが、我が家ではその前に少し食べたりしていたらしい。日当たりの良い場所で、今年はゆっくり育ってもらうつもりだ。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-16 01:48 | Comments(0)

にんじんポット

畑のにんじんは5月に入って少し成長スピードが速まってきたようで、葉っぱをひろげてがんばっている。ポット植えした種も順調に芽が出てきてほぼ95%のポットに小さな2葉が出ている。本葉3枚で移植する予定。町中の畑ではきれいにそろったにんじんの葉っぱが一面に生えている。あのきれいなビニールトンネルはどんな機械で作っているのか知らないが、我が家のにんじんは3ヶ月遅れの収穫予定。自然に作ると全てこんな感じ。
[PR]
# by dug-wara | 2008-05-16 01:46 | Comments(0)