バインダーの修理完了

餅屋は餅屋

農機具の修理はメーカーのプロに出すのが一番

同じ農機具でもメーカーが違うと修理できない。

バインダーはクボタ、修理はクボタの直営のお店で、年配の方が

懐かしそうに見ていたので安心してお願いしてきた。

麦刈りまであと数日

間に合ってよかった!



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-29 19:36 | Comments(0)

空芯菜とべにはるかとシルクスイート

雨の前に作った畝に空芯菜の苗を定植して防虫網のトンネルをかけた。

昨日苗を注文しておいた紅はるかとシルクスイートを定植

今年は海苔網の二次利用でいのしし対策

苗が次々に大きくなるのでせっせと定植。

マルチをかけた畝はできているので順番に定植する。







[PR]
# by dug-wara | 2018-05-26 21:25 | Comments(0)

かぼちゃ定植

かぼちゃの苗の本葉の3枚目が出てきたので、休みの娘に手伝ってもらって

畑に定植した。

十分な間隔をあけて一株ずつ、アーチを立てて防虫用に寒冷紗をかけてをかけて

網を畑の土で固定してあっという間に20株の定植完了。

帰りにたまねぎの収穫をして帰宅。

たまねぎの葉が枯れ始めたのでそろそろ全量収穫して、次の作物の準備



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-21 00:21 | Comments(0)

苗作り

ビニールハウスでのなえつくりがピークになってきた。

順番に定植しないとハウスの中に収容しきれなくなりそうだ。

モロッコインゲン、トマト、かぼちゃはそろそろ定植時期で、

きゅうり、なす、キャベツと鉢から葉が重なるほど大きくなるのに合わせて、

間隔をあけて重ならないようにする。

初めてのハウス育苗体験はほぼ順調、定植する畝つくりを苗の成長に合わせて

準備している。



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-19 08:10 | Comments(0)

バインダーの修理

昨年の稲刈りの後にバインダーを掃除して、オイルスプレーで

メンテナンスをしていた時に、動作不良が発生した。

稲刈りモードでクラッチが入らない故障で、以前も同様の故障で修理した経緯が

あったので、修理をお願いすることにした。

稲を刈り取って麻紐で出束ねてくれる日本人しか考えない紐で結ぶ作業を

機械でやってくれるので畑の作業を効率化してくれるすばらしい機械なのだ。

予備をかねて2台保有しているがそろそろ2代目もメンテナンスする時期だ。

バインダーは精密機械のレベルでいまだに動作は理解できていない。

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-18 19:43 | Comments(0)

たまねぎの収穫、落花生の播種

今年は種から育てて移植した苗が大きく育って

葉が倒れ始めたのから順番に収穫している。

大きさはいろいろだけどたまねぎのオーブン焼きは絶品

ネットに入れてつるして保存

落花生を今年は千葉半立てに品種を戻して180粒ほどを播種

捕植用に16株ほどハウスで苗作り

今年は千葉県の推奨する播種日に植えてみた。

さてどうなることか????

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-18 19:21 | Comments(0)

ソラマメの予冷

ソラマメを食べきらない分を予冷してみた。

十分冷やしてから、5日目にゆでて食べてみたら

まだ、甘いおいしい時期の味がした。

まだ残っている分を予冷してみて、ゆっくり食べてみることにする。

新しい発見だ。

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-16 19:27 | Comments(0)

さやえんどうとソラマメ

さやえんどうはそろそろ終了

徐々に片付けてきゅうりにバトンタッチ

ソラマメが次に控えている。今日はざるいっぱい分収穫して

たらふく食べた。

去年からの冬野菜のマルチをはがして、苗の移植の新しいマルチを準備する。

今年はちょっと幅が広いマルチでいろいろ試してみる。

幅が広いことを生かした移植方法を調べている。



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-13 22:39 | Comments(0)

今日は雨

昨日の補植と田植えの後の雨はありがたい。

畑の作業が少し遅れるがまだ苗はやっと本葉一枚なのでまだまだ

それでも葉っぱが触れ合う狭さになってきたので

鉢の間隔を広くして葉っぱが触れ合わないようにしている。

やっと、ゴーヤも芽が出始めた。まだ静かな種もあるが季節が変わって

直播きの種の畑もそろそろ準備しなきゃとか気持ちは苗と種にシンクしている。

すぐに準備するのはモロッコインゲンの棚作りか・・・



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-13 22:09 | Comments(0)

種の播種

鉢上げをしてだいぶスペースのバランスが見えてきたので、

追加でとうもろこしと古い種の発芽試験を播種した。

とうもろこしは虫除けをどうするか決めてないが大きな防虫網をパイプハウスの部材にかけて覆うような

ことを考えている。

畑にはユンボがないのでトラクターで穴あけかな。播種前にパイプだけは立てておかないとかな


[PR]
# by dug-wara | 2018-05-09 15:01 | Comments(0)

サンマルツァーノ

加工用のトマトを栽培してみようかと、種まき

加工用のトマトは地這いで栽培するそうで手間がかからない。

収穫後は煮たりして火を入れるとおいしくなるトマト

去年2株ほど普通に竿たて栽培で収穫して、おいしかったので

今年は種から育ててみようと種を取り寄せた。

いろいろ調べてみると生食用でも地這い栽培が可能らしいので

手抜き栽培対決で比較してみようと思う。

竿たて一本仕立て栽培からの進化はあるのか?

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-08 16:00 | Comments(0)

雨の合間の鉢上げ作業

雨が続くので田んぼは水位の確認だけで、ハウス作業

キャベツやナス、モロヘイヤなどを鉢上げ

宅急便で届いた種を播種する。

ホームセンターに播種グッズを探しに出かける。



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-08 11:42 | Comments(0)

雨でもハウスの中で鉢上げ作業

ハウスを作った目的

ハウスの中の作業は天候にかかわらず作業ができること、雨の日の有効活用ができる。

自家採取した種を安全に天日干しで乾燥できる。鳥や小動物を防げる。

小麦やお米を収穫したときも、天候にかかわらず乾燥できる。

夏野菜のトマトの水分を極端に減らして栽培することができる。

苗栽培の天敵の虫たちから守ることが可能。

去年は地面にアーチでトンネルを作って防虫網で栽培したが、

バッタとかは平気で進入する。モンシロチョウもアーチの中で孵化していた。

ハウスだと昆虫たちは寒暖差で生存しにくい。

パイナップルも作ってみたい、しかしビニールに穴が開きそうなのでむりかなぁ

何より腰をまげて作業しないで作業台の高さで仕事ができるのがよい!

寒冷紗が不足しそうなので、苗を何回かに分けて作って定植することになりそう。



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-07 17:14 | Comments(0)

田植え2018

4月にパイプハウスの組み立てから始まって、

苗箱作りと育苗、田んぼの代掻きと作業をして、

5月5日子供の日に3反ほどの田植えを子供と二人で一気に仕上げた。

注連縄の苗が残っているのは、間隔をあけて手植えで植えてみるつもり。

とりあえず田んぼ作業は水位のチェックをしながら、苗が元気に育ち始めるまで

田んぼ作業は休憩モード・・・

パイプハウスの中では播種した種が徐々に発芽中

広くなったハウスの中に大量のポットを用意して順番に鉢上げ

播種したいものの種も増やしつつ、畑の畝つくりも始まる。

畝をどれだけ作るか?



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-05 17:33 | Comments(0)

焼きたけのこ

明日のBBQ用にたけのこ堀りに出かける。

昨日から雨が降ったので少しは出ているはずと

竹林の入り口から発見、何本か収穫して明日のBBQで焼きたけのこ

焼きたけのこは湯でたり水にさらすこともなくエグミはなくなるけど

たけのこのうまみは凝縮する食べ方だと思う。

BBQの炭に直接入れてこんがり焼けたら包丁で焦げてない部分を

切り取ってたてに切り分ける。

ちょっとのしょうゆをつけて味わう。

\\\\

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-03 21:38 | Comments(0)

パプリカ 発芽

パプリカがなかなか発芽しないと思って調べてみたら、光がない環境でないと発芽しない

とのことで、種まきした植えにさらに土を被せると一気に発芽してきた。

先日播種した中では、

モロヘイヤはすべて発芽

きゅうりとキャベツが少し発芽

ほかはまだ反応なし・・・・・

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-03 21:27 | Comments(0)

虹、そして明日はパーティー

ひさしびりに大きな虹が出た。

真っ赤な夕焼けの反対側に大きな虹がかかった。

明日はBBQで

我が家の親戚が集まる大きなパーティー

親戚と集まるのが冠婚葬祭だけでなく毎年この日に

いろんな友人お含めて不思議なパーティーなのだ。



[PR]
# by dug-wara | 2018-05-03 21:23 | Comments(0)

満月

今日は満月らしい

幻想的なだいだい色のきれいな満月

山の中では動物たちのうたげが始まるころ・・・

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-01 22:07 | Comments(0)

塩の値上げ

食塩が値上がりしている。我が家の使用している天日塩も同様に値上がりした。

業界新聞の情報だと35%だそうで、

我が家は大多喜に引っ越して、味噌を作ったり、栽培した野菜の塩漬け

種籾の選別の塩水つくりなど一年間に25kgほど消費している。

ストックしても固まったりするので、先日購入した1年分に追加して

もう一袋購入した。脱酸素して保存すれば品質は変化しないし、

また2年後までは予測もつかない。脱酸素して保存する。(乾燥剤も入れるかな?)

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-01 20:35 | Comments(0)

トマトの鉢上げ

発芽したトマトをポットに移植してたっぷり潅水した。

今年もトマトが最初でナス、パプリカと続く予定。

稲もだいぶ生長してやっと3枚目の葉が針のように出てきた。

苗箱は十分な根っこでマット状態なのでいつでも田植えができる。

連休中に仕上げられれば理想的、野菜苗がちょうど鉢上げの順番待ち

ハウスの中はいっぱいなので、田植え待ち!

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-01 17:46 | Comments(0)

かぼちゃの苗定植

先日譲ってもらったかぼちゃのうち2本が本葉3枚、水上げもそこそこなので

トラクターで整地して定植、たっぷり水遣りして結局心配なので寒冷紗をかけた。

かぼちゃは去年たくさん植えて定植のタイミングしだいでグンと大きくなるので

今回も期待している。

[PR]
# by dug-wara | 2018-05-01 15:46 | Comments(0)

アボガド

去年の10月にハワイの友人からもらったアボガドの種を水耕栽培していたが

まったく反応がないまま台所に放置しておいたら・・・・根っこが出てきた。

暖かい季節まで時間を待って根っこが出てくるとは・・・

3つとも根っこが出たので水耕栽培とハウス栽培と直接庭に植えてみた。

これは今からの時期にアボガドを食べて栽培するのがよいのだろう。

ということでしばらく種探しをすることにした。

冬場をどう乗り切るか?



[PR]
# by dug-wara | 2018-04-30 12:22 | Comments(0)

種まき

ハウスの稲の苗が今週には田んぼに移植するので、

その後の主役の種を種まきした。

すでになす・とまと・パプリカ(ピーマンの代役)は播種して徐々に発芽

今日はゴーヤ、モロッコインゲン、きゅうり、キャベツ、モロヘイヤ、オクラ、かぼちゃ2種、エンツァイ

などの夏野菜を中心に播種した。

ハウスがあると苗つくりも畑と別に管理して、定植まで考えながら畑の作業もできる。



[PR]
# by dug-wara | 2018-04-30 11:18 | Comments(0)

プール育苗のシート補修

プール育苗で使用しているターポリン生地が漏水しているので、

苗箱を移動して生地を確認、わずかに切り傷を発見したので、

2種類のテープで裏表を補修、ネットで補修用のテープを注文する。

応急処置で苗箱をもどしてとりあえず無事に作業終了。

苗箱の位置も変えて成長がそろうかもと期待してみた。

苗もこれから一気に大きくなると、水の吸い上げ量も多くなるので

その前に補修できて一安心。

さてこれから田んぼで植え代掻き

田んぼの漏水も落ち着いた。

田植え機の始動も完了

もうすぐ田植えが始まる。



[PR]
# by dug-wara | 2018-04-29 09:24 | Comments(0)

かぼちゃの苗

飛騨高山に来歴不詳で伝わる伝統カボチャ。

ヘチマのような長い形と灰緑色に薄い縦縞のある変わった外観が特徴。

スクナカボチャの苗を譲ってもらった。

以前から栽培したいと思っていた品種のたねはなかなか手に入らないでいて

いきなり苗で手に入った。

寒いところで栽培される品種なので、ハウスの暑い環境では葉がしおれているが

夕方涼しくなるころには元気になる。あすにはハウスから路地に出して育ててみる。

かぼちゃもこの時期から定植すればネットをかけなくてもウリバエの被害を避けられると

温室促成の利点を発見。

[PR]
# by dug-wara | 2018-04-28 20:26 | Comments(0)

たけのこ

今年は早い出足で不作もあって高値のたけのこだったらしいが、

先日の暴風雨のおかげでたけのこもいのししが食べつくした跡の穴の近くに

新しい芽を出しているのを発見。二日続けて久しぶりのたけのこ掘り

やはり雨の後に新しいたけのこが出ていた。

まだいのししも出没しているようだが、人様の分も残っているので

竹林の入り口付近のを収穫した。

季節のたけのこは旬の味、真空パックで保存してしばらく楽しむ。

[PR]
# by dug-wara | 2018-04-27 18:57 | Comments(0)

ロータリーの爪交換完了!!

トラクターのロータリーの爪を新品と交換

今回はこだわりのメーカー純正、作業もお願いして交換手順と道具を

使っての作業を見学した。

六角レンチとボックスレンチとトンカチと道具は特殊なものもなく

オイルスプレーが業務用で浸潤力が強いような気がする。

定期的な交換をすれば自分でもできるが、そのコツと抜けにくい

両サイドの偏芯した爪の部分が負担がかかるのかなかなか抜けないとか

ねじも砂が入り込んでるのか、なかなか抜けないとか

油圧ロックやロータリーカバーを持ち上げて固定するピンの使い方とかを

教えてもらった。

午後から早速、代掻き2回目





[PR]
# by dug-wara | 2018-04-26 12:53 | Comments(0)

ロータリーの爪

トラクターのロータリーの爪が磨耗していて

そのままにしていると折れたり危険だという話も聞く

鋼でできた爪も土をかき回していれば砂で磨いているようなもの

実際に久しぶりに使うとさびていた爪がきれいに磨かれて

金属色に変化する。

畑と田んぼと一年を通して稼動している我が家のトラクターは磨耗が早いかもしれない。

かき混ぜる土壌によるらしいが、早いところでは1年で交換するそうだ。



[PR]
# by dug-wara | 2018-04-24 08:14 | Comments(0)

荒代

田んぼを代掻き一回目、大まかに代掻きをして田んぼに水を入れて土を

やわらかくしておくと次の代掻きまでにはとろとろの泥の状態が出来上がる。

お隣はすでに田植えの真っ最中、最新の機械でスピードも速くあっという間に

田植えが終わって、その途中でこちらに一言、ロータリーのつめがもう寿命だよと・・

交換すると作業がはかどるよと教えてくれた。

明日早速業者に連絡して交換しよう。

[PR]
# by dug-wara | 2018-04-22 21:23 | Comments(0)

さやえんどうとスナップエンドウ2018

ことしもやっと竿たてとネットを張って

さやえんどうの収穫に間に合うように準備した。

田んぼの給水をしながら、しょうがを播種して、竿たてをして、

あぜの草刈をしっかり2タンクこなして、だいぶ田畑らしくなってきた。

明日は水路つくりとさらに草刈、給水、畑の整備が遅れると雑草がはびこって作業が手間取る。



[PR]
# by dug-wara | 2018-04-19 16:37 | Comments(0)